愛知杯 2016 過去3年のデータと予想

牝馬限定のハンデ重賞です。

愛知杯は昨年休止となり、2016年から1月開催となりました。中京競馬場改修中は、小倉開催となり、2012年から再び中京開催に戻りました。過去10年のデータを取り上げたいところですが、今回はコースの特徴などが全く異なるので、改修後の2012年以降のデータに限定したいと思います。

牝馬とハンデというだけで、荒れ要素たっぷりでしょう。過去3回の傾向としては、やはり荒れています。2014年は1~2人気が1~2着だったものの3着には10人気の馬が来ています。2013年は3連単約470万馬券、2012年は約22万馬券です。

では過去3年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去3年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
愛知杯2016
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 前走
2015 休止
2014 1 13 牝4 56 ディアデラマドレ エリザベス女王杯(G1) 3着(0.2)
2 2 牝5 56 キャトルフィーユ エリザベス女王杯(G1) 5着(0.3)
3 17 牝4 54 スイートサルサ ユートピアS(1600下) 1着(0.0)
2013 1 5 牝4 50 フーラブライド 1000万下(京都芝2400m) 1着(-0.0)
2 18 牝4 51 キャトルフィーユ 修学院S(1600下) 3着(0.1)
3 16 牝6 55 コスモネモシン キャピタルS(OP) 9着(0.4)
2012 1 12 牝4 51 エーシンメンフィス 衣笠特別(1000下) 1着(-0.5)
2 8 牝3 52 サンシャイン ユートピアS(1600下) 6着(0.2)
3 15 牝4 56 オールザットジャズ エリザベス女王杯(G1) 5着(0.5)
軽ハンデ

特に荒れた2013年と2012年を見ると、1~2着は前走1000万~1600万クラスから軽ハンデで出走していた馬です。「前走条件戦&50~52kg&人気薄」が穴馬としては面白いかもしれません。

外枠

過去3年では、3着以内に「6枠から外の馬」が2頭来ています。掲示板(5着以内)で見ても、外枠の馬が多いです。ただ今年は開幕週の土曜日なので、内・先行馬の好走も目立つ可能性があります。

前走マイル戦

愛知杯は2000mなので、距離適性を重視してしまいますが、3年連続で「前走東京芝1600m」を使った馬が来ています。全て人気薄というのは、面白い傾向です。

  • 2014年3着スイートサルサ(前走ユートピアS1着、愛知杯10人気)
  • 2013年3着コスモネモシン(前走キャピタルS9着、愛知杯13人気)
  • 2012年3着サンシャイン(前走ユートピアS6着、愛知杯10人気)

3頭とも、芝2000mにすごい実績があった馬というわけではなく、1600~1800mを中心に実績があった馬でした。

前走エリザベス女王杯

前走エリザベス女王杯の好走馬は押さえたいです。過去3年で3頭いますが、ともに人気に応える結果となっています。

  • 2014年1着ディアデラマドレ(前走エリザベス女王杯3着、愛知杯1人気)
  • 2014年2着キャトルフィーユ(前走エリザベス女王杯5着、愛知杯2人気)
  • 2012年3着オールザットジャズ(前走エリザベス女王杯5着、愛知杯2人気)

馬券予想

重賞2勝、オークス3着の経験があるバウンスシャッセは、能力上位でしょうか。その他、秋華賞3着のマキシマムドパリは、ここでは上位争いの候補になりそうです。マキシマムドパリは、10戦して馬券圏外だったのはオークスだけという安定感なので、軸に考えても良いかもしれません。

ただ抜けた馬がいないことに変わりは無いので、ここは波乱期待で馬券を狙いたいです。ほぼ全頭に3着以内の可能性があると思います。

16シュンドルボン

前走エリザベス女王杯2015好走馬、外枠と、データ的にはバッチリですが、オープンクラスでの実績が薄いのが気になります。前走が偶々走っただけといえば、そうかもしれません。凡走しても驚かないし、楽勝でも驚かないという馬です。

5クインズミラーグロ

データ外の馬ですが、愛知杯は4歳馬の好走が目立ちます。人気もしていないので、面白そうですね。

7アースライズ

4歳馬ですし押さえておきたい馬です。前走準オープン勝ち、秋華賞2015 5着と、このクラスで勝ち負けしても不思議ではない実績です。

15リーサルウェポン、3ヴィルジニア

「前走条件戦&軽ハンデ」「前走マイル戦」と、穴候補の条件が揃ってます。リーサルウェポンの前々走は衣笠特別2015ですが、勝ち馬はマキシマムドパリでした。マキシマムドパリから僅か0.2秒差の4着なので能力自体は高そうです。

  • リーサルウェポンが衣笠特別(55kg)→愛知杯(50kg)
  • マキシマムドパリが衣笠特別(53kg)→愛知杯(53kg)

ハンデも魅力的ですし、人気次第では押さえても面白そうです。

大穴候補ですが、ヴィルジニアも面白そうです。500万&1000万と中京で勝ってきた馬なので、コース相性はいいでしょう。

2ハピネスダンサー

データ外ですが、開幕週の内枠逃げ先行は狙い目でしょうか。準オープン勝ちの勢いもありますし、中穴に小牧ジョッキーというのも、ありえそうなパターンです。

買い方

◎5クインズミラーグロ

○16シュンドルボン

▲7アースライズ

△15リーサルウェポン

3連複4頭ボックスを考えています。当日、外枠が全く来ない馬場状態であれば、△15リーサルウェポンから△3ヴィルジニア、○16シュンドルボンから○2ハピネスダンサーに変えようと思います。

結果

当然のように今年も荒れました。馬券的には全く良いところが無かったです。

愛知杯2016
着順 馬番 馬名 前走
1 4 バウンスシャッセ マーメイドS(G3) 15着(1.2)
2 15 リーサルウェポン 1000万下(阪神芝1600m) 1着(-0.2)
3 7 アースライズ カウントダウンS(1600下) 1着(-0.2)

「重賞2勝、オークス3着の経験があるバウンスシャッセは、能力上位でしょうか。」こんなことを自分で言っておきながら、ハンデを意識しすぎて馬券的には完全にスルーしてしまいました。これは力通りの結果というべきでしょうか。

4着にはマキシマムドパリが来ているので、ハンデ関係なく、力のある馬は上位に来れたのかもしれません。

2着リーサルウェポンは、△評価の馬でした。データ通りの好走になりました。3着アースライズは、▲評価の馬でした。やはり4歳馬が強いレースとなりました。

1~3着馬の次走情報