ドバイゴールデンシャヒーン2018 過去10年のデータと予想

日程 日本時間2018年3月31日(土曜日)23時40分
開催 ドバイ メイダン競馬場 6R
距離 ダート1200m
格付け GⅠ
条件 サラ系3歳以上
斤量 57kg牝馬2kg減

ドバイゴールデンシャヒーン2018

日本時間3月31日~4月1日にアラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場でドバイワールドカップデーが行われます。今年も日本馬の出走が予定されており、JRAで馬券(ドバイゴールデンシャヒーン2018ドバイターフ2018ドバイシーマクラシック2018ドバイワールドカップ2018)が発売されます。なお、馬券の購入は、インターネット投票(A-PAT、即PAT)のみとなっているので、ご注意ください。

ドバイゴールデンシャヒーン2018には、日本馬マテラスカイが出走を予定。実績面(重賞未勝利)では、かなり厳しい印象を受けますが、どうなるでしょうか…。

では以下、過去10年のドバイゴールデンシャヒーンで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2010年から開催地がメイダン競馬場となり、2010~2014年はオールウェザー戦2009年以前と2015年以降はダート戦で行われています。

慎重に記述しましたが、英字の読み方、前走情報、調教国に誤りの可能性があります。誤りに気づいた場合など、ご指摘をいただけると幸いです。

過去10年の1~3着馬の前走データ

馬名背景色は、調教国を表します。ピンクはアメリカ、灰色はUAE、薄いピンクは香港、緑はアイルランド、赤色はバーレーン、濃い青はシンガポール、茶色はクウェートです。
ドバイゴールデンシャヒーン2018
年度 着順 ゲート 性齢 斤量 馬名 前走
2017 1 14 牡4 60 マインドユアビスケッツ ガルフストリームパークスプリントS(G3) 2着
2 13 セ4 60 コミカス マハブアルシマール(G3) 4着
3 2 セ7 60 モラウィジ ジェベルアリスプリント(LR) 1着
2016 1 7 セ7 57 ムアラブ マハブアルシマール(G3) 1着
2 3 セ4 57 エクスワイジェット ガルフストリームパークスプリントS(G3) 1着
3 9 セ6 57 モラウィジ ジェベルアリスプリント(LR) 1着
2015 1 7 牡6 57 シークレットサークル パロスヴェルデスステークス(G2) 2着
2 12 セ7 57 スーパージョッキー シティバンクグローバルバンキングH 1着
3 4 セ7 57 リッチタペストリー ブリーダーズカップスプリント(G1) 14着
2014 1 4 セ6 60 スターリングシティ チェアマンズスプリント賞 3着
2 12 セ6 60 リッチタペストリー マハブアルシマール(G3) 1着
3 7 牡5 60 ユナイテッドカラー マハブアルシマール(G3) 10着
2013 1 5 セ7 57 レイナルドジウィザード マハブアルシマール(G3) 1着
2 6 セ5 57 バルモントマスト マハブアルシマール(G3) 3着
3 13 セ5 57 クリプトンファクター マハブアルシマール(G3) 2着
2012 1 5 セ4 57 クリプトンファクター マハブアルシマール(G3) 1着
2 1 セ7 57 ロケットマン クランジステークス 1着
3 12 セ5 57 ラッキーナイン クイーンズシルヴァージュビリーカップ 1着
2011 1 8 セ6 57 ロケットマン クランジステークス 1着
2 6 牡7 57 ユーロイヤーズ パロスベルデスステークス(G2) 1着
3 5 セ8 57 サニーキング クイーンズシルヴァージュビリーカップ 2着
2010 1 7 セ5 57 キンセールキング パロスベルデスステークス(G2) 1着
2 6 セ5 57 ロケットマン クランジステークス 1着
3 1 牡5 57 ワンワールド チェアマンズスプリント賞 7着
2009 1 2 牡4 57 ビッグシティマン マハブアルシマール(G3) 2着
2 12 牝4 55 インディアンブレッシング ラブレアステークス(G1) 1着
3 3 牡6 57 ディアボリカル マハブアルシマール(G3) 3着
2008 1 10 牡5 57 ベニーザブル サンシャインミリオンズスプリント 1着
2 14 牡4 57 イディオットプルーフ フェニックスゴールドカップ 2着
3 13 牡5 57 スタークラウンド マハブアルシマール(G3) 2着
前走マハブアルシマール

過去10年のドバイゴールデンシャヒーン3着以内30頭中11頭を占めます。そのうち9頭前走3着以内に好走していました。

前走3着以内

過去10年のドバイゴールデンシャヒーン3着以内30頭中26頭を占めます。

調教国

近年のドバイゴールデンシャヒーンでは、アメリカ香港UAEの調教馬が3着以内の中心となっています。

日本調教馬の成績(過去10年)

年度 着順 性齢 斤量 馬名 前走
2017 11 牡3 56 ディオスコリダー マハブアルシマール(G3) 7着
2013 12 牡6 57 タイセイレジェンド フェブラリーステークス(G1) 14着
2010 4 牡6 57 ローレルゲレイロ フェブラリーステークス(G1) 7着
2009 4 牡6 57 バンブーエール フェブラリーステークス(G1) 8着

過去10年では、計4頭の日本馬が出走していますが、4頭ともに馬券圏外に敗れています。2007年以前も計5頭の日本馬が出走し、すべて5着以下に敗れています。データ傾向から、日本馬にとっては、かなり劣勢なレースといえそうです。

ドバイゴールデンシャヒーン2018出走予定の日本馬マテラスカイは、過去に出走した日本馬と比べると、実績面では格下という馬です。流石に、かなり厳しい戦いになりそうですね…。

予想

海外競馬は全くわからないので、全く深く考えていません。(´・ω・`;)

以下、かなり簡単な予想です。

◎⑥ロイエイチ

昨年のブリーダーズカップ・スプリント2017優勝馬。レベルの高いアメリカのダート馬ですし、ここでも勝ち負けを期待したいですね。

○①マインドユアビスケッツ

昨年のドバイゴールデンシャヒーン2017優勝馬。ブリーダーズカップ・スプリント2017では、追い込み届かずの3着に終わりましたが、ドバイのコース実績を考えると、今年も十分に楽しみが大きいと思います。

▲②エックスワイジェット

2年前のドバイゴールデンシャヒーン2016 2着馬。直近2戦が楽勝で、かなり強そうでした。

△⑨ジョーダンスポート

前走は、好走例の多いマハブアルシマール2018を圧勝。アメリカ馬3頭が強すぎるように感じますが…。

3連複◎-○-▲△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、6着でした。本命◎ロイエイチは、3着でした。

ドバイゴールデンシャヒーン2018
着順 ゲート 性齡 斤量 馬名 人気 前走
1 1 牡5 57 マインドユアビスケッツ 3 条件戦(ダ1400m) 2着
2 2 セ6 57 エックスワイジェット 2 ペリカンステークス(OP) 1着
3 6 セ6 57 ロイエイチ 1 パロスヴェルデスステークス(G2) 1着

的中でした。

本命ロイエイチはスタートが悪く、外に出して進めていました。かなり速い流れだったようで、トラックレコードでの決着。前残りの馬場の中でマインドユアビスケッツは前の馬を差し切り強い競馬で、ドバイゴールデンシャヒーン2連覇となりました。やはりアメリカのダート馬は強いですね…。