ダイヤモンドステークス2018-過去10年のデータと予想

日程 2018年2月17日(土曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝3400m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 14頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

ダイヤモンドステークス2018

長距離重賞「ダイヤモンドステークス2018」です。春の大一番(天皇賞春2018)に向けた一戦。しかし過去10年では、ダイヤモンドステークスをステップに天皇賞春で好走したのは、フェイムゲーム(2015年)のみとなっており、出世レースという感じではありません。

コース形態

東京競馬場の芝3400mコース

過去10年のダイヤモンドステークスの配当を見ると、以前は波乱傾向のハンデ重賞という印象でしたが、近年は硬めの決着が続いており、大きな波乱がありません。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 2,040円 1,870円 9,850円
2016 3,300円 11,180円 58,400円
2015 960円 6,780円 26,090円
2014 1,520円 2,270円 11,770円
2013 1,940円 6,630円 32,050円
2012 52,520円 72,800円 947,270円
2011 2,080円 7,770円 41,740円
2010 2,060円 39,540円 151,370円
2009 14,890円 48,790円 307,420円
2008 1,160円 43,840円 174,080円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

ダイヤモンドステークス2018
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 12 牡6 58 アルバート 1 有馬記念(G1) 7着(0.7) 10
2 4 セ8 51 ラブラドライト 6 万葉ステークス(OP) 2着(0.1) 7
3 8 牡4 54 カフジプリンス 2 日経新春杯(G2) 5着(0.5) 3
2016稍重 1 10 牡5 54 トゥインクル 4 万葉ステークス(G2) 5着(0.4) 1
2 16 牡6 58.5 フェイムゲーム 2 Melbourne Cup(G1) 13着
3 3 セ8 56 ファタモルガーナ 8 ステイヤーズステークス(G2) 7着(1.2) 3
2015 1 16 牡5 58 フェイムゲーム 1 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 12着(0.8) 3
2 15 セ7 56 ファタモルガーナ 2 ステイヤーズステークス(G2) 2着(0.1) 4
3 7 牡6 51 カムフィー 8 早春ステークス(1600万) 4着(0.9) 7
2014 1 1 牡4 55 フェイムゲーム 1 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 3着(0.1) 6
2 4 牡8 56 セイクリッドバレー 5 白富士ステークス(OP) 4着(0.4) 10
3 10 牡7 55 タニノエポレット 3 万葉ステークス(OP) 1着(-0.6) 1
2013 1 15 牡5 56 アドマイヤラクティ 1 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 3着(0.5) 2
2 6 牡9 58.5 ジャガーメイル 4 香港ヴァーズ(G1) 2着
3 16 牡4 54 メイショウカドマツ 6 松籟ステークス(1600万) 1着(-0.1) 1
2012 1 5 牡6 55 ケイアイドウソジン 15 師走ステークス(OP) 14着(1.3) 16
2 16 牡4 55 ギュスターヴクライ 1 早春ステークス(1600万) 1着(-0.1) 1
3 7 牡4 55 スマートロビン 2 日経新春杯(G2) 5着(0.6) 2
2011 1 4 牡4 53 コスモメドウ 2 万葉ステークス(OP) 1着(-0.3) 5
2 7 牡4 56 コスモヘレノス 4 日経新春杯(G2) 12着(2.5) 6
3 14 牡5 54 キタサンアミーゴ 6 松籟ステークス(1600万) 1着(-0.0) 7
2010 1 13 牡4 57 フォゲッタブル 1 有馬記念(G1) 4着(0.8) 4
2 1 牡4 52 ベルウッドローツェ 6 グッドラックハンデキャップ(1000万) 1着(-0.2) 4
3 2 牡6 50 ドリームフライト 10 日経新春杯(G2) 9着(1.9) 9
2009 1 9 牡4 53 モンテクリスエス 2 迎春ステークス(1600万) 2着(0.0) 1
2 14 牡7 53 ブレーヴハート 12 万葉ステークス(OP) 4着(0.1) 6
3 11 牡4 52 スノークラッシャー 7 初咲賞(1000万) 1着(-0.2) 1
2008 1 8 牡7 57.5 アドマイヤモナーク 1 日経新春杯(G2) 1着(-0.2) 3
2 1 牡6 55 コンラッド 2 迎春ステークス(1600万) 1着(-0.1) 3
3 13 牡6 50 レーザーズエッジ 12 許波多特別(1000万) 4着(0.7) 10

過去10年のダイヤモンドステークス3着以内では、外枠(7~8枠)の好走例が多く、馬券圏内に来なかった年がありません。一方、内枠(1~4枠)も好走が多い傾向にあります。

前走1000~1600万クラス

過去10年のダイヤモンドステークス3着以内30頭中9頭を占めます。近年は減少傾向にあるものの、前走1000~1600万クラスに出走していた軽ハンデ馬の好走が目立っています。

前走日経新春杯、前走アメリカジョッキークラブカップ、前走万葉ステークス

3レースを合わせると、過去10年のダイヤモンドステークス3着以内30頭中13頭を占めます。一方、前走ステイヤーズステークス組は、過去10年ではファタモルガーナ(2015年2着&2016年2着)のみとなっています。同じ長距離重賞ながら、ダイヤモンドステークスとステイヤーズステークスは、結果が直結しない傾向にあります。

予想

ダイヤモンドステークス2018は、全体的に層が薄い印象ですね。近年の長距離重賞全般に言えることですが…。昨年の優勝馬アルバートの出走も無く、軸候補すら悩む一戦になりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。対抗以下は、前走日経新春杯、アメリカジョッキークラブカップ、万葉ステークス組を中心に。しかし、これは当たる気がしないですね…。(´・ω・`;)

◎⑭フェイムゲーム

8枠なら買わざるを得ないですね。ダイアモンドステークス2連覇(2014年&2015年)、2016年2着という実力馬。前走ステイヤーズステークス組が劣勢傾向にあるものの、フェイムゲーム自体がダイヤモンドステークスで強い結果を残してきているので、あまり気にしないでも良いかもしれません。深く考えず本命で。

○⑧レジェンドセラー

2走前のオリオンステークス2017を見ると、どこかズブさを感じる脚でした。距離延長がハマるようなら面白いかもしれません。あとは当日、馬体が絞れていれば…。

▲①リッジマン

短距離血統のスウェプトオーヴァーボード産ながら、距離を伸ばして成績が安定してきました。前走万葉ステークス2018は、かなり層が薄いメンバーでしたが、優勝馬と差のない2着に好走。今回、引き続き52kgで出走できるのは、プラスに働きそうですね。人気で買えるようなタイプではないだけに、穴馬扱いになるようであれば、紐で押さえたいと思っています。

△⑥ソールインパクト

前走日経新春杯2018は、最後の直線に入ったところで前にいた4頭が1~4着独占、5~6番手にいた馬が5~6着という前残りでした。確かに11着は、負けすぎという感じはしますが、後ろにいた馬には厳しい流れだったことに違いは無さそうです。血統面では、ディープインパクト産駒だけに、今回の距離延長がプラスという感じはしません。とはいえ、2走前アルゼンチン共和国杯2017では、今回のメンバーと比べると、かなり強いメンバーを相手に2着に好走しています。2走前のパフォーマンスを見せることが出来れば、好走があっても…。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、10着でした。本命◎フェイムゲームは、1着でした。

ダイヤモンドステークス2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 14 セ8 58.5 フェイムゲーム 1 ステイヤーズステークス(G2) 2着(0.4) 2
2 1 牡5 52 リッジマン 5 万葉ステークス(OP) 2着(0.1) 3
3 6 牡6 54 ソールインパクト 6 日経新春杯(G2) 11着(1.9) 5

晩に録画を見ました。

こちらもまさかの的中でした。(´・ω・`;) 思っていたよりも良い払い戻し。少点数買いの醍醐味ですね。土曜2レースとも的中ということは、日曜は流石にダメかも…という気がします。当たるといいですが…。

特に振り返る点は無いんですが…、フェイムゲームは強かったですね。58.5kg背負って、勝つべくして勝ったようなレースでした。2着リッジマンは、直線まで内でじっとロス無く脚を溜める競馬。蛯名騎手の好騎乗でした。ソールインパクトは、早めに出して勝ちに行った分、フェイムゲームとリッジマンに交わされてしまったように感じました。

レジェンドセラーやホウオウドリームは、穴人気していましたが、ここでは格下という内容でした。距離も合わなかったのかもしれないですね。

深く考えない競馬