シンザン記念 2016 過去10年のデータと予想

3歳限定の重賞です。

2012年は3連単約28万馬券、2011年も約28万、2010年は約23万、2009年は約28万、2006年は約20万・・・と、過去10年で見ると、5回も荒れてます。2回に1回ですから、今年もその可能性は否定でいません。

傾向としては、京都金杯2016に続いて内枠が優勢ですが、外枠の馬や追い込みの馬も来ないことは無いといった感じです。昨年は、2~4着が外枠で後ろから行く馬だったので、内枠や先行馬だけ買えばいいレースでもありません。

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
シンザン記念2016
年度 着順 馬番 馬名 前走
2015 1 9 グァンチャーレ 東スポ杯2歳S(G3) 7着(0.3)
2 11 ロードフェリーチェ 千両賞(500下) 5着(0.4)
3 12 ナヴィオン 朝日杯FS(G1) 11着(1.0)
2014 1 12 ミッキーアイル ひいらぎ賞(500下) 1着(-0.6)
2 1 ウインフルブルーム 朝日杯FS(G1) 3着(0.2)
3 2 タガノグランパ ラジオNIKKEI杯(G3) 5着(0.3)
2013 1 2 エーシントップ 朝日杯FS(G1) 8着(0.7)
2 12 ヘミングウェイ 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-0.0)
3 5 タマモベストプレイ 秋明菊賞(500下) 1着(-0.1)
2012 1 7 ジェンティルドンナ(牝) 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-0.6)
2 3 マイネルアトラクト 千両賞(500下) 4着(0.4)
3 6 プレミアムブルー 500万下(阪神芝1600m) 6着(0.6)
2011 1 8 レッドデイヴィス(セ) 500万下(阪神芝1600m) 10着(降着)(-0.1)
2 1 オルフェーヴル 京王杯2歳S(G2) 10着(0.8)
3 4 マルセリーナ(牝) 新馬(阪神芝1600m) 1着(-0.2)
2010 1 4 ガルボ 朝日杯FS(G1) 4着(0.6)
2 7 シャイン 中京2歳S(OP) 1着(-0.2)
3 1 セレスロンディー 500万下(阪神芝1600m) 4着(0.4)
2009 1 1 アントニオバローズ 未勝利(阪神芝1400m) 1着(-0.4)
2 3 ダブルウェッジ つわぶき賞(500下) 2着(0.2)
3 10 トップカミング さざんかS(OP) 3着(0.2)
2008 1 5 ドリームシグナル 朝日杯FS(G1) 4着(0.6)
2 4 ドリームガードナー 朝日杯FS(G1) 12着(1.6)
3 9 マヤノベンケイ さざんかS(OP) 1着(-0.0)
2007 1 7 アドマイヤオーラ 中京2歳S(OP) 2着(0.1)
2 8 ダイワスカーレット(牝) 中京2歳S(OP) 1着(-0.1)
3 5 ローレルゲレイロ 朝日杯FS(G1) 2着(0.1)
2006 1 9 ゴウゴウキリシマ 千両賞(500下) 1着(-0.1)
2 1 グロリアスウィーク ラジオたんぱ杯2歳S(G3) 12着(1.5)
3 7 ロジック さざんかS(OP) 2着(0.0)
前走新馬戦、未勝利戦の馬は、すべて阪神芝

以下4頭しかデータはありませんが、参考程度に押さえていても良いかもしれません。

  • 2013年2着ヘミングウェイ(未勝利、阪神芝1600m)
  • 2012年1着ジェンティルドンナ(未勝利、阪神芝1600m)
  • 2011年3着マルセリーナ(新馬、阪神芝1600m)
  • 2010年1着アントニオバローズ(新馬、阪神芝1400m)
前走芝1400m~2000mの馬

過去10年3着以内の30頭中29頭が前走芝1400m~2000mです。例外は以下1頭です。

  • 2009年2着ダブルウェッジ(つわぶき賞、中京芝1200m)
前走大敗した馬は、すべて重賞

前走で勝ち馬から1秒以上負けていた馬は3頭いますが、すべて前走が重賞レースでした。

  • 2015年3着ナヴィオン 朝日杯FS11着(1.0)
  • 2008年2着ドリームガードナー 朝日杯FS12着(1.6)
  • 2006年2着グロリアスウィーク ラジオたんぱ杯2歳S12着(1.5)
前走が重賞だった馬

2009年と2012年を除いて、例年1~2頭が3着以内に来ています。

内枠

外の馬が全く来ないわけではありませんが、内枠の馬が優勢です。

馬券予想

私見ですが、出走の半数以上が馬券対象です。前走データでは、以下7頭が候補になります。

  • 2アストラエンブレム
  • 3レオナルド
  • 5レインボーライン
  • 12ノーブルマーズ
  • 16ツーエムレジェンド
  • 17ドゥーカ
  • 18ショウナンアヴィド

データ外で気になるのは、以下4頭です。

  • 7ジュエラー(前走楽勝、ミルコ)
  • 9ラルク(前走楽勝、京都のディープ産、何か名前が良い)
  • 10ピースマインド(前走楽勝&圧勝、京都のディープ産)
  • 11ファインニードル(初めて見た外国人ジョッキー、F.ヴェロン)

11頭から難癖をつけて候補を絞っていきます。過去10年で見ると、13番より外の馬が来ていません。今年もバッサリ切ります。以下3頭が候補外になりました。

  • 16ツーエムレジェンド
  • 17ドゥーカ
  • 18ショウナンアヴィド
11ファインニードル

日本初騎乗(違ったら申し訳ないです。)、初JRA重賞、人気薄の馬で好走というのは何とも出来すぎです。暫く様子見ということで、F.ヴェロン騎手はスルーしようと思います。

7ジュエラー、9ラルク

牝馬が2頭とも馬券に絡むのも考え難いので、どちらか1頭にしたいです。過去10年、このレースで3着以内に入った牝馬は3頭いますが、3頭とも後にG1を勝った馬です。ここで好走すれば、将来が楽しみな馬といえます。

  • 2012年1着ジェンティルドンナ
  • 2011年3着マルセリーナ
  • 2007年2着ダイワスカーレット

理由は特にありませんが、ジュエラーを候補外にしたいと思います。ラルクは、2014年の牝馬最高額(1億4500万円)で落札された馬らしいです。その道のプロが大金を払って選び抜いた馬だと思うので、凡走は無いと信じたいところです。最終候補に残った馬は、以下6頭です。

  • 2アストラエンブレム
  • 3レオナルド
  • 5レインボーライン
  • 9ラルク
  • 10ピースマインド
  • 12ノーブルマーズ

6頭中5頭が上位人気だと思うので、予想としては平凡なものになってしまいました。ここから4頭を目安に買い目を選びたいと思います。

買い方

◎9ラルク

○2アストラエンブレム

▲10ピースマインド

△12ノーブルマーズ

9ラルクは、1億4500万円の馬と知って急に本命馬に躍り出ました!名前も好きなので、この馬を本命で行きます。

2アストラエンブレムは、前走サウジアラビアRC2015のレベルに疑問が付きますが、関東から来る以上は勝算があってのことだと思います。ジョッキーも良いし、内枠も良いし、押さえておいた方が良いと思います。ただ、ここ使って共同通信杯2016あたりを狙ってるのでは・・・と思ったりもします。

10ピースマインドは、かなり強いのではないかと思ってしまいます。前々走のデビュー戦は、わずか0.2秒差の2着でしたが、1着馬が朝日杯フューチュリティステークス2015優勝馬のリオンディーズです。その後、ピースマインドは未勝利戦を圧勝しています。なので、この馬が重賞で好走しても全く不思議ではないです。難点としては、シンザン記念2016を使うのに、前走で2000mの未勝利戦を使ったことでしょうか。来週には京成杯2016(3歳、G3、中山芝2000m)があるので、ローテ的にも京成杯2016の方が良さそうですが…。

馬券は、3連複4頭ボックスを考えていますが、ラルクとアストラエンブレムとピースマインドの3頭の場合、すごく安い可能性があります。その場合、3連単も検討します。

結果

私見では、馬券候補が半数以上で当たる気がしないレースだと言いましたが、本当にその通りになってしまいました。

ラルクとピースマインドの大敗には驚きました。たしかにデータ外の馬として買いましたが、少なくとも掲示板までには・・・と思っていました。荒れるメンバーだと分かっていても、買えない馬が来るのが荒れるレースですね。

シンザン記念2016
着順 馬番 馬名 前走
1 6 ロジクライ 千両賞(500下) 4着(1.1)
2 7 ジュエラー(牝) 新馬戦(G3) 1着(-0.4)
3 14 シゲルノコギリザメ 500万下(阪神芝1200m) 1着(-0.2)

ロジクライ

レースのパドック解説で「すごい馬体が良い」とかなり高評価でした。浜中ジョッキーも「スタッフがすごい状態がいいからと言っていた」と勝利ジョッキーインタビューで言っていたので、本当にそのとおりだったのでしょう。ただ前走データ的には、500万クラスで大敗してるので、買い難い馬であることには間違いありません。

シゲルノコギリザメ

私見ですが、名前からして買えないです。たしかに新馬戦や未勝利勝ちの馬が人気している中で、レインボーラインとシゲルノコギリザメだけが2勝馬でした。

過去、前走1200mの馬はダブルウェッジしか来ていないので、軽視してしまいました。外枠はマイナスポイントでしたが、積極的に前で競馬したのが良かったみたいです。京都金杯2016のテイエムタイホーと同じパターンですね。今の馬場は、内枠か前に付けるかがポイントです。

ジュエラー

これは強そうですね・・・。ジェンティルドンナ、マルセリーナ、ダイワスカーレットに続いて、将来G1を勝つかもしれません。2着だったものの、1頭だけ違うのは明らかでした。次走は、より人気すること間違いなしでしょう。

1~3着馬の次走情報