ドバイワールドカップ2018-過去10年のデータと予想

日程 日本時間2018年4月1日(日曜日)1時50分
開催 ドバイ メイダン競馬場 9R
距離 ダート2000m
格付け GⅠ
条件 北半球産4歳以上南半球産3歳以上
斤量 57kg牝馬2kg減

ドバイワールドカップ2018

日本時間3月31日~4月1日にアラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場でドバイワールドカップデーが行われます。今年も日本馬の出走が予定されており、JRAで馬券(ドバイゴールデンシャヒーン2018ドバイターフ2018ドバイシーマクラシック2018ドバイワールドカップ2018)が発売されます。なお、馬券の購入は、インターネット投票(A-PAT、即PAT)のみとなっているので、ご注意ください。

ドバイワールドカップ2018には、日本馬アウォーディーが出走を予定。アウォーディーは昨年5着に好走していますが、アメリカのダート馬のレベルは高く、今年も厳しい戦いになる可能性が高そうです。

JRAで馬券が発売された昨年のドバイワールドカップの配当を見ると、硬い決着となっています。圧倒的1番人気の支持を集めたアロゲートが優勝。3着に大穴も馬券の払い戻しは控えめになりました。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 450円 3,430円 5,170円

では以下、過去10年のドバイワールドカップで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2010年から開催地がメイダン競馬場となり、2010~2014年はオールウェザー戦で行われています。

慎重に記述しましたが、英字の読み方、前走情報、調教国に誤りの可能性があります。誤りに気づいた場合など、ご指摘をいただけると幸いです。

過去10年の1~3着馬の前走データ

馬名背景色は、調教国を表します。濃い青はフランス、赤色はイギリス、灰色はUAE、ピンクはアメリカ、薄い灰色は南アフリカです。
ドバイワールドカップ2018
年度 着順 ゲート 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 9 牡4 57 アロゲート 1 ペガサスワールドカップ(G1) 1着
2 5 牡4 57 ガンランナー 3 レイザーバックハンデキャップ(G3) 1着
3 11 牡4 57 ネオリシック 12 ペガサスワールドカップ(G1) 3着
2016 1 11 牡5 57 カリフォルニアクローム トランスガルフエレクトロメカニカルT 1着
2 4 牡4 57 ムブタヒージ アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 4着
3 10 牡5 57 ホッパチュニティ サンアントニオステークス(G2) 1着
2015 1 1 セ8 57 プリンスビショップ アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 2着
2 9 牡4 57 カリフォルニアクローム サンアントニオ招待ステークス(G2) 2着
3 5 牡6 57 リー ドンハンデキャップ(G1) 2着
2014 1 6 セ7 57 アフリカンストーリー アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 8着
2 13 牡5 57 ムカドラム チャンピオンステークス(G1) 5着
3 15 セ4 57 キャットオマウンテン アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 4着
2013 1 12 牡5 57 アニマルキングダム ガルフストリームパークターフH(G1) 2着
2 2 セ7 57 レッドカドー 香港ヴァーズ(G1) 1着
3 7 牡6 57 プラントゥール ウィンターダービートライアルS(LR) 1着
2012 1 8 牡5 57 モンテロッソ アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 4着
2 11 牡5 57 カッポーニ アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 1着
3 6 牡5 57 プラントゥール ムーランドロンシャン賞(G1) 8着
2011 1 6 牡4 57 ヴィクトワールピサ 中山記念(G2) 1着 1
2 9 牡5 57 トランセンド フェブラリーステークス(G1) 1着 1
3 2 牡4 57 モンテロッソ ドバイシティーオブゴールド(G2) 1着
2010 1 5 牡6 57 グロリアデカンペオン アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 2着
2 7 セ4 57 リザーズデザイア アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 5着
3 1 牡4 57 アリバー アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 4着
2009 1 7 セ6 57 ウェルアームド サンアントニオステークス(G2) 2着
2 6 牡5 57 グロリアデカンペオン メイダンホテルトロフィー 1着
3 13 牡4 57 パリパーフェクト 二聖モスクの守護者カップ(G1) 2着
2008 1 12 牡4 57 カーリン ジャガートロフィー 1着
2 9 牡4 57 アジアティックボーイ バージナハール(G3) 3着
3 2 セ5 57 ウェルアームド サンアントニオステークス(G2) 1着
前走アルマクトゥームチャレンジラウンド3

過去10年のドバイワールドカップ3着以内30頭中9頭を占めます。前走の着順に関係なく好走例が多く、近年では、主要ローテの一つとなっています。

調教国

過去10年のドバイワールドカップでは、アメリカ、UAE調教馬が多い傾向にあります。

前走3着以内

過去10年のドバイワールドカップ3着以内30頭中22頭を占めます。そのうち4着以下だった8頭中6頭前走アルマクトゥームチャレンジラウンド3に出走していました。

日本調教馬の成績(過去10年)

年度 着順 性齢 斤量 馬名 前走
2017 5 牡7 57 アウォーディー 東京大賞典(G1) 2着
8 牡4 57 ラニ マクトゥームチャレンジR3(G1) 6着
9 牡5 57 アポロケンタッキー 東京大賞典(G1) 1着
14 牡4 57 ゴールドドリーム フェブラリーステークス(G1) 1着
2016 9 牡7 57 ホッコータルマエ 川崎記念(G1) 1着
2015 5 牡6 57 ホッコータルマエ 川崎記念(G1) 1着
9 牡5 57 エピファネイア 有馬記念(G1) 5着
2014 11 牡6 57 ベルシャザール フェブラリーステークス(G1) 3着
16 牡5 57 ホッコータルマエ フェブラリーステークス(G1) 2着
2012 6 牡5 57 エイシンフラッシュ 有馬記念(G1) 2着
10 牡7 57 スマートファルコン 川崎記念(G1) 1着
13 牡6 57 トランセンド フェブラリーステークス(G1) 7着
2011 1 牡4 57 ヴィクトワールピサ 中山記念(G2) 1着
2 牡5 57 トランセンド フェブラリーステークス(G1) 1着
8 牝5 55 ブエナビスタ 有馬記念(G1) 2着
2010 11 牝4 55 レッドディザイア アルマクトゥームチャレンジR3(G2) 1着
2009 8 牡4 57 カジノドライヴ フェブラリーステークス(G1) 2着
2008 12 牡6 57 ヴァーミリアン フェブラリーステークス(G1) 1着

過去10年では、日本馬の好走は東日本大震災直後2011年にワンツーフィニシュとなったヴィクトワールピサとトランセンドの2頭のみです。2011年はオールウェザー戦で行われており、ダート戦では日本馬が尽く敗れています。日本馬にとっては、かなり厳しいレースといえそうです。

今年は、昨年5着に好走したアウォーディーが出走予定。昨年のような勢いもなくなってきているため、今年も厳しいレースになる可能性がありそうです。

予想

海外競馬は全くわからないので、全く深く考えていません。(´・ω・`;)

以下、かなり簡単な予想です。

◎⑨ウエストコースト

アロゲートが5着に敗れた昨年のブリーダーズカップ・クラシック2017で3着。近走は、4戦連続でアメリカのダートG1で好走しており、ここは実績面で抜けた1頭だと思います。

○③ガンナヴェラ

前走ペガサスワールドカップ2018は、2着ウエストコーストに離された3着。ウエストコーストに先着できるイメージが全く無いものの、近走は、アメリカのダートG1で大きく崩れておらず、力は十分にありそうですね。

△⑤ムブタヒージ

昨年のドバイワールドカップ2017は4着、一昨年は2着という実績。今年は、昨年の優勝馬アロゲートや2着ガンランナーという強すぎる2頭がいないことを考えると、上位争いに浮上しそうな気がします。

△②ノースアメリカ

前走は、好走例の多いアルマクトゥームチャレンジラウンド3 2018を圧勝。UAE調教馬を押さえるとすれば、2着サンダースノーかノースアメリカになるでしょうか。

3連複◎-○△△-○△△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、8着、10着でした。本命◎ウエストコーストは、2着でした。

ドバイワールドカップ2018
着順 ゲート 性齡 斤量 馬名 人気 前走
1 10 牡4 57 サンダースノー 5 アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 2着
2 9 牡4 57 ウエストコースト 1 ペガサスワールドカップ(G1) 2着
3 5 牡6 57 ムブタヒージ 7 サンタアニタハンデキャップ(G1) 2着

押さえていない方のUAE調教馬が優勝…。まあでも少頭数買いなら良くあることです。(´・ω・`;)

トラックレコードの決着で、前哨戦とは全く違う強さを見せたサンダースノーが優勝。外枠から前に行って、そのまま押し切りました。今年のドバイのダートは、外をまわした馬には厳しく、前に行かないと話にならないようですね。極端に差し追い込みが決まりにくい印象でした。

深く考えない競馬