毎日杯2018 過去10年のデータと予想

日程 2018年3月24日(土曜日)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳
斤量 別定
出走数 10頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

毎日杯2018

春の3歳G1戦線に向けた一戦「毎日杯2018」です。過去の上位馬を見ると、後のG1馬のほか、古馬になってからも重賞戦線で活躍する馬が多く、出世レースという印象のレースです。昨年の優勝馬アルアインは皐月賞2017優勝、3着キセキは菊花賞2017を優勝しており、今年の上位馬も3歳クラシックで注目したいですね。

コース形態

阪神競馬場の芝1800mコース

過去10年の毎日杯の配当を見ると、近年は、硬い決着が続いています。穴馬が1頭ほど馬券に絡むことが多いものの、人気馬が大きく崩れない傾向にあります。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 370円 1,990円 14,420円
2016 600円 660円 2,410円
2015 5,690円 6,280円 50,680円
2014 2,430円 6,050円 40,230円
2013 1,760円 4,020円 14,510円
2012 890円 3,140円 10,350円
2011 2,020円 1,100円 10,510円
2010 2,270円 2,850円 16,440円
2009 12,300円 18,690円 115,030円
2008 1,620円 38,880円 233,880円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

毎日杯2018
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 3 56 アルアイン 2 シンザン記念(G3) 6着(0.8) 2
2 1 56 サトノアーサー 1 きさらぎ賞(G3) 2着(0.3) 1
3 6 56 キセキ 7 すみれステークス(OP) 3着(0.9) 1
2016 1 10 57 スマートオーディン 1 共同通信杯(G3) 6着(1.3) 2
2 2 56 アーバンキッド 4 アーリントンカップ(G3) 5着(0.0) 1
3 5 56 タイセイサミット 2 弥生賞(G2) 4着(1.2) 4
2015 1 9 56 ミュゼエイリアン 7 共同通信杯(G3) 4着(0.5) 8
2 8 56 ダノンリバティ 3 つばき賞(500万) 2着(0.1) 2
3 15 56 アンビシャス 1 共同通信杯(G3) 3着(0.3) 4
2014 1 1 56 マイネルフロスト 5 共同通信杯(G3) 4着(0.5) 7
2 2 56 エイシンブルズアイ 3 アーリントンカップ(G3) 7着(1.4) 2
3 14 56 ステファノス 4 つばき賞(500万) 1着(-0.1) 3
2013 1 6 56 キズナ 1 弥生賞(G2) 5着(0.1) 3
2 5 56 ガイヤースヴェルト 6 500万(東京ダ1600m) 2着(0.0) 1
3 4 56 バッドボーイ 3 弥生賞(G2) 10着(0.9) 9
2012 1 6 56 ヒストリカル 1 きさらぎ賞(G3) 2着(0.2) 4
2 11 56 マウントシャスタ 3 アルメリア賞(500万) 1着(-0.0) 1
3 4 56 スピルバーグ 7 500万(中山芝2000m) 4着(0.7) 1
2011 1 6 57 レッドデイヴィス 2 シンザン記念(G3) 1着(-0.2) 7
2 3 56 コティリオン 4 きさらぎ賞(G3) 6着(0.7) 4
3 14 56 トーセンレーヴ 1 アルメリア賞(500万) 1着(-0.2) 1
2010 1 4 56 ダノンシャンティ 3 共同通信杯(G3) 2着(0.0) 2
2 7 56 ミッキードリーム 5 つばき賞(500万) 1着(-0.2) 2
3 9 56 リルダヴァル 2 野路菊ステークス(OP) 1着(-0.4) 1
2009 1 14 56 アイアンルック 1 アーリントンカップ(G3) 4着(0.2) 1
2 12 56 ゴールデンチケット 12 ベストホイップ特別(船橋ダ1600m) 1着(-1.0) 1
3 11 56 アプレザンレーヴ 2 500万(東京芝2000m) 1着(-0.5) 1
2008 1 2 56 ディープスカイ 6 アーリントンカップ(G3) 3着(0.3) 10
2 4 56 アドマイヤコマンド 1 新馬(阪神芝1800m) 1着(-1.2) 3
3 6 56 ミダースタッチ 11 未勝利(阪神ダ1800m) 1着(-0.1) 2
前走重賞

過去10年の毎日杯3着以内30頭中17頭を占めます。毎年、1頭以上が3着以内に好走しています。

【追記】前走重賞だったファストアプローチが回避したため、今年は前走重賞出走馬がいません。

前走500万クラス

過去10年の毎日杯3着以内30頭中8頭を占めます。そのうち7頭前走のレースで連対していました。前走連対していなかった2012年3着スピルバーグは、2走前に共同通信杯で3着の実績がありました。

人気

過去10年の毎日杯では、1番人気(4-2-2-2)の好走例が多く、3着以内では、1番人気+2~3番人気+穴馬という決着の年が多いです。

関東馬

直近6年の毎日杯では、毎年1頭の関東馬が3着以内に好走しています。(昨年は、関東馬の出走なし。)3着以内に来た5頭すべてが穴馬(4~7番人気)でした。

予想

毎日杯2018は、例年と比べると、やや混戦という印象です。軸候補すら悩ましい一線になりそうですね。過去の傾向通りであれば、人気馬(1~3番人気)に期待したいところですが…。(´・ω・`;)

以下、簡単な考察と予想です。

◎①ブラストワンピース

前走ゆりかもめ賞2018は、直線で内を抜け出して、2着に4馬身差を付ける楽勝でした。時計自体は平凡なため、評価が難しいところだと思いますが、過去上位人気馬の成績が良いレースなので、ここでも期待したいですね。深く考えず本命。

○⑤ギベオン

前走フリージア賞2018は、ややスタートが悪く、後方からの競馬。それでも直線は、きっちり差し切る強い内容。2~3着と小差ながら、まだ余力を感じさせる優勝でした。フリージア賞2着マイネルファンロンは、その後、スプリングステークス2018で3着に好走しています。

▲④シャルドネゴールド

キャリア4戦すべて別の競馬場で好走しているのは、強さを感じさせますね。相手なりに走るタイプという印象です。2走前葉牡丹賞2017では、優勝馬ジェネラーレウーノと時計差の無い2着に敗れましたが、ジェネラーレウーノは、その後京成杯2018を優勝しています。

△⑦ユーキャンスマイル

前走つばき賞2018 1着。直線ふらふらしながらも、きっちり差し切りました。このメンバーに入ると、どうかな…という印象はあるものの、武豊ジョッキーに期待して、適当に押さえました。

3連複◎-○-▲△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、6着、7着でした。本命◎ブラストワンピースは、1着でした。

毎日杯2018
着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 56 ブラストワンピース 1 ゆりかもめ賞(500万) 1着(-0.7) 2
2 5 56 ギベオン 2 フリージア賞(500万) 1着(-0.1) 1
3 3 56 インディチャンプ 3 500万(京都芝1600m) 1着(-0.2) 2

インディチャンプ買えず…。(´・ω・`;)

過去10年では、人気3頭で決まったことが無くインディチャンプを軽視してしまいました。4~5番人気ぐらいであれば、ユーキャンスマイルではなくインディチャンプを押さえていたんですが…。

それにしてもブラストワンピースは強かったです。前走に続いて大物感のある勝ちっぷり。前走とは違って、先行して押し切る内容でした。皐月賞2018には向かわず…ということらしいですが、ダノンプレミアムとワグネリアンとは未対決のままとなると、日本ダービー2018は、馬券の取捨に悩むことになりそうですね。