福島牝馬ステークス 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年4月22日(土曜日)
開催 福島競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上牝馬
斤量 別定
出走数 16頭
天気 晴れ参考 福島競馬場 – Yahoo!天気・災害

G3「福島牝馬ステークス2017」です。牝馬限定戦のG2~G3をまわって活躍している馬が上位候補という傾向のレースです。福島牝馬ステークス2017をステップに、このあとG1ヴィクトリアマイル2017に進む馬もいますが、あまり良い成績を残せていません。

過去10年の福島牝馬ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが5回あり、波乱の重賞といっても良いでしょう。直近3年連続で高配当が出ており、上位人気だけで決着というのも想定し辛いところでしょうか。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 11,130円 84,650円 735,970円
2015 6,490円 153,060円 599,360円
2014 1,440円 45,330円 238,230円
2013 830円 11,750円 41,730円
2012 1,100円 2,540円 10,850円
2011 5,750円 14,380円 96,220円
2010 3,710円 6,540円 45,340円
2009 13,060円 145,730円 792,960円
2008 3,330円 4,240円 28,360円
2007 9,130円 19,310円 147,110円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。2011年以前は、新潟開催です。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
福島牝馬ステークス2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 8 牝6 54 マコトブリジャール 15 愛知杯(G3) 18着(1.8)
2 16 牝4 54 シャルール 1 初音ステークス(1600万) 1着(-0.3)
3 6 牝6 54 オツウ 13 六甲ステークス(OP) 12着(0.7)
2015 1 6 牝5 54 スイートサルサ 3 中山牝馬ステークス(G3) 取消
2 12 牝4 53 リラヴァティ 9 四国新聞杯(1000万) 1着(-0.1)
3 1 牝6 54 メイショウスザンナ 13 京都牝馬ステークス(G3) 9着(0.8)
2014 1 6 牝5 54 ケイアイエレガント 5 中山牝馬ステークス(G3) 2着同着(0.2)
2 7 牝5 54 キャトルフィーユ 2 中山牝馬ステークス(G3) 2着同着(0.2)
3 14 牝5 53 フィロパトール 16 但馬ステークス(1600万) 11着(1.4)
2013 1 6 牝5 54 オールザットジャズ 1 中山牝馬ステークス(G3) 3着(0.2)
2 10 牝5 56 マイネイサベル 3 中山牝馬ステークス(G3) 1着(-0.1)
3 5 牝5 53 ピュアブリーゼ 10 クリスマスカップ(1600万) 6着(1.1)
2012 1 3 牝4 54 オールザットジャズ 1 中山牝馬ステークス(G3) 2着(0.1)
2 2 牝5 54 コスモネモシン 4 中山牝馬ステークス(G3) 6着(0.5)
3 10 牝4 54 アカンサス 2 中山牝馬ステークス(G3) 8着(0.8)
2011新潟 1 1 牝5 54 フミノイマージン 9 中山牝馬ステークス(G3) 2着(0.4)
2 5 牝4 54 コスモネモシン 5 中山牝馬ステークス(G3) 3着(0.5)
3 6 牝4 53 ソウルフルヴォイス 3 但馬ステークス(1600万) 4着(0.2)
2010稍重 1 8 牝5 54 レジネッタ 5 中山牝馬ステークス(G3) 5着(0.2)
2 16 牝5 56 ブラボーデイジー 4 中山牝馬ステークス(G3) 6着(0.3)
3 4 牝6 55 ウェディングフジコ 3 中山牝馬ステークス(G3) 2着(0.1)
2009不良 1 8 牝4 54 ブラボーデイジー 7 中山牝馬ステークス(G3) 6着(0.4)
2 2 牝5 56 アルコセニョーラ 11 福島民報杯(OP) 7着(1.1)
3 13 牝7 58 ヤマニンメルベイユ 13 中山牝馬ステークス(G3) 16着(1.9)
2008 1 2 牝4 54 マイネカンナ 3 中山牝馬ステークス(G3) 2着(0.1)
2 11 牝4 54 ハロースピード 4 中山牝馬ステークス(G3) 5着(0.4)
3 9 牝4 54 ザレマ 1 京都牝馬ステークス(G3) 2着(0.1)
2007 1 14 牝7 55 スプリングドリュー 9 愛知杯(G3) 13着(0.9)
2 10 牝5 54 フラッグシップ 4 1000万(阪神芝1800m) 1着(-0.4)
3 16 牝5 54 ヤマニンメルベイユ 2 中山牝馬ステークス(G3) 3着(0.0)
人気

過去10年の福島牝馬ステークスでは、上位人気馬が不振傾向にあります。

  • 1番人気馬(2-1-1-6)複勝率40%
  • 2番人気馬(0-1-2-7)複勝率30%
  • 3番人気馬(2-1-2-5)複勝率50%

一方、2013年以降、毎年二桁人気馬が馬券圏内に入り、波乱を演出しています。

内枠

過去10年の福島牝馬ステークスでは、内枠(1~4枠)の好走例が多く、内枠から2頭以上が馬券圏内に入る傾向があります。その他、直近9年連続で、内枠の馬が優勝しています。

前走中山牝馬ステークス

過去10年の福島牝馬ステークス3着以内30頭中18頭を占めます。(2015年1着スイートサルサは、中山牝馬ステークス出走取消でした。)

中山牝馬ステークスで二桁着順に敗れていたのは、2009年3着ヤマニンメルベイユ(前走16着)だけでした。

馬券予想

過去10年の傾向から「内枠」「前走中山牝馬ステークス」に注目です。

福島牝馬ステークス2017は、抜けた馬が不在で、当然ながら混戦という感じでしょうか。3着以内と考えると、出走馬の3分の2近くの馬にチャンスがありそうな気がします。

以下、簡単な考察と予想です。

◎⑨クインズミラーグロ

前走中山牝馬ステークス2017 3着。メンバーがメンバーだけに、押さえざるを得ない1頭でしょうか。後ろで脚を溜めてというタイプでしたが、3走前から前目の位置につける競馬をするようになり、成績が安定してきたように思います。

直近2走の重賞(中山牝馬ステークス2017と愛知杯2017)は、ともにハンデ戦で、軽ハンデの恩恵があったと思います。別定戦のここで結果が残せるのかがポイントになりそうです。

○①ギモーヴ

前走但馬ステークス2017(1600万)5着。近年の福島牝馬ステークスでは、前走条件戦だった馬が4年連続で馬券圏内に来ています。そのうち3頭が人気薄でした。波乱傾向の重賞と考えれば、無くはない1頭でしょうか。

4頭とも逃げ先行の脚で好走しており、小回り平坦の福島ですから、やはり前に行ける馬の方が穴をあけそうな感じはします。今回のメンバーで、前走条件戦組かつ前に行けそうな脚の馬と考えると、面白いかもしれません。

▲⑤ウインファビラス

前走東風ステークス2017 9着。近走はマイル以下の距離を使っていますが、ステイゴールド産ということもあり、距離は伸びた方が良いでしょうか。例年、中団から先行グループの馬が上位に来るレースなので、内枠の好位で競馬できそうな馬と考えれば、無視できない1頭になると思います。

時計が速くなると、分が悪そうな気がしますが、未勝利戦を勝ち上がったコースですし、久しぶりの上位争いを期待しています。

△⑧フロンテアクイーン

前走中山牝馬ステークス2017 8着。4枠かつ中山牝馬ステークス組は、データ的には「買い」でしょうか。メイショウサムソン産という血統的には、重賞クラスでは買い難い要素ですが…。

3連複 ◎ – ○▲△ – ○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、6着、14着でした。

本命◎クインズミラーグロは3着でした。

福島牝馬ステークス2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 6 牝7 ウキヨノカゼ 3 中山牝馬ステークス(G3) 6着(0.2)
2 8 牝4 フロンテアクイーン 4 中山牝馬ステークス(G3) 8着(0.3)
3 9 牝5 クインズミラーグロ 1 中山牝馬ステークス(G3) 3着(0.1)

夜に録画を見たんですが、福島牝馬ステークスっぽくない順当な決着でした…(´・ω・`)

牝馬の7歳ということだけで、消してしまったウキヨノカゼが優勝。1~3着馬まで中山牝馬ステークス2017組内枠(1~4枠)から2頭というデータ通りの結果となりました。ウキヨノカゼは、7歳でなければ、押さえていたんですが…。

ギモーヴは、予想に反して前に行かなかったです…。向こう正面で、既に手応えが無さそうに見えました。最終的に6着まで来てはいますが、馬体重マイナス12kgだったので、状態の問題でしょうか。ウインファビラスは、最後の直線で、前が詰まってからブレーキをかける形に見えました。そのまま失速。押さえた穴馬2頭が冴えない感じになってしまいました。

深く捻らずに、データ通りにクインズミラーグロ軸から内枠&中山牝馬ステークス2017組に流せばよかった…というレースでした。

1~3着馬の次走情報