東海ステークス2018 過去5年のデータと予想

日程 2018年1月21日(日曜日)
開催 中京競馬場 11R
距離 ダート1800m
格付け GⅡ
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

東海ステークス2018

ダート重賞「東海ステークス2018」です。G1フェブラリーステークスの前哨戦として、1月開催に変更となり、距離も1800m戦へと短縮されました。過去5年の優勝馬では、グレープブランデー(2013年)とコパノリッキー(2015年)がフェブラリーステークス優勝、アスカノロマン(2016年)がフェブラリーステークス3着に好走しています。本番に直結する傾向があり、フェブラリーステークス2018を占う上でも、重要な一線になりそうです。

コース形態

中京競馬場のダート1800mコース

過去5年の東海ステークスの配当を見ると、大きな波乱の無い年が続いていたものの、昨年は2~3着に下位人気馬が好走し、3連単46万馬券の波乱決着となっています。傾向が読めないだけに、再び波乱決着となるのかどうか注目ですね。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 12,560円 88,830円 465,440円
2016 1,290円 1,120円 8,200円
2015 6,110円 7,690円 50,080円
2014 680円 5,670円 15,380円
2013 6,030円 4,430円 33,790円

では過去5年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去5年の1~3着馬の前走データ

東海ステークス2018
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 8 牡4 55 グレンツェント 1 師走ステークス(OP) 1着(-0.1) 1
2 4 牡5 56 モルトベーネ 12 みやこステークス(G3) 6着(0.9) 11
3 14 牡6 56 メイショウウタゲ 10 師走ステークス(OP) 4着(0.5) 11
2016 1 6 牡5 57 アスカノロマン 4 ベテルギウスステークス(OP) 2着(0.3) 3
2 10 牡5 56 モンドクラッセ 2 みやこステークス(G3) 7着(0.8) 2
3 5 牡5 56 ロワジャルダン 1 チャンピオンズカップ(G1) 4着(0.3) 8
2015 1 6 牡5 58 コパノリッキー 1 東京大賞典(G1) 2着(0.8) 2
2 13 牡8 56 グランドシチー 9 師走ステークス(OP) 4着(0.9) 4
3 4 牡5 56 インカンテーション 3 チャンピオンズカップ(G1) 10着(0.8) 4
2014 1 14 牡7 57 ニホンピロアワーズ 1 東京大賞典(G1) 3着(0.8) 3
2 12 牡7 56 グランドシチー 3 ジャパンカップダート(G1) 6着(0.8) 15
3 3 牡5 56 マイネルバイカ 8 初夢ステークス(1600万) 1着(-0.4) 1
2013 1 15 牡5 57 グレープブランデー 4 ジャパンカップダート(G1) 5着(1.1) 11
2 9 牡7 56 ナムラタイタン 8 東京大賞典(G1) 4着(1.6) 7
3 6 牡4 55 ホッコータルマエ 1 フェアウェルステークス(OP) 2着(0.4) 1
前走東京大賞典、チャンピオンズカップ(ジャパンカップダート)

過去5年の東海ステークス3着以内15頭中7頭を占めます。前走G1で好走していた馬がそのまま好走するケースが多いです。

1番人気

過去5年の東海ステークス3着以内では、好走例が多く、複勝率100%(3-0-2-0)を誇ります。

前走二桁着順

過去5年の東海ステークス3着以内15頭中1頭のみです。大敗からの巻き返しは少ない傾向にありそうです。

予想

東海ステークス2018は、テイエムジンソクが勝ち負けの候補になるでしょうか。ただ2~3着争いは、かなりの混戦模様。何が来ても不思議ではないですね…。大波乱が無いとすれば、馬券は、テイエムジンソクから紐を拾えるかどうかがポイントになりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。紐候補が多すぎて、これは難しいですね…。

◎⑧テイエムジンソク

前走チャンピオンズカップ2017 2着。このメンバーが相手なら勝ち負けを期待したいです。深く考えず、ここは本命で。

○⑨ディアデルレイ

前走師走ステークス2017は、強い逃げ切り勝ち。直線で後続をさらに突き放しての楽勝でした。ピオネロやサンライズソア、サンライズノヴァなどの実績馬を抑えての優勝で、この勢いは十分に期待できそうです。ただ今回は、同じく前に行くテイエムジンソクがかなり強そうなので、前でやり合うかたちになってしまうと、ディアデルレイにとっては厳しい展開になりそうですね…。

△⑮クインズサターン

後ろから行くタイプの馬で、展開に左右されそうです。前走師走ステークス2017は、後方から外々をぶんまわしての上がり最速の4着。それでも2~3着とは差のない決着で、2着はあったかも…という印象でした。過去5年連続外枠(7~8枠)の馬が馬券圏内に好走しており、データ傾向からは、押さえておきたいですね。

△⑬サングラス

前走ベテルギウスステークス2017は、好位で脚を溜める競馬で5着。2~5着に大きな力差があったようには見えないので、このクラスでも紐争いなら…という感じはします。

馬連◎-○ 3連複◎-○-△△合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、5着、9着、10着でした。本命◎テイエムジンソクは、1着でした。

東海ステークス2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 8 牡6 56 テイエムジンソク 1 チャンピオンズカップ(G1) 2着(0.0) 1
2 6 牡5 56 コスモカナディアン 13 師走ステークス(OP) 12着(2.1) 4
3 3 牡6 56 モルトベーネ 6 チャンピオンズカップ(G1) 13着(0.8) 13

晩に録画を見ました。紐荒れカスリもせずでした。(´・ω・`;)

優勝したテイエムジンソクは、強かったです。勝つべくして勝ったという勝ちっぷりで、2着コスモカナディアンとは3/4馬身差ながら、それ以上の力差を感じるものでした。

2着コスモカナディアン。6走前の仁川ステークス2017でのグレイトパールとの叩き合いが見応えたっぷりだったので、マーチステークス2017では本命にしていた馬です。今回は、ムラのある成績と前走の大敗から流石に手が出せず…。枠と展開的な恩恵があったにせよ、テイエムジンソクに喰らいついていったのは、見事でした。