共同通信杯2018-過去10年のデータと予想

日程 2018年2月11日(日曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳
斤量 別定
出走数 12頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

共同通信杯2018

3歳クラシックに向けた一戦「共同通信杯2018」です。近年は、かなりの出世レースとなっています。過去の共同通信杯の上位馬には、ディーマジェスティ、リアルスティール、ドゥラメンテ、イスラボニータ、ゴールドシップ、ディープブリランテ、スピルバーグなど、後のG1馬が多数。昨年の優勝馬スワーヴリチャードは、日本ダービー2017 2着&有馬記念2017 4着とG1戦線で好成績を残しました。

コース形態

東京競馬場の芝1800mコース

過去10年の共同通信杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは2008年の1回のみ。大きな波乱の少ない一戦という印象ですが、直近2年連続で穴馬が連対し、馬連が高配当となっています。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 3,410円 2,260円 16,620円
2016 9,650円 10,020円 98,880円
2015 710円 2,380円 10,870円
2014 680円 740円 3,190円
2013 1,140円 16,010円 79,330円
2012 210円 640円 3,790円
2011 2,090円 5,690円 30,970円
2010 1,440円 590円 6,750円
2009 610円 5,670円 19,920円
2008 9,960円 100,520円 752,020円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

共同通信杯2018
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 1 56 スワーヴリチャード 2 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 2着(0.0) 4
2 8 56 エトルディーニュ 6 セントポーリア賞(500万) 2着(0.3) 7
3 4 56 ムーヴザワールド 1 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 3着(0.0) 1
2016稍重 1 4 56 ディーマジェスティ 6 ホープフルステークス(G2) 出走取消
2 9 56 イモータル 5 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 9着(1.0) 5
3 6 56 メートルダール 3 京成杯(G3) 3着(0.2) 2
2015 1 1 56 リアルスティール 3 新馬(阪神芝1800m) 1着(-0.6) 1
2 8 56 ドゥラメンテ 1 セントポーリア賞(500万) 1着(-0.9) 1
3 10 56 アンビシャス 4 千両賞(500万) 1着(-0.1) 1
2014 1 7 57 イスラボニータ 1 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 1着(-0.0) 2
2 2 56 ベルキャニオン 3 ホープフルステークス(OP) 2着(0.1) 1
3 5 56 サトノアラジン 2 ラジオNIKKEI杯(G3) 3着(0.3) 1
2013 1 8 56 メイケイペガスター 4 若駒ステークス(OP) 3着(0.2) 4
2 7 56 ゴットフリート 2 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 3着(0.4) 3
3 4 56 マイネルストラーノ 9 京成杯(G3) 8着(0.7) 6
2012 1 3 57 ゴールドシップ 2 ラジオNIKKEI杯(G3) 2着(0.2) 3
2 2 57 ディープブリランテ 1 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 1着(-0.5) 1
3 8 56 スピルバーグ 3 500万(東京芝2000m) 2着(0.3) 4
2011 1 2 56 ナカヤマナイト 3 ホープフルステークス(OP) 2着(0.0) 2
2 6 56 ユニバーサルバンク 6 若駒ステークス(OP) 2着(0.0) 3
3 13 56 ディープサウンド 5 ホープフルステークス(OP) 10着(1.8) 1
2010 1 6 56 ハンソデバンド 3 ジュニアカップ(OP) 1着(-0.1) 1
2 3 56 ダノンシャンティ 2 ラジオNIKKEI杯(G3) 3着(0.2) 7
3 5 56 アリゼオ 1 ホープフルステークス(OP) 1着(-0.3) 1
2009 1 5 56 ブレイクランアウト 1 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 3着(0.1) 1
2 3 56 トーセンジョーダン 2 ホープフルステークス(OP) 1着(-0.4) 1
3 9 56 トップカミング 9 シンザン記念(G3) 3着(0.3) 10
2008 1 11 56 ショウナンアルバ 6 若竹賞(500万) 1着(-0.1) 4
2 1 56 タケミカヅチ 5 シンザン記念(G3) 4着(0.4) 3
3 5 56 マイネルスターリー 11 つばき賞(500万) 5着(0.2) 4

過去10年の共同通信杯3着以内では、外枠が劣勢傾向にあります。8枠からは2頭二桁馬番では3頭のみとなっています。

前走3着以内

過去10年の共同通信杯3着以内30頭中24頭を占めます。そのうち前走4着以下だった6頭中5頭の前走がオープンクラスのレースでした。

人気

過去10年の共同通信杯3着以内30頭中28頭1~6番人気馬でした。直近4年連続で、6番人気までで決着しています。

前走新馬戦、未勝利戦

過去10年の共同通信杯3着以内では劣勢傾向にあり、2015年優勝リアルスティールのみとなっています。リアルスティールは、後に海外G1ドバイターフ2016を優勝しており、前走新馬戦&未勝利戦組は、抜けた馬が上位争いの候補になりそうです。

予想

共同通信杯2018は、例年より少し層が薄いメンバーという感じがします。如何にも有り得そうな馬が多いので、これは取捨に悩むことになりそう…。

以下、簡単な考察と予想です。

◎⑫グレイル

前走京都2歳ステークス2017は、タイムフライヤー(ホープフルステークス2017優勝)を抑えての優勝。外枠が劣勢な傾向にありますが、他に抜けた実績の馬がいるわけではないので、ここは深く考えず本命で。

○⑥オウケンムーン

約4ヶ月ぶりの出走となった前走は、鮮やかな完勝。直線抜け出してからは、他馬を寄せ付けず、余力を感じる内容でした。血統的には地味に映りますが、前走の勝ちっぷりに期待して。

▲⑩ゴーフォザサミット

前走百日草特別2017は、ギリギリで差し切っての優勝。少しズブさを感じる内容だったので、距離短縮がどうかな…という印象はあります。外目の枠も買いにくい要素ですね。一応の押さえ。

△②カフジバンガード

前走シンザン記念2017は、やや出負けして後ろからのレースとなりました。時計の掛かる馬場自体は合いそうなタイプですが、前に行った2頭(ツヅミモン、カシアス)が残るようなレースだったことを考えると、後ろから進めての敗戦は仕方ないところでしょうか。近年、好走例の多い中穴(4~6番人気程度)になりそうですし、紐荒れ期待で。

3連複◎-○▲△-○▲△ 馬連◎-○合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、4着、5着、7着でした。本命◎グレイルは、7着でした。

共同通信杯2018
着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 6 56 オウケンムーン 6 500万(中山芝2000m) 1着(-0.2) 1
2 1 56 サトノソルタス 3 新馬戦(東京芝1800m) 1着(-0.0) 1
3 4 56 エイムアンドエンド 10 京成杯(G3) 10着(1.0) 5

晩に録画を見ました。

3連単566,290円の波乱決着…。個人的には、2着サトノソルタスも3着エイムアンドエンドも全くのノーマークでした。(´・ω・`;)

例年、外枠が劣勢傾向にあるんですが、馬場が悪かったこともあって、内を上手く進めた馬が上位争いする結果となりました。対抗オウケンムーンが出てきた時は、馬連を期待したんですが…。本命グレイルが外々を周る展開。最後は手応えも無いように見えました。

比較すると、ホープフルステークス2017組のレベルが疑わしいことに…。ホープフルステークス2017優勝馬タイムフライヤーや2着ジャンダルムの次走には注目したいですね。

深く考えない競馬