京都牝馬ステークス2018 過去10年のデータと予想

日程 2018年2月17日(土曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝1400m(外)
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上牝馬
斤量 別定
出走数 12頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

京都牝馬ステークス2018

牝馬限定重賞「京都牝馬ステークス2018」です。春のマイルG1(ヴィクトリアマイル2018)に向けた一戦。阪神牝馬ステークスと施行距離が入れ替わるかたちで、2016年から芝1400m(外回り)戦に変更となりました。1400m戦となってからヴィクトリアマイルでの好走馬はいませんが、昨年の優勝馬レッツゴードンキは、次走の高松宮記念2017で2着に好走しています。後の牝馬重賞戦線を占う上でも、重要なレースといえそうですね。

コース形態

京都競馬場の芝1400m外回りコース

過去10年の京都牝馬ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは2回、2015年を除くと、大きな波乱は少ない傾向にあります。ただ直近2年は、2着に中穴が好走し、馬連でも結構な高配当となりました。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 3,070円 6,510円 33,820円
2016 3,500円 6,220円 36,210円
2015 86,460円 451,980円 2,865,560円
2014 880円 2,470円 11,080円
2013 690円 5,690円 14,580円
2012 1,070円 2,270円 10,930円
2011 2,120円 21,460円 125,740円
2010 2,790円 5,210円 28,940円
2009 9,720円 10,560円 96,550円
2008 3,060円 13,550円 68,280円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

京都牝馬ステークス2018
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017稍重 1 10 牝5 55 レッツゴードンキ 1 ターコイズステークス(G) 2着(0.2) 6
2 15 牝4 54 ワンスインナムーン 7 サンライズステークス(1600万) 1着(-0.2) 1
3 6 牝6 54 スナッチマインド 5 六甲アイランドステークス(1600万) 1着(-0.0) 3
2016 1 14 牝4 56 クイーンズリング 1 エリザベス女王杯(G1) 8着(0.3) 5
2 10 牝5 54 マジックタイム 6 節分ステークス(1600万) 1着(-0.0) 1
3 11 牝6 55 ウインプリメーラ 3 京都金杯(G3) 1着(-0.1) 3
2015 1 13 牝6 56 ケイアイエレガント 9 中山金杯(G3) 13着(1.4) 17
2 12 牝6 54 ゴールデンナンバー 15 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 除外
3 2 牝7 54 パワースポット 8 愛知杯(G3) 5着(0.3) 14
2014 1 14 牝4 52 ウリウリ 2 衣笠特別(1000万) 1着(-0.1) 1
2 3 牝6 56 ドナウブルー 1 マイルチャンピオンシップ(G1) 5着(0.6) 10
3 10 牝6 54 ノーブルジュエリー 5 仲秋ステークス(1600万) 1着(-0.0) 1
2013 1 4 牝4 54 ハナズゴール 1 リゲルステークス(OP) 1着(-0.2) 2
2 8 牝5 55 エーシンメンフィス 2 愛知杯(G3) 1着(-0.2) 7
3 10 牝6 53 ベストクルーズ 10 新春ステークス(1600万) 3着(0.2) 9
2012 1 3 牝4 52 ドナウブルー 2 1000万(京都芝1800m) 1着(-0.5) 1
2 4 牝5 54 ショウリュウムーン 1 京都金杯(G3) 4着(0.3) 4
3 11 牝5 54 アスカトップレディ 3 愛知杯(G3) 3着(0.2) 10
2011 1 5 牝4 53 ショウリュウムーン 5 京都金杯(G3) 9着(1.3) 6
2 8 牝5 54 ヒカルアマランサス 1 愛知杯(G3) 3着(0.2) 2
3 6 牝4 53 サングレアズール 9 六甲アイランドステークス(1600万) 1着(-0.4) 8
2010稍重 1 8 牝4 52 ヒカルアマランサス 1 愛知杯(G3) 4着(0.1) 3
2 15 牝5 54 ベストロケーション 7 市川ステークス(1600万) 1着(-0.2) 3
3 6 牝6 56 ザレマ 2 阪神カップ(G2) 9着(0.7) 9
2009稍重 1 6 牝4 53 チェレブリタ 6 愛知杯(G3) 2着(0.0) 14
2 11 牝5 54 レインダンス 7 愛知杯(G3) 7着(0.4) 2
3 5 牝5 54 ザレマ 1 ターコイズステークス(OP) 1着(-0.0) 6
2008 1 3 牝5 56 アドマイヤキッス 2 愛知杯(G3) 3着(0.1) 1
2 5 牝4 54 ザレマ 9 仲冬ステークス(1600万) 5着(0.3) 2
3 6 牝5 55 キストゥヘヴン 6 ターコイズステークス(OP) 13着(1.1) 1
人気

過去10年の京都牝馬ステークス3着以内では、1番人気が(4-3-1-2)複勝率80%と安定した成績を残しています。とはいえ、1~3番人気で決着した2012年を除くと、毎年5~9番人気程度の馬が馬券圏内に好走しており、紐に中穴を押さえる必要がありそうです。

年齢

過去10年の京都牝馬ステークスでは、2008年と2015年と2017年の3回を除く過去7回4歳馬が優勝しています。2008年と2017年は、4歳馬が2着に好走しています。

芝1400m戦となった直近2年の京都牝馬ステークス3着以内では、外目の枠(二桁馬番)の好走例が目立ちます。直近2年の3着以内6頭は、ともに差し追い込み馬でした。

予想

京都牝馬ステークス2018は、重賞実績のある骨っぽい馬が揃いました。今年は、マイラーよりも、1200m~1400m実積馬が多い印象です。馬券は、過去のデータ傾向から絞れる要素が殆ど無いので、すごく難しいものになりそう…。(´・ω・`;)

以下、簡単な考察と予想です。全く当たる気がしないですね。芝1400m戦となった直近2年が差し追い込みで決まっているので、差し追い込み脚質の4歳馬を中心に…。

◎⑧ミスパンテール

2連勝の勢いと好走例の多い4歳に期待して本命です。前走ターコイズステークス2018は、もう一度走れば、着順がガラッと変わりそうな程の接戦を制しての優勝。最後の最後までインで脚を溜めての絶妙な差し切り勝ちでした。今回は外目の枠ですし、前走のような競馬は難しいかもしれませんね。ここで勝ちきるようなら、次走以降の楽しみが大きくなりそうです。

○⑩デアレガーロ

前走市川ステークス2017は、後方からまとめて差し切っての優勝。余力を感じさせる内容で、1頭だけ脚が違いました。今回は重賞実績馬が多く、実績では格下になると思いますが、前走の勝ちっぷりの良さ差し追い込みが決まることに期待して…。

△⑫エスティタート

実績面では格下という感じですね。昨年と同じ石清水ステークス2018→京都牝馬ステークス2018というローテでの出走になります。昨年は、上がり最速で2着ワンスインナムーンと同時計の4着でした。今回ワンスインナムーンは、海外帰り初戦昨年より斤量が1kg重いことを考えると、エスティタートも買えなくはないように思えます。穴馬扱いになるようであれば…。

馬連◎-○ 3連複◎-○-△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着でした。本命◎ミスパンテールは、1着でした。

京都牝馬ステークス2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 8 牝4 55 ミスパンテール 1 ターコイズステークス(G3) 1着(-0.0) 5
2 10 牝4 54 デアレガーロ 4 市川ステークス(1600万) 1着(-0.1) 5
3 12 牝5 53 エスティタート 5 石清水ステークス(1600万) 2着(0.2) 8

晩に録画を見ました。

まさかの完璧な予想で的中でした。(´・ω・`;) 少点数買いの醍醐味です。

直近2年の傾向通り、最後は、外からの差し追い込みが決まる展開。特に振り返る点は無いんですが…、ミスパンテールは、今が充実期という感じですね。55kg背負っての完勝でした。ヴィクトリアマイルは、さらに強いメンバーが揃うと思うので、今の勢いでどこまで行くのか楽しみですね。