NHKマイルカップ 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年5月8日(日曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け GⅠ
条件 サラ系3歳
斤量 定量(牡馬57kg、牝馬55kg)
出走数 18頭
天気 晴れ参考 東京競馬場 – Yahoo!天気・災害

過去10年の傾向を見ると、結構な頻度で荒れています。二桁人気馬の好走も多く、上位人気が総崩れという年もあり、難解なレースといえます。

過去10年の配当を見ると、3連単10万馬券超えは7回に及びます。

  • 2014年    684,020円
  • 2013年    1,235,600円
  • 2012年    262,580円
  • 2009年    2,381,660円
  • 2008年    116,880円
  • 2007年    9,739,870円
  • 2006年    201,600円

そのうち100万馬券超えが3回に及び、2007年は970万馬券という大波乱の結果になっています。100円玉が970万円になる世界です。

では今回も過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
NHKマイルカップ2016
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2015 1 7 クラリティスカイ 3 皐月賞(G1) 5着(0.7)
2 9 アルビアーノ(牝) 4 フラワーC(G3) 1着(-0.2)
3 12 ミュゼスルタン 2 スプリングS(G2) 7着(0.5)
2014 1 10 ミッキーアイル 1 アーリントンC(G3) 1着(-0.6)
2 2 タガノブルグ 17 橘S(OP) 1着(-0.0)
3 1 キングズオブザサン 12 皐月賞(G1) 15着(1.2)
2013 1 8 マイネルホウオウ 10 ニュージーランドT(G2) 7着(0.5)
2 17 インパルスヒーロー 6 ファルコンS(G3) 1着(-0.1)
3 12 フラムドグロワール 8 京成杯(G3) 10着(1.0)
2012 1 5 カレンブラックヒル 1 ニュージーランドT(G2) 1着(-0.4)
2 17 アルフレード 3 スプリングS(G2) 12着(2.1)
3 12 クラレント 15 弥生賞(G2) 12着(0.8)
2011 1 13 グランプリボス 1 ニュージーランドT(G2) 3着(0.2)
2 17 コティリオン 2 毎日杯(G3) 2着(0.0)
3 1 リアルインパクト 4 ニュージーランドT(G2) 11着(0.5)
2010 1 13 ダノンシャンティ 1 毎日杯(G3) 1着(-0.2)
2 1 ダイワバーバリアン 5 ニュージーランドT(G2) 2着(0.3)
3 3 リルダヴァル 3 皐月賞(G1) 6着(0.4)
2009 1 3 ジョーカプチーノ 10 ニュージーランドT(G2) 3着(0.3)
2 13 レッドスパーダ 5 スプリングS(G2) 2着(0.1)
3 10 グランプリエンゼル(牝) 13 橘S(OP) 1着(-0.1)
2008稍重 1 9 ディープスカイ 1 毎日杯(G3) 1着(-0.4)
2 5 ブラックシェル 3 皐月賞(G1) 6着(0.5)
3 14 ダノンゴーゴー 14 ニュージーランドT(G2) 7着(0.4)
2007稍重 1 14 ピンクカメオ(牝) 17 桜花賞(G1) 14着(2.1)
2 10 ローレルゲレイロ 1 皐月賞(G1) 6着(0.3)
3 18 ムラマサノヨートー 18 ニュージーランドT(G2) 14着(0.9)
2006 1 6 ロジック 3 ニュージーランドT(G2) 3着(0.2)
2 2 ファイングレイン 9 ニュージーランドT(G2) 2着(0.1)
3 15 キンシャサノキセキ 6 マーガレットS(OP) 4着(0.5
①牝馬

牝馬は劣勢という印象のレースで、来るとすれば大穴の牝馬だと思っていましたが、昨年人気を集めたアルビアーノが2着に好走しました。大波乱想定の場合は、人気の牝馬を消しても面白そうです。

②前走ニュージーランドトロフィー

NHKマイルカップは、ニュージーランドトロフィーで負けた馬を狙うのがセオリーでしたが、直近2年では前走ニュージーランドトロフィーの馬が来ていません。

なお、ニュージーランドトロフィー優勝馬から、馬券圏内に来たのは2012年のカレンブラックヒルだけです。

③前走重賞勝ち

直近4年連続で、前走重賞勝ちの馬が馬券圏内に来ています。今年の候補は少ないので、押さえておいた方がいいかもしれません。

馬券予想

出走馬表を見た印象ですが、これは当たる気がしません。大きな力差を感じないメンバーですし、消せそうな馬が数頭しかいません。3着以内と考えた場合、殆ど全頭がありえそうです。

以下、簡単な考察と予想です。

④メジャーエンブレム

最有力馬でしょうか。クイーンカップ2016が圧巻のレースだったので、牡馬相手でも能力さえ出し切れたら、当然に勝ち負け争いしそうです。

過去10年で馬券圏内に来た牝馬は3頭いますが、3頭とも3勝の実績がありました。今年の牝馬では、メジャーエンブレムが3勝しているので、データ上は唯一の候補だと思います。

⑤ロードクエスト

過去10年のNHKマイルカップ3着以内に、前走皐月賞という馬は5頭います。「買い」のローテと言えそうです。

この馬が最も強いレースをしたのは、新潟2歳S2015でしょうか。その後、マイルより長い距離を使って勝ち切れないレースが続きました。東京マイルは、デビュー戦で勝った舞台ですし、マイルに戻るここは狙い目かもしれません。

⑦トウショウドラフタ

優勝した前走ファルコンステークス2016では本命馬でした。2走前のクロッカスステークス2016もとても強い内容で、芝1400m戦3連勝という結果を残しています。

過去のNHKマイルカップでは、マイル実績のない馬でも結構来ていまし、田辺ジョッキーが乗って3戦連続で上がり最速の3連勝と勢いがあるので、伏兵のここでも面白い1頭ではないでしょうか。

過去データからは、直近4年連続で前走重賞勝ち馬が馬券圏内に来ているので、データ的にも面白そうです。

⑧イモータル、⑭ブレイブスマッシュ

昨年秋のサウジアラビアRC2015の1~2着馬です。3点で馬連と3連単を的中した縁起の良いレースなので、同舞台のここでもう一度狙ってみようと思います。

ブレイブスマッシュは、距離を短縮した前走ファルコンステークス2016が良いレースでした。2~3走前の2000mが長かったと考えれば、距離適性のあるここでは面白そうです。

イモータルは、前走共同通信杯2016がディーマジェスティ(皐月賞2016 1着)相手に2着ですから、ここでも能力は上位だと思います。

買い方

過去データを無視することになりますが、土曜の東京芝レースが前残りばかりでしたので、今回は前残り想定で予想したいと思います。

◎④メジャーエンブレム

○⑧イモータル

▲⑨シャドウアプローチ

△⑬シゲルノコギリザメ

4頭に印を付けましたが、4頭とも逃げ先行が出来そうな馬を選びました。

本命は④メジャーエンブレムに変更しましたが、ボックス買いを想定しているので、便宜上の本命です。

3連複4頭BOX ◎○▲△

合計4点

3連複ボックス買いで狙ってみます。シャドウアプローチとシゲルノコギリザメは人気薄ですし、自信も全くありません。

結果

馬券的には、1着、10着、11着、18着でした。

本命◎メジャーエンブレムは1着でした。

NHKマイルカップ2016
着順 馬番 性齢 馬名 前走
1 4 牝3 メジャーエンブレム 桜花賞(G1) 4着(0.4)
2 5 牡3 ロードクエスト 皐月賞(G1) 8着(1.2)
3 18 牡3 レインボーライン ニュージーランドトロフィー(G2) 5着(0.1)

速い流れになって、メジャーエンブレムに付いて先行した馬は潰れてしまった印象です。メジャーエンブレムが強すぎたと思います。「速い流れに乗って、そのまま押し切るのが得意」ということを言っていたので、メジャーエンブレムの勝ちパターンとも言えます。

3着のレインボーラインは、NHKマイルカップで度々好走している「前走ニュージーランドトロフィー2016で負けていた馬」でした。やはり中山で強い競馬をした馬よりは、そうでもなかった馬の方が東京では狙えますね。ニュージーランドトロフィー2016で強い競馬をしたストーミーシーを穴馬で挙げてる記者が多かったですが…。

レインボーラインは、福永ジョッキーがかなり上手く乗った印象でした。復帰後の高松宮記念2016(ビッグアーサー)以降、かなり好調です。G1で5戦中4回も馬券に絡んでいます。

次走情報