京都新聞杯 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年5月7日(土曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝2200m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳
斤量 馬齢(牡・せん56kg、牝54kg)
出走数 14頭
天気 晴れ参考 京都競馬場 – Yahoo!天気・災害

以前は、日本ダービーに直結しないレースでしたが、近年は日本ダービーで馬券圏内に入る馬を輩出しています。

  • 2015年 サトノラーゼン 日本ダービー 2着
  • 2013年 キズナ 日本ダービー 1着
  • 2012年 トーセンホマレボシ 日本ダービー 3着

3頭ともディープインパクト産です。ちなみに2014年の勝ち馬ハギノハイブリッドは、タニノギムレット産でした。もしも京都新聞杯2016の勝ち馬がディープインパクト産だった場合、その馬を日本ダービーで押さえても面白そうです。

過去10年では、穴馬が来るもののあまり荒れていません。過去10年の配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回です。この荒れた3回でも3連単10万円台なので、大波乱は起きにくいレースといえそうです。

  • 2011年 113,100円
  • 2007年 133,420円
  • 2006年 133,600円

では今回も過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
京都新聞杯2016
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2015 1 4 サトノラーゼン 2 はなみずき賞(500万) 1着(-0.3)
2 2 ポルトドートウィユ 1 若葉S(OP) 4着(0.3)
3 15 アルバートドック 6 毎日杯(G3) 4着(0.1)
2014 1 3 ハギノハイブリッド 3 新緑賞(500万) 1着(-0.5)
2 11 サウンズオブアース 8 はなみずき賞(500万) 1着(-0.0)
3 5 ガリバルディ 5 500万(阪神芝1600m) 2着(0.2)
2013 1 5 キズナ 1 毎日杯(G3) 1着(-0.5)
2 8 ペプチドアマゾン 9 あずさ賞(500万) 1着(-0.4)
3 12 ジャイアントリープ 11 山桜賞(500万) 2着(0.3)
2012 1 2 トーセンホマレボシ 5 大寒桜賞(500万) 1着(-0.1)
2 10 ベールドインパクト 2 皐月賞(G1) 7着(0.8)
3 6 エキストラエンド 1 弥生賞(G2) 5着(0.4)
2011 1 5 クレスコグランド 3 ムーニーバレーRC賞(500万) 1着(-0.0)
2 11 ユニバーサルバンク 2 若葉S(OP) 4着(0.6)
3 10 サウンドバスター 10 フリージア賞(500万) 1着(-0.0)
2010 1 11 ゲシュタルト 3 皐月賞(G1) 7着(0.5)
2 8 コスモファントム 2 ラジオNIKKEI杯(G3) 2着(0.0)
3 1 レーヴドリアン 1 皐月賞(G1) 9着(0.6)
2009 1 8 ベストメンバー 1 皐月賞(G1) 5着(0.9)
2 5 デルフォイ 3 ムーニーバレーRC賞(500万) 1着(-0.7)
3 6 ロードロックスター 4 はなみずき賞(500万) 1着(-0.2)
2008稍重 1 11 メイショウクオリア 2 ムーニーバレーRC賞(500万) 1着(-0.2)
2 5 ロードアリエス 9 はなみずき賞(500万) 3着(0.6)
3 4 マイネルローゼン 6 未勝利(阪神芝2200m) 1着(-0.0)
2007 1 2 タスカータソルテ 2 毎日杯(G3) 8着(0.7)
2 5 ローズプレステージ 8 ひめさゆり賞(500万) 6着(1.8)
3 10 サンライズベガ 9 未勝利(京都芝2000m) 1着(-0.0)
2006 1 5 トーホウアラン 3 スプリングS(G2) 10着(1.1)
2 1 アペリティフ 6 500万(阪神芝2500m) 1着(-0.1)
3 2 マイネルポライト 5 毎日杯(G3) 5着(0.5
①内枠

外枠が劣勢です。7~8枠だった馬は、過去10年の京都新聞杯3着以内の30頭中2頭のみです。

  • 2013年3着アルバートドック(8枠)
  • 2012年2着ベールドインパクト(7枠)
②前走500万勝ち

2007年と2010年を除いて、例年前走500万勝ちの馬が連対しています。

馬券予想

良いメンバーが揃ったのではないでしょうか。傾向から、直近4年の3着以内12頭中8頭に及ぶディープインパクト産には注意が必要です。

以下、簡単な考察と予想です。

②スマートオーディン

2枠は近4年で3勝しています。毎日杯2016と共同通信杯2016で◎評価、東スポ杯2歳S2015では○評価でした。今回、勝ってくださいと言わんばかりの良い枠に入りました。

皐月賞2016ではなく、あえて京都新聞杯2016を選んだぐらいですから、ここでは勝ち負け争いするつもりで出走すると思っています。戦ってきた相手を見ると、強いのかどうか疑いたくなりますが、前走毎日杯2016は余裕のある強い勝ち方でした。レース後、戸崎ジョッキーは「折り合いも問題なかった」と話していたので、相性も良さそうです。

⑦エルプシャフト

母がビワハイジで、近親にはブエナビスタなどG1で活躍した馬が多いです。厩舎、馬主、生産者、血統を見ると、押さえるべき馬という感じがします。一戦一勝というのは、過去データからは買い難いですが、強すぎる馬だと仮定すればデータは無視してもいいでしょう。一応、押さえておきたい馬です。

⑨ロイカバード

ディープインパクト産、キャリア4戦すべて京都、前走きさらぎ賞2016 3着…と押さえておいたほうが無難という条件が揃っています。勝てなかった2戦は、ともに勝ち馬がサトノダイヤモンドです。今回のメンバーなら、上位争いの1頭だと思います。

難点を挙げるとすれば、キャリア4戦すべて少頭数のレースだったことでしょうか。揉まれるとダメな馬もいるので、14頭立てが悪い方向に出なければいいですが…。

⑩ゼンノタヂカラオ

過去10年では、よく前走500万勝ちの馬が連対しているレースです。今年の候補は、この馬だけなので押さえておきたい馬です。

前走2着のロードヴァンドールは、福寿草特別2016でロイカバードと接戦を演じた馬です。相手なりに走る馬だと考えれば、十分馬券圏内の候補ではないでしょうか。

買い方

◎②スマートオーディン

○⑩ゼンノタヂカラオ

▲⑨ロイカバード

△⑦エルプシャフト

本命は、②スマートオーディンにしました。枠もいいですし、前走毎日杯2016 1着もいいと思います。その他、前走500万勝ちの⑩ゼンノタヂカラオ、京都実績&ディープインパクト産の⑨ロイカバードを押さえました。

⑦エルプシャフトは、1戦1勝馬で買い難いですが、血統的な魅力で、一応押さえておきました。無印では、⑬ブラックスピネルも強そうなので気になります。

3連複◎ – ○▲△ – ○▲△ 計3点

3連単◎ → ○ → ▲ 計1点

合計4点

3連単は、スマートオーディンが勝つ想定で、1点だけ押さえました。よく前走500万勝ちの馬が連対するレースなのでゼンノタヂカラオを2着付、3着にこのレースと相性がいいディープインパクト産ロイカバードという組み合わせにしました。

結果

馬券的には、1着、3着、5着、8着でした。

本命◎スマートオーディンは1着でした。

京都新聞杯2016
着順 馬番 馬名 前走
1 2 スマートオーディン 毎日杯(G3) 1着(-0.2)
2 11 アグネスフォルテ はなみずき賞(500万) 6着(0.5)
3 9 ロイカバード きさらぎ賞(G3) 3着(0.6)

スマートオーディンはかなり強かったです。戸崎ジョッキーが乗ってから、まだ底を見せてないような余裕のある勝ち方が続いています。過去データ的には、近年、京都新聞杯から日本ダービーで馬券になった馬は、全てディープインパクト産です。スマートオーディンがここに割って入ることが出来るのかどうか注目したいですね。

離れた最後方という競馬になったエルプシャフトは、横山典弘ジョッキーっぽいですね。2~3歳時のブエナビスタも後方から追い込みで強い競馬をしてきた馬なので、血統からは、同じような競馬もありえなくはないですが…。

2着のアグネスフォルテは完全に盲点でした。500万勝ちの馬が連対し続けているレースですが、今年は500万で負けていた馬が2着に来ました。来年以降は、前走500万の馬を連対候補として狙っても面白いかもしれません。

1~3着馬の次走情報
  • 1着スマートオーディン、2着アグネスフォルテは、日本ダービー2016に向かいました。