金鯱賞2018-過去6年のデータと予想

日程 2018年3月11日(日曜日)
開催 中京競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅡ
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 9頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

金鯱賞2018

G1大阪杯2018に向けた一戦「金鯱賞2018」です。昨年の優勝馬ヤマカツエースが大阪杯2017で3着に好走。今年も前哨戦として重要なレースとなりそうです。

中京競馬場改修後の2012年に12月開催に変更となり有馬記念の前哨戦として行われてきましたが、昨年から3月開催に変更となりました。従来、同時期に中京芝2000mの重賞として行われていた「中日新聞杯」の枠に「金鯱賞」が入ったことになります。そのため過去データは、中日新聞杯(2012~2016年)&金鯱賞(2017年)の過去6年のデータになります。

コース形態

中京競馬場の芝2000mコース

過去6年の金鯱賞(中日新聞杯2012~2016年)の配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回あり、波乱傾向のレースといえそうです。別定戦で行われた昨年も2~3着に人気薄が入る波乱決着となっています。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 3,800円 56,390円 192,050円
2016 4,140円 52,450円 251,670円
2015 1,810円 9,580円 50,580円
2014 6,010円 17,600円 141,450円
2013 1,470円 2,920円 17,230円
2012 5,510円 6,690円 54,410円

では過去6年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去6年の1~3着馬の前走データ

金鯱賞2018
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017現行 1 6 牡5 57 ヤマカツエース 1 有馬記念(G1) 4着(0.3) 8
2 15 牡4 56 ロードヴァンドール 7 小倉大賞典(G3) 4着(0.4) 11
3 8 牡6 56 スズカデヴィアス 13 白富士ステークス(OP) 1着(-0.0) 3
2016 1 5 牡6 58 サトノノブレス 1 日経新春杯(G2) 3着(0.3) 4
2 15 牡7 55 ファントムライト 9 白富士ステークス(OP) 2着(0.0) 1
3 13 牡6 55 レコンダイト 13 アルゼンチン共和国杯(G2) 10着(1.0) 5
2015 1 1 牡6 57 ディサイファ 5 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 5着(0.4) 11
2 10 セ7 55 デウスウルト 2 中山金杯(G3) 3着(0.3) 5
3 4 牡5 55 マイネルミラノ 6 小倉大賞典(G3) 5着(0.7) 7
2014 1 17 牡5 54 マーティンボロ 10 飛鳥ステークス(1600万) 1着(0.0) 3
2 6 牝4 54 ラキシス 3 京都記念(G2) 4着(0.3) 3
3 13 牡4 56 ラブリーデイ 4 有馬記念(G1) 12着(3.2) 14
2013 1 13 牡5 55 サトノアポロ 5 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 4着(0.6) 4
2 7 牡6 55 アドマイヤタイシ 1 中山金杯(G3) 2着(0.3) 4
3 2 牡6 56 トウカイパラダイス 3 日経新春杯(G2) 3着(0.2) 4
2012 1 11 牡7 56 スマートギア 6 小倉大賞典(G3) 2着(0.0) 10
2 3 牡7 56 ダンツホウテイ 9 小倉大賞典(G3) 4着(0.1) 12
3 17 牡4 57 ダノンバラード 1 日経新春杯(G2) 2着(0.2) 3
前走重賞好走馬

過去6年の3着以内18頭中15頭が前走重賞レースに出走していますが、そのうち13頭が前走で5着以内に好走していました。

予想

金鯱賞2018は、少頭数ながら好メンバーが揃いました。サトノダイヤモンドスワーヴリチャードのほか、前走重賞優勝馬メートルダールトリオンフ、昨年の金鯱賞2017優勝馬ヤマカツエースと前哨戦としては、レベルの高いメンバーだと思います。

以下、簡単な考察と予想です。

◎⑨スワーヴリチャード

東京スポーツ杯2歳ステークス2016のときから狙い続けている馬。あっさりミルコに乗り替わりは何とも言えないですね…。ともあれ、このクラスで勝ち負けできる能力はあるはずなので、深く考えず本命で。

○⑤サトノダイヤモンド

本来ならば抜けた一番人気になるような馬ですが、海外(凱旋門賞2017)帰り初戦ということで、少し人気を落とすことになるでしょうか。凱旋門賞2017は、かなりタフな馬場だったこともあり、条件的には全く合わないレースでした。飛ぶならここというのがパターンだと思いますが、仮にここで見せ場なく負けるようであれば、大阪杯2018は厳しいかもしれないですね。

△③ブレスジャーニー

2歳時にスワーヴリチャードとダンビュライトを抑えて重賞2勝。その後、骨折休養を挟んでの3戦でした。G1では流石に壁が大きい印象でしたが、2走前のチャレンジカップでは、サトノクロニクルやモンドインテロなど骨っぽい相手に、差のない3着に好走しました。今回は、2歳時に強い競馬を見せた東京コースと同じ左回りの中京コース。オッズ的な魅力はありそうなので、押さえておいても…。

△②メートルダール

昨年の金鯱賞2017優勝馬ヤマカツエースと悩んでこちらを押さえました。ゼンノロブロイ産の牡馬に実積馬が少ないのは気になる要素ですが、前走中日新聞杯2017の勝ちっぷりに期待して…。

3連複◎-○△△-○△△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、6着、8着でした。本命◎スワーヴリチャードは、1着でした。

金鯱賞2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 9 牡4 57 スワーヴリチャード 1 有馬記念(G1) 4着(0.2) 2
2 4 牡8 56 サトノノブレス 8 凱旋門賞(G1) 16着 11
3 5 牡5 57 サトノダイヤモンド 2 凱旋門賞(G1) 15着 2

晩に録画を見ました。サトノノブレス、完全にスルーでした…。(´・ω・`;)

サトノノブレスが作る緩い流れ。最初の1000mが63.0秒でした。後ろの馬は届くのだろうか…なんて思ってみていましたが、結局サトノノブレスが逃げ粘り、実力上位2頭が来る決着となりました。サトノノブレスは中京芝2000m巧者で、過去長く狙い続けてきた馬ですが、8歳馬&海外遠征明け初戦&昨年の金鯱賞2017が11着ということもあり、スルーでした。完全にハマった2着だと思います。

押さえていたメートルダールは、無理に抑えているように見えましたが、もう一列前でも良かったのかもしれません。とはいえ、ヤマカツエースでさえ届かない流れだったので、どちらにしろ今日は展開に恵まれなかったのだと思います。仕方ないです。

ともあれ、スワーヴリチャードとサトノダイヤモンドは、ともに春のG1に向けて最高のスタートを切った感じですね。大阪杯2018に向かうのであれば、楽しみな2頭です。

深く考えない競馬