京都牝馬ステークス 2016 過去10年のデータと予想

今年から芝1400mへ変更になりました。スプリントよりの馬も上位争いに加わることが予想されます。

過去10年を振り返ると、例年あまり大きくは荒れないレースでしたが、昨年は3連単280万馬券と大波乱の結果になっています。今年も穴馬には注意が必要かもしれません。

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
京都牝馬ステークス2016
年度 着順 馬番 性齢 馬名 前走
2015 1 13 牝6 ケイアイエレガント 中山金杯(G3) 13着(1.4)
2 12 牝6 ゴールデンナンバー 京成杯オータムH(G3) 除外
3 2 牝7 パワースポット 愛知杯(G3) 5着(0.3)
2014 1 14 牝4 ウリウリ 衣笠特別(1000下) 1着(-0.1)
2 3 牝6 ドナウブルー マイルCS(G1) 5着(0.6)
3 10 牝6 ノーブルジュエリー 仲秋S(1600下) 1着(-0.0)
2013 1 4 牝4 ハナズゴール リゲルS(OP) 1着(-0.2)
2 8 牝5 エーシンメンフィス 愛知杯(G3) 1着(-0.2)
3 10 牝6 ベストクルーズ 新春S(1600下) 3着(0.2)
2012 1 3 牝4 ドナウブルー 1000万下(京都芝1800m) 1着(-0.5)
2 4 牝5 ショウリュウムーン 京都金杯(G3) 4着(0.3)
3 11 牝5 アスカトップレディ 愛知杯(G3) 10着(1.0)
2011 1 5 牝4 ショウリュウムーン 京都金杯(G3) 9着(1.3)
2 8 牝5 ヒカルアマランサス 愛知杯(G3) 3着(0.2)
3 6 牝4 サングレアズール 六甲アイランドS(1600下) 1着(-0.4)
2010 1 8 牝4 ヒカルアマランサス 愛知杯(G3) 4着(0.1)
2 15 牝5 ベストロケーション 市川S(1600下) 1着(-0.2)
3 6 牝6 ザレマ 阪神C(G2) 9着(0.7)
2009 1 6 牝4 チェレブリタ 愛知杯(G3) 2着(0.0)
2 11 牝5 レインダンス 愛知杯(G3) 7着(0.4)
3 5 牝5 ザレマ ターコイズS(OP) 1着(-0.0)
2008 1 3 牝5 アドマイヤキッス 愛知杯(G3) 3着(0.1)
2 5 牝4 ザレマ 仲冬S(1600下) 5着(0.3)
3 6 牝5 キストゥヘヴン ターコイズS(OP) 13着(1.1)
2007 1 4 牝5 ディアデラノビア 香港C(G1) 7着
2 13 牝6 ウイングレット ターコイズS(OP) 2着(0.3)
3 11 牝6 アグネスラズベリ 淀短距離S(OP) 6着(0.3)
2006 1 12 牝6 マイネサマンサ 阪神牝馬S(G2) 2着(0.1)
2 4 牝6 チアフルスマイル 京都金杯(G3) 7着(0.5)
2 13 牝5 メイショウオスカル 京都金杯(G3) 11着(0.9)
前走京都金杯、前走愛知杯

2レースを合わせると、過去10年の京都牝馬ステークス3着以内30頭中12頭に及びます。ただ今年から1400mになるので、前走愛知杯というのは劣勢になるかもしれません。逆に阪神カップの馬が上位争いに加わる可能性もありそうです。

4歳馬

2008年~2014年の7年連続で3着以内に来ています。2009年~2014年の6年連続で1着になっています。。

内過ぎず、外過ぎず

過去10年の3着以内では、1枠と8枠がそれぞれ1頭ずつと極端に少ないです。2枠~7枠の馬は人気に関係なく3着以内に来ているので、「内過ぎず、外過ぎず」という枠が狙い目かもしれません。

  • 2015年3着パワースポット(1枠2番)
  • 2010年2着ベストロケーション(8枠15番)

馬券予想

「買い難い枠」に狙っていた馬が3頭とも入ってしまいました。2ウリウリ、16スナッチマインド、17レッドオーヴァルの3頭です。

2ウリウリ

57kgというのは買い難いですが、前走阪神カップ2015好走馬は面白そうです。ただ他の有力馬が、54kg~56kgで出走できるので、ここは押さえ候補でしょうか。

4ベルルミエール

穴っぽいと思っている1頭です。前々走のスワンS2015は良いところがありませんでしたが、京都芝1400mは4戦3勝と好相性です。昨年の阪神牝馬S2015は僅差の2着に来ているので、牝馬限定のここでは見直したいです。

5ウキヨノカゼ

四位ジョッキーが乗ってから、別馬のように強くなりました。休み明けですが、実績を考えれば押さえたいところです。

7ペルフィカ、8ディープジュエリー

前走ターコイズステークス2015の2頭です。ペルフィカは、前走&前々走がそれぞれ0.2秒差と0.3秒差と大きく崩れていません。京都は2勝した舞台ですし、コース相性は良いでしょう。

昨年のフィリーズレビュー2015では、今回人気しそうなクイーンズリングの2着に好走しています。1400mは合いそうです。

11ウインプリメーラ

初の1400mがどう出るかだと思います。成績を見ると1600m~1800mを中心に使っていて、昨年は2000mの重賞(マーメイドS2015と小倉記念2015)を使っています。陣営は、長めの距離の方に適性があると考えていたのかもしません。

前走京都金杯2016の相性は良いので、無視はできないところですが…。

14クイーンズリング

オークス以降、距離不安が言われている馬でした。今回、距離短縮になるのはプラスだと考えて良いと思います。

16スナッチマインド

過去、前走条件戦の馬も結構来ているので、格下というのは意識しすぎないで良さそうです。馬券圏外は僅か1回という安定感があるので、「相手なりに走る馬」と考えれば面白そうです。

買い方

◎14クイーンズリング

○4ベルルミエール

▲6ウキヨノカゼ

△11ウインプリメーラ

3連複14クイーンズリング一頭軸から、4ベルルミエールと6ウキヨノカゼと11ウインプリメーラに流します。合計3点です。

とにかく当たる気がしないレースです。データ的に劣勢の1枠と8枠を消しましたが、勝ち負けしてもおかしくない馬が多いです。今回のメンバーは、ほぼ全頭が3着以内でも不思議ではないと思います。

結果

馬券的には、1着、3着、6着、15着でした。

本命◎クイーンズリングは1着でした。

京都牝馬ステークス2016
着順 馬番 性齢 馬名 前走
1 14 牝4 クイーンズリング エリザベス女王杯(G1) 8着(0.3)
2 10 牝5 マジックタイム 節分S(1600下) 1着(-0.0)
3 11 牝6 ウインプリメーラ 京都金杯(G3) 1着(-0.1)

惜しかったです。馬場の内側は、泥んこ状態で内を通った馬が厳しいように見えました。データ的には、例外と言っていい馬場だと思います。

クイーンズリングは、距離が短くなったここがベストに思えました。良い脚で伸びてきました。今後ヴィクトリアマイル2016を目指すなら面白いと思います。ウインプリメーラは、内心厳しいかな…と思っていましたが、3着に好走しました。ベルルミエールは、出遅れが痛かったです。結構自信があったんですが…全く当てにならずという結果でした。

1~3着馬の次走情報