マーチステークス2018 過去10年のデータと予想

日程 2018年3月25日(日曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 ダート1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

マーチステークス2018

ダートのハンデ重賞「マーチステークス2018」です。如何にも波乱含みの条件。実際、過去には波乱決着となった年が多く、後に出世した馬も少ない傾向があり、かなり難解なレースになるでしょう。

コース形態

中山競馬場のダート1800mコース

過去10年のマーチステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは4回あります。波乱含みの一戦といえそうです。穴馬の好走が多く、馬連や3連複は結構な高配当となることが多いのも特徴です。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 10,760円 83,890円 466,890円
2016 3,060円 5,650円 50,080円
2015 6,530円 7,410円 70,600円
2014 2,060円 6,040円 34,910円
2013 2,000円 4,100円 21,280円
2012 82,840円 426,230円 2,321,750円
2011 14,670円 51,390円 289,140円
2010 5,790円 11,240円 81,380円
2009 9,960円 12,250円 75,240円
2008 13,240円 8,910円 106,110円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

マーチステークス2018
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017稍重 1 4 牡7 57.5 インカンテーション 10 フェブラリーステークス(G1) 13着(1.0) 15
2 15 牡6 55 ディアデルレイ 2 総武ステークス(OP) 5着(0.1) 6
3 5 牡5 54 アルタイル 11 白嶺ステークス(1600万) 1着(-0.0) 4
2016 1 4 牡6 54 ショウナンアポロン 8 総武ステークス(OP) 6着(0.7) 11
2 3 牡4 56 バスタータイプ 1 総武ステークス(OP) 1着(-0.0) 1
3 8 牡6 56.5 ドコフクカゼ 2 仁川ステークス(OP) 2着(0.4) 2
2015 1 16 牡5 56 マイネルクロップ 6 佐賀記念(G3) 1着(-0.0) 1
2 15 牡6 56 イッシンドウタイ 5 総武ステークス(OP) 5着(0.4) 3
3 13 牡7 57 マスクトヒーロー 1 師走ステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2014 1 15 牡4 56 ソロル 3 フェブラリーステークス(G1) 12着(0.9) 10
2 5 牡4 57 ジェベルムーサ 2 フェアウェルステークス(OP) 1着(-0.5) 2
3 2 牡4 55 ドコフクカゼ 5 仁川ステークス(OP) 2着(0.7) 3
2013 1 15 牡6 58 グランドシチー 2 仁川ステークス(OP) 3着(0.2) 1
2 4 牡6 58 バーディバーディ 6 仁川ステークス(OP) 4着(0.2) 5
3 1 牡4 55 フレイムオブピース 3 伊丹ステークス(1600万) 1着(-0.1) 2
2012 1 11 牡5 55 サイレントメロディ 6 平安ステークス(G3) 6着(1.0) 12
2 7 牡7 55 メイショウタメトモ 16 みやこステークス(G3) 12着(3.1) 10
3 16 牡5 58 バーディバーディ 7 ジャパンカップダート(G1) 10着(0.7) 12
2011稍重阪神 1 7 牡5 58 テスタマッタ 7 仁川ステークス(OP) 3着(0.6) 4
2 10 牝6 55 ブラボーデイジー 9 エンプレス杯(G2) 2着(0.1) 3
3 15 牡5 57.5 インバルコ 6 平安ステークス(G3) 2着(0.0) 3
2010稍重 1 12 牡6 58 マコトスパルビエロ 4 ダイオライト記念(G2) 3着(0.7) 3
2 3 牡4 54 ナニハトモアレ 6 東京ウインタープレミアム(1600万) 1着(-0.6) 7
3 1 牡5 56 シビルウォー 3 仁川ステークス(OP) 3着(0.2) 6
2009 1 11 牡4 57.5 エスポワールシチー 1 フェブラリーステークス(G1) 4着(0.2) 5
2 16 牡6 55 ダイショウジェット 13 ポラリスステークス(OP) 1着(-0.0) 7
3 3 牡5 56 サトノコクオー 2 仁川ステークス(OP) 2着(0.0) 3
2008 1 13 牡7 55 ナナヨーヒマワリ 7 北山ステークス(1600万) 1着(-0.1) 3
2 9 牡4 56 マコトスパルビエロ 6 ダイオライト記念(G2) 4着(1.2) 4
3 10 セ6 58 フィフティーワナー 1 仁川ステークス(OP) 1着(-0.2) 1
前走仁川ステークス

過去10年のマーチステークス3着以内30頭中8頭を占めます。8頭とも前走4着以内に好走していました。

前走総武ステークス

直近3年のマーチステークスでは、計4頭3着以内に好走しています。4頭は総武ステークス1~6着馬で、前走大きく負けていた馬はいません。

過去10年のマーチステークス3着以内30頭中10頭外枠(7~8枠)でした。一方、内枠(1~4枠)の好走例も多く、近年は、真ん中の枠よりも内枠か外枠かの二極化している傾向があります。

予想

マーチステークス2018は、かなりの混戦模様です。当然と言うべきか、実績面で抜けた馬がいないので、何が来ても何が勝ってもおかしくないですね…。さらにハンデ戦ということもあって、馬券は難関なものになりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。全く当たる気がしないですね。(´・ω・`;) 前に行った2頭が残り、ギリギリで追い込み馬が1~2頭突っ込んで来るという想定で…。

◎⑬ハイランドピーク

前走上総ステークス2018は、直線でさらに後続を突き放す楽勝でした。直近2戦の勝ちっぷりの良さと勢いを考えれば、ここでも期待したいですね。今回は、オープンクラスの実績馬が揃っており、あとは相手関係だけになると思います。

○⑦ディアデルレイ

昨年のマーチステークス2017 2着馬。この舞台(中山ダート1800m)は相性が良く、2走前の師走ステークス2017も逃げて楽勝しています。今回は、前走のように抜けて強い逃げ馬(テイエムジンソク)がいるわけではないので、スムーズに前で進めることが出来れば…。

▲⑭クインズサターン

前走は、近年相性が良い総武ステークス2018で3着に好走。後方から追い込む競馬でしたが、最後は前の馬を全て捉えてしまいそうなほど、グイグイ伸びていました。斤量が前走より1kg軽くなるのはプラスに働きそうですし、前走より厳しい流れになれば、末脚が活きることになりそうです。

△⑫アルタイル

昨年のマーチステークス2017 3着馬。昨年のマーチステークス2017~福島民友カップ2017~師走ステークス2017とディアデルレイには先着出来ておらず、評価としてはディアデルレイの下になりました。末脚は堅実というタイプで、追い込みが来る流れになれば、今年も上位争いの可能性がありそうです。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、4着、7着、9着でした。本命◎ハイランドピークは、9着でした。

マーチステークス2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 8 牡6 57 センチュリオン 2 総武ステークス(OP) 1着(-0.0) 1
2 14 牡5 55 クインズサターン 5 総武ステークス(OP) 3着(0.3) 3
3 4 牡7 56 ロワジャルダン 10 報知グランプリカップ(OP)(船橋ダ1800m) 2着(1.5) 2

3連単153,570円の決着。想定通りというかカスリせず。

本命ハイランドピークは、スタート悪く、まさかの最後方から。横山典弘ジョッキーっぽいなと思いつつ、このパターンか…という感じでした。(´・ω・`;)

殆どそのまま周ってきただけという内容で、素人には何がしたいのか伝わってこない競馬でした。末脚を試すなら下のクラスから試してほしかったところですし、状態が悪かったなら回避してほしかったところです。仕方ない敗戦ですね。

データ傾向から相性が良い総武ステークス組。今年は1~2着独占となりました。とはいえ3着ロワジャルダンは、中々手が出せる馬ではなく、どちらにしろ3連系の馬券は難解なレースでした。