フェブラリーステークス2018-過去10年のデータと予想

日程 2018年2月17日(日曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 ダート1600m
格付け GⅠ
条件 サラ系4歳以上
斤量 定量
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

フェブラリーステークス2018

今年最初のG1「フェブラリーステークス2018」です。例年、国内ダート戦線のトップホースが集います。今年も多数のG1馬が出走予定しており、ハイレベルなレースになりそうです。

コース形態

東京競馬場のダート1600mコース

過去10年のフェブラリーステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは2012年~2014の3回。この3回を除くと、比較的硬い決着が続いています。とはいえ、毎年のように穴馬が好走しているので、この穴馬を拾えるかが馬券のポイントになりそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 1,470円 2,140円 9,240円
2016 680円 3,820円 16,010円
2015 1,570円 3,060円 12,370円
2014 84,380円 55,360円 949,120円
2013 10,330円 16,150円 111,130円
2012 10,510円 15,530円 141,910円
2011 1,100円 3,200円 12,240円
2010 890円 1,160円 4,190円
2009 4,710円 5,730円 57,720円
2008 2,820円 3,820円 17,550円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

フェブラリーステークス2018
年度 着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 3 牡4 ゴールドドリーム 2 チャンピオンズカップ(G1) 12着(1.3) 2
2 9 牡7 ベストウォーリア 5 根岸ステークス(G3) 2着(0.2) 3
3 10 牡5 カフジテイク 1 根岸ステークス(G3) 1着(-0.2) 1
2016 1 14 牡4 モーニン 2 根岸ステークス(G3) 1着(-0.1) 1
2 7 牡4 ノンコノユメ 1 チャンピオンズカップ(G1) 2着(0.2) 3
3 4 牡5 アスカノロマン 7 東海ステークス(G2) 1着(-0.3) 4
2015 1 4 牡5 コパノリッキー 1 東海ステークス(G2) 1着(-0.7) 1
2 14 牡5 インカンテーション 5 東海ステークス(G2) 3着(0.7) 3
3 10 牡5 ベストウォーリア 3 チャンピオンズカップ(G1) 11着(1.0) 9
2014 1 13 牡4 コパノリッキー 16 フェアウェルステークス(OP) 9着(1.4) 3
2 15 牡5 ホッコータルマエ 2 川崎記念(G1) 1着(-0.1) 1
3 11 牡6 ベルシャザール 1 ジャパンカップダート(G1) 1着(-0.0) 3
2013 1 2 牡5 グレープブランデー 3 東海ステークス(G2) 1着(-0.5) 4
2 6 牡8 エスポワールシチー 9 東京大賞典(G1) 5着(1.7) 4
3 10 牡7 ワンダーアキュート 7 川崎記念(G1) 2着(0.1) 1
2012 1 16 牡6 テスタマッタ 7 根岸ステークス(G3) 3着(0.2) 5
2 3 牡6 シルクフォーチュン 4 根岸ステークス(G3) 1着(0.2) 4
3 10 牡6 ワンダーアキュート 2 東京大賞典(G1) 2着(0.0) 3
2011 1 12 牡5 トランセンド 1 ジャパンカップダート(G1) 1着(-0.0) 1
2 13 牡7 フリオーソ 3 川崎記念(G1) 1着(-1.1) 1
3 5 牡4 バーディバーディ 4 東京大賞典(G1) 3着(1.0) 5
2010 1 4 牡5 エスポワールシチー 1 ジャパンカップダート(G1) 1着(-0.6) 1
2 3 牡4 テスタマッタ 5 川崎記念(G1) 3着(0.4) 4
3 6 牡5 サクセスブロッケン 2 東京大賞典(G1) 1着(-0.0) 2
2009稍重 1 15 牡4 サクセスブロッケン 6 川崎記念(G1) 3着(0.7) 2
2 14 牡4 カジノドライヴ 3 アレキサンドライトステークス(1600万) 1着(-0.6) 1
3 2 牡7 カネヒキリ 1 川崎記念(G1) 1着(-0.1) 1
2008 1 15 牡6 ヴァーミリアン 1 川崎記念(G1) 出走取消
2 10 牡8 ブルーコンコルド 7 東京大賞典(G1) 5着(1.8) 3
3 16 牡6 ワイルドワンダー 3 根岸ステークス(G3) 1着(-0.2) 1
関西馬

過去10年のフェブラリーステークス3着以内30頭中27頭を占めます。3着以内に来た関東馬3頭は、ともに人気を集めていました。

  • 2016年2着ノンコノユメ(1番人気、前走3番人気)
  • 2009年2着カジノドライヴ(3番人気、前走1番人気)
  • 2008年3着ワイルドワンダー(3番人気、前走1番人気)
前走川崎記念

ヴァーミリアン(2008年)も加えると、過去10年のフェブラリーステークス3着以内30頭中7頭を占めます。そのうち出走取消だったヴァーミリアンを除く6頭が川崎記念で3着以内に好走していました。

前走東京大賞典

過去10年のフェブラリーステークス3着以内30頭中5頭を占めます。5頭ともに、東京大賞典で5着以内に好走していました。ただ近年は、東京大賞典組の好走例が減少傾向にあります。

前走根岸ステークス

過去10年のフェブラリーステークス3着以内30頭中6頭を占めます。6頭ともに、根岸ステークスで3着以内に好走していました。

前走東海ステークス

東海ステークスが現行の条件となった2013年以降のフェブラリーステークスでは、計4頭が馬券圏内に来ています。4頭ともに、東海ステークスで3着以内に好走していました。

前走の人気

過去10年のフェブラリーステークス3着以内30頭中28頭前走1~5番人気でした。例外は以下2頭です。

  • 2015年3着ベストウォーリア(前走9番人気)
  • 2008年1着ヴァーミリアン(前走出走取消)

ヴァーミリアンは、出走していれば人気を集めていたと思われるので、前走のレースで穴をあけていた馬は、2015年のベストウォーリアのみと考えても良さそうです。

年齢

過去10年のフェブラリーステークスでは、7歳以上の馬が劣勢傾向にあります。3着以内では、7歳馬が4頭8歳馬が2頭となっています。

予想

フェブラリーステークス2018は、高いレベルでの大混戦ですね。その中でも注目は、チャンピオンズカップ2017連対馬(ゴールドドリーム、テイエムジンソク)になると思いますが、何が来ても不思議ではない実力馬が揃っており、馬券泣かせのレースになること間違いなしです…。

以下、簡単な考察と予想です。データ傾向で残った4頭のボックス買いにしました。

◎⑩テイエムジンソク

他の有力馬が取りこぼすとすれば、前に行く馬ということで本命に。逃げても2~3番手でも強さを見せており、ここで崩れるとすれば、コンディション的な問題になると思います。近年、東海ステークス組の相性も良いので、期待したいですね。

○⑭ゴールドドリーム

昨年のフェブラリーステークス2017優勝馬にして、最優秀ダートホース。深く考えず買い目に。

△⑯サンライズノヴァ

前走根岸ステークス2018 2着。ノンコノユメとの見応えたっぷりの叩き合いに破れ、2着になりました。ノンコノユメが58kg背負っていたことを考えると、ノンコノユメに完敗という感じがします。ただ過去のデータ傾向から選ぶと、前走6番人気だったノンコノユメではなく、前走1番人気のサンライズノヴァになるでしょうか。東京ダート1600m戦は、1400m戦よりも追い込みが決まりにくい印象にあるので、後ろ過ぎて追い込みが届かないというのは有り得そうです。

△②ケイティブレイブ

チャンピオンズカップ組の2頭を除くと、実績面を重視した上でオッズ的な魅力があるのは、ケイティブレイブになるでしょうか。2000m前後で強さを見せてるだけに、マイル戦は不安要素になりそうです。昨年のフェブラリーステークス2017は、11番人気で6着。最後は、差し追い込み馬が脚を伸ばす中、先行勢で粘った方だと思います。昨年よりは、だいぶ力をつけているはずなので、流れ次第では、昨年以上の結果があるかもしれません。

3連複◎○△△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、4着、11着、12着でした。本命◎テイエムジンソクは、12着でした。

フェブラリーステークス2018
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走 前走人気
1 12 セ6 ノンコノユメ 4 根岸ステークス(G3) 1着(-0.0) 6
2 14 牡5 ゴールドドリーム 1 チャンピオンズカップ(G1) 1着(-0.0) 8
3 6 牡8 インカンテーション 6 東京大賞典(G1) 7着(1.7) 4

カスリのもせずでした。(´・ω・`;)

ノンコノユメ強かったです。根岸ステークス2018で狙った馬でしたが、今回は「データ通りに買う」ということでスルーしました。結果、サンライズノヴァに完勝した通りの強さを見せた格好となりました。

最初の半マイル45.8秒、1000mは58.3秒というハイペース。ちょうど重馬場で行われた2016年と同じぐらいの流れだったことを考えると、この馬場にしては前が速すぎたといえそうです。このペースは予想できないですね…。前に行った馬は潰れていたので、ノンコノユメやゴールドドリームにとっては絶好の展開になったと思います。テイエムジンソクやケイティブレイブの大敗は仕方ないところでしょうか。

仮にハイペースを予想できていたとしても、インカンテーションは買えなかったので、どちらにしろ獲れないレースでした。東京ダートマイルで好実績を残しているインカンテーションは、8歳馬。前走東京大賞典組では、過去しばらく遡っても6着以下からの好走馬が無く、まさにデータ外の1頭でした。2走前の武蔵野ステークス2017は、ドスローの前残りでの優勝で、ハイペース予想であれば中々狙えない馬だったと思います。

深く考えない競馬