中山牝馬ステークス2018-過去10年のデータと予想

日程 2018年3月10日(土曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上牝馬
斤量 ハンデ
出走数 14頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

中山牝馬ステークス2018

牝馬限定の重賞「中山牝馬ステークス2018」です。出世レースという印象はないものの、例年牝馬限定の重賞で実績を残している馬が集まる一戦。ハンデ戦ということもあって、穴馬の好走が多いレースです。

コース形態

中山競馬場の芝1800mコース

過去10年の中山牝馬ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは6回あります。波乱傾向のレースといえそうです。阪神競馬場で開催された2011年は、1~3着まで二桁人気馬の大波乱となりました。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 2,240円 6,300円 41,260円
2016 920円 38,270円 171,860円
2015 1,410円 4,410円 20,190円
2014 800円 12,480円 33,610円25,540円
2013 4,030円 6,500円 47,930円
2012 12,780円 89,530円 626,350円
2011 40,330円 285,120円 2,446,260円
2010 5,390円 22,320円 125,120円
2009 21,930円 230,760円 1,394,370円
2008 17,730円 40,640円 266,180円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

中山牝馬ステークス2018
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 4 牝5 53 トーセンビクトリー 5 アンドロメダステークス(OP) 8着(0.4) 1
2 13 牝6 56 マジックタイム 1 ターコイズステークス(G) 1着(-0.2) 1
3 1 牝5 52 クインズミラーグロ 7 愛知杯(G3) 3着(0.4) 6
2016 1 16 牝5 54 シュンドルボン 4 愛知杯(G3) 8着(0.6) 1
2 15 牝4 56 ルージュバック 1 有馬記念(G1) 10着(0.5) 6
3 6 牝7 55 メイショウスザンナ 15 愛知杯(G3) 12着(1.1) 18
2015 1 3 牝4 54 バウンスシャッセ 3 愛知杯(G3) 8着(0.6) 6
2 8 牝6 54 アイスフォーリス 4 中山金杯(G3) 5着(0.6) 11
3 15 牝7 53 パワースポット 5 京都牝馬ステークス(G3) 3着(0.1) 8
2014 1 6 牝5 53 フーラブライド 1 日経新春杯(G2) 3着(0.2) 4
2 13 牝5 53 ケイアイエレガント 10 節分ステークス(1600万) 1着(-0.5) 10
2 14 牝5 52 キャトルフィーユ 4 愛知杯(G3) 2着(0.1) 14
2013 1 11 牝5 56 マイネイサベル 6 エリザベス女王杯(G1) 7着(0.6) 10
2 8 牝6 54 スマートシルエット 2 東京新聞杯(G3) 6着(0.7) 10
3 16 牝5 56 オールザットジャズ 1 日経新春杯(G2) 12着(1.0) 7
2012 1 12 牝5 54 レディアルバローザ 8 京都牝馬ステークス(G3) 6着(0.7) 7
2 7 牝4 53 オールザットジャズ 7 飛鳥ステークス(1600万) 1着(-0.2) 1
3 4 牝6 53 エオリアンハープ 11 白富士ステークス(OP) 6着(0.3) 4
2011阪神 1 14 牝4 53 レディアルバローザ 10 初音ステークス(1600万) 5着(0.0) 1
2 12 牝5 51 フミノイマージン 14 但馬ステークス(1600万) 6着(0.3) 7
3 4 牝4 55 コスモネモシン 13 京都牝馬ステークス(G3) 9着(0.7) 8
2010 1 3 牝6 53 ニシノブルームーン 4 愛知杯(G3) 5着(0.4) 5
2 10 牝6 54 ウェディングフジコ 8 エンプレス杯(G2) 5着(0.7) 2
3 1 牝5 54 チェレブリタ 9 京都牝馬ステークス(G3) 5着(0.3) 6
2009稍重 1 8 牝6 56.5 キストゥヘヴン 4 東京新聞杯(G3) 10着(1.3) 11
2 7 牝5 54 ピンクカメオ 15 阪急杯(G3) 15着(2.3) 13
3 12 牝6 53 ダンスオールナイト 11 初音ステークス(1600万) 1着(-0.0) 4
2008 1 9 牝6 53 ヤマニンメルベイユ 6 白富士ステークス(OP) 3着(0.0) 14
2 5 牝4 51 マイネカンナ 13 初音ステークス(1600万) 4着(0.3) 4
3 3 牝5 56.5 キストゥヘヴン 3 京都牝馬ステークス(G3) 3着(0.3) 6
斤量

過去10年の中山牝馬ステークス3着以内に入った馬を斤量別に分けると、以下のようになります。斤量54kg以下が3着以内30頭中22頭を占めます。特に斤量53~54kgが多い傾向にあります。

56.5kg 2頭 56kg 4頭 55kg 2頭
54kg 8頭 53kg 10頭 52kg 2頭
51kg 2頭
前走愛知杯

近年の中山牝馬ステークスでは好走例が多く、直近4年連続計5頭が馬券圏内に来ています。

外枠(二桁馬番)

過去10年の中山牝馬ステークス3着以内30頭中13頭を占めます。現在、直近5年連続で、7~8枠の馬が馬券圏内に好走しています。

前走馬券圏外

過去10年の中山牝馬ステークス3着以内30頭中20頭を占めます。大敗からの巻き返しも多く、前走からの勢いの有無は、あまり気にしないでも良さそうです。

予想

中山牝馬ステークス2018は、波乱必死というメンバーですね…。飛び抜けた馬は不在だと思うので、重賞実績のある有力馬もハンデ次第では、苦戦を強いられる可能性がありそうです。

前走愛知杯2018組のほかに、優勝馬候補としては、直近6年で5勝している5歳馬に注目したいです。…ともあれ、馬券は難解なものになること間違いなしですね。

以下、簡単な考察と予想です。全く当たる気がしないです…。

◎⑪ワンブレスアウェイ

ターコイズステークス2017のときから狙っている馬ですが、2戦連続で馬券に絡まず…。ターコイズステークス2017は出遅れ。前走愛知杯2018は大外枠から先行するも、最後は垂れて6着となりました。差し追い込み馬が上位を占める中、上手く粘った方だと思います。中山芝1800mは、ちょうど1年前に1600万を完勝したコース。コース相性も問題無さそうなので、三度狙ってみます。

○⑦エンジェルフェイス

全姉レディアルバローザ姉キャトルフィーユという血統。ともに古馬になってから重賞で結果を残すようになりました。特に全姉レディアルバローザは中山牝馬ステークス2011~2012を2連覇(2011年は阪神開催)した相性の良いレースでした。エンジェルフェイスの前走京都牝馬ステークス2018は、上位馬と差のない4着。直近2戦で力のあるところは見せています。穴馬扱いの今回はオッズ的な魅力がありそうなので、押さえても面白いかもしれません。

▲④マキシマムドパリ

引退レースのようですね。前走愛知杯2018は、軽量馬が上位を占める中、56kg背負っての3着。このメンバーでは、1枚上ではないでしょうか。

△⑧ゲッカコウ

2走前ディセンバーステークス2017で2着。優勝馬がマイネルハニー、3着グレーターロンドンというメンバーを考えれば、牡馬相手に強さを見せたレースだと思います。紐荒れ期待で…。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、6着、8着、11着、12着でした。本命◎ワンブレスアウェイは、11着でした。

中山牝馬ステークス2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 14 牝4 53 カワキタエンカ 6 洛陽ステークス(OP) 10着(1.1) 2
2 6 牝5 54 フロンテアクイーン 2 ターコイズステークス(G3) 2着(0.0) 3
3 10 牝5 52 レイホーロマンス 9 愛知杯(G3) 2着(0.1) 11

カスリもせず…。(´・ω・`;)

3着以下は、クビ差が続く大混戦で、もう一度走れば着順はガラッと変わりそうです。本命ワンブレスアウェイは、スタートもいまいちで前に行けず。前に行ってこそというタイプなので、スタート時点で終わった感じがしました。見せ場なく、そのまま周って来て11着でした。

インコースを通って前に行ったカワキタエンカとフロンテアクイーンがそのまま押し切ってワンツーフィニッシュ。3着は追い込んだレイホーロマンス。積極的に捕まえに行く馬がいなかったので、カワキタエンカは楽に逃げることができた感じですね。…これは難しすぎます。

深く考えない競馬