フェアリーステークス 2016 過去7年のデータと予想

3歳牝馬限定の重賞です。

過去7年を振り返ると、2011年を除いて、毎年10人気超の馬が3着以内に来ています。穴党には堪らないレースですが、人気どころを中心に買う人は、スルーしていいレースかもしれません。

  • 2009年3着(10番人気)
  • 2010年1着(11番人気)
  • 2012年2着(14番人気)
  • 2013年1着(10番人気)
  • 2014年2着(10番人気)
  • 2015年1着(11番人気)

では、過去7年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去7年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
フェアリーステークス2016
年度 着順 馬番 馬名 前走
2015 1 4 ノットフォーマル 赤松賞(500下) 8着(0.7)
2 15 ローデッド 未勝利(中京芝2000m) 1着(-0.1)
3 1 テンダリーヴォイス 赤松賞(500下) 2着(0.0)
2014 1 7 オメガハートロック 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.1)
2 15 ニシノアカツキ ベゴニア賞(500下) 11着(0.8)
3 3 リラヴァティ 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-0.1)
2013 1 8 クラウンロゼ 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.2)
2 11 ウキヨノカゼ 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.4)
3 14 サンブルエミューズ 阪神JF(G1) 8着(0.8)
2012 1 8 トーセンベニザクラ 阪神JF(G1) 10着(0.7)
2 5 マイネエポナ 未勝利(小倉芝1800m) 1着(-0.3)
3 4 ダイワミストレス 黒松賞(500下) 2着(0.0)
2011 1 4 ダンスファンタジア 阪神JF(G1) 9着(0.8)
2 13 スピードリッパー サフラン賞(500下) 3着(0.2)
3 1 アドマイヤセプター エリカ賞(500下) 7着(0.7)
2010 1 9 コスモネモシン 未勝利(中山芝1800m) 1着(-0.2)
2 13 アプリコットフィズ 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.7)
3 16 テイラーバートン 500万下(阪神芝1600m) 1着(-0.1)
2009 1 1 ジェルミナル 阪神JF(G1) 6着(1.1)
2 3 アイアムネオ 新馬(中山芝1600m) 1着(-0.5)
3 4 グッデーコパ ホープフルS(OP) 11着(2.2)
前走阪神ジュベナイルフィリーズの馬

阪神JFで中位に負けた馬がここで馬券になるケースが多いです。前走阪神JFの馬がいれば、候補として検討していいかもしれません。

  • 2009年1着ジェルミナル(阪神JF 6着)
  • 2011年1着ダンスファンタジア(阪神JF 9着)
  • 2012年1着トーセンベニザクラ(阪神JF 10着)
  • 2013年3着サンブルエミューズ(阪神JF 8着)
前走新馬戦の馬(東京芝1600m)

前走新馬戦のだった馬が過去7年で5頭いますが、そのうち4頭は東京芝1600mでした。

前走未勝利戦の馬

穴候補です。前走未勝利戦の馬は以下4頭いますが、4頭中3頭が人気薄です。3頭の特徴は、距離短縮です。前走芝1800m以上の未勝利戦勝ちの馬は、穴馬として面白いかもしれません。

  • 2010年1着コスモネモシン(11人気、前走中山芝1800m)
  • 2012年2着マイネエポナ(14人気、前走小倉芝1800m)
  • 2014年3着リラヴァティ(4人気、前走阪神芝1600m)
  • 2015年2着ローデッド(8人気、前走中京芝2000m)
前走芝1400m~2000mの馬

過去7年3着以内の21頭中20頭が前走芝1400m~2000mです。例外は以下1頭です。

  • 2012年3着ダイワミレトス(黒松賞、中山芝1200m)

その他、前走500万クラスで勝った馬だけでなく、500万クラスで大敗した馬も3着以内に来ているので、候補を全く絞り切れません。

  • 2014年2着ニシノアカツキ(10番人気、前走ベゴニア賞 11着)
  • 2015年1着ノットフォーマル(11番人気、前走赤松賞 8着)

馬券予想

「2015年のノットフォーマルも、2014年のニシノアカツキも買えない」そういうレースです。今年も恐らくそういう馬が絡むのかも・・・と思うと、宝くじのようなレースに思えてきます。

前走阪神ジュベナイルフィリーズ2015

13クードラパン

中山マイルを1勝しているのは良いと思います。ただ外枠ですし、2013年のサンブルエミューズのような印象です。過去の前走阪神JFの馬と比べると、ワンランク格下の馬にも思えるので、2~3着候補の1頭として考えたいです。

前走未勝利戦の馬(前走芝1800m以上、人気薄)

15ルミナスティアラ

現オッズで11人気です。当日も穴人気していないようであれば、2~3着候補に加えたいです。

買い方

◎4ダイワドレッサー

○3コパノマリーン

▲13クードラパン

△15ルミナスティアラ

ダイワドレッサーとコパノマリーンは、過去データを無視して適当に選びました。

3コパノマリーン

ヴィクトワールピサ産ですし、中山芝は合いそうな印象です。新馬戦は中山芝1600mが舞台で、外枠の8枠15番から完勝しています。人気を背負って勝ち切ったのは良いと思います。ちなみに父サンデー系に母父シングスピールは、2014年3着のリラヴァティと同じ配合です。

4ダイワドレッサー

前走は、牡馬相手の2000mで0.5秒差だったので、そこまで気にするような負け方とは思いません。距離短縮がプラスに働きそうなのは好材料です。

中山でネオユニヴァース産というのも良さそうですし、ミスプロの血が入った馬は、毎年のように馬券に絡んでいます。三浦ジョッキーも2013年のフェアリーステークスを10番人気の馬で制しているので、人馬ともに穴っぽい感じが楽しみです。

候補は、二桁人気が2頭、中穴1頭になりました。馬券的には、3連複4頭ボックスのみ検討します。流石に結構付きそうです。

結果

録画VTRを見ました。当然の如く、馬券は外れましたが・・・、わりと良い線だったかもしれません。シンザン記念2016と並び当たる気がしないレースでしたが、結果的にはニヤピン予想でした。予想の自信と結果は、全く当てにならないですね…。

フェアリーステークス2016
着順 馬番 馬名 前走
1 6 ビービーバーレル 赤松賞(500下) 3着(0.3)
2 4 ダイワドレッサー 葉牡丹賞(500下) 9着(0.5)
3 5 ダイワダッチェス 未勝利(東京芝1400m) 1着(-0.2)

1着馬はダイワドレッサーで、予想では本命だったものの、自信はありませんでした。「内枠、三浦ジョッキー、ミスプロの血、距離短縮」と、買い要素はありましたが、10番人気の好走劇に驚いています。一方、2~3着に人気していたビービーバーレルとダイワダッチェスが来ました。馬券的には頓珍漢な結果になりました。

4着には▲クードラパン、5着○コパノマリーンと印を付けた2頭が掲示板に入ったので、予想としてはまずまずでしょうか。コパノマリーンの斜行で、後続の馬は終わってしまいましたね。斜行が無ければ△ルミナスティアラが3着以内に来れたかといえば、難しいところですが…。

1~3着馬の次走情報