日経賞2018 過去10年のデータと予想

日程 2018年3月24日(土曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝2500m
格付け GⅡ
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 15頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

日経賞2018

G1天皇賞春2018に向けた一戦「日経賞2018」です。日経賞組の好走例は多く、天皇賞春2018を占う上でも重要な一戦になりそうです。

コース形態

中山競馬場の芝2500mコース

過去10年の日経賞の配当を見ると、2008年、2011年、2016年の過去3回上位人気馬決着となっています。大きな波乱は少ない傾向にありますが、穴馬の好走例自体は多いため、馬連&3連複ともに高配当となることが多いです。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 6,370円 32,630円 167,310円
2016 370円 530円 2,170円
2015 2,190円 8,900円 37,310円
2014 5,920円 11,320円 60,560円
2013 4,080円 11,320円 48,630円
2012 48,480円 19,480円 457,140円
2011 300円 220円 930円
2010 2,810円 12,750円 78,380円
2009 5,370円 10,570円 68,310円
2008 630円 630円 2,650円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

日経賞2018
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 13 牡4 55 シャケトラ 4 日経新春杯(G2) 2着(0.0) 2
2 11 牡4 55 ミライヘノツバサ 7 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 3着(0.3) 3
3 10 牡6 56 アドマイヤデウス 6 有馬記念(G1) 11着(1.0) 9
2016 1 9 牡5 58 ゴールドアクター 2 有馬記念(G1) 1着(-0.0) 8
2 4 牡5 56 サウンズオブアース 1 有馬記念(G1) 2着(0.0) 5
3 2 牝5 55 マリアライト 4 有馬記念(G1) 4着(0.1) 12
2015 1 6 牡4 56 アドマイヤデウス 4 日経新春杯(G2) 1着(-0.1) 6
2 3 牡7 57 ウインバリアシオン 5 有馬記念(G1) 12着(0.6) 10
3 4 牡7 56 ホッコーブレーヴ 6 ステイヤーズステークス(G2) 5着(0.7) 2
2014 1 10 牡6 56 ウインバリアシオン 1 有馬記念(G1) 2着(1.3) 4
2 11 牡6 56 ホッコーブレーヴ 10 ジャパンカップ(G1) 12着(0.6) 16
3 2 牡4 55 ラストインパクト 3 小倉大賞典(G3) 1着(-0.4) 1
2013 1 14 牡4 56 フェノーメノ 1 ジャパンカップ(G1) 5着(0.8) 4
2 1 牡4 56 カポーティスター 9 京都記念(G2) 6着(1.1) 4
3 12 牡5 56 ムスカテール 7 日経新春杯(G2) 2着(0.1) 1
2012 1 8 牡6 56 ネコパンチ 12 ダイヤモンドステークス(G3) 15着(2.1) 14
2 7 牡4 56 ウインバリアシオン 2 京都記念(G2) 6着(1.0) 2
3 13 牡5 57 ルーラーシップ 1 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 1着(-0.5) 1
2011阪神 1 1 牡4 58 トゥザグローリー 1 京都記念(G2) 1着(-0.1) 1
2 5 牡4 58 ペルーサ 2 有馬記念(G1) 4着(0.1) 3
3 9 牡4 59 ローズキングダム 3 日経新春杯(G2) 3着(0.3) 1
2010稍重 1 6 牡7 59 マイネルキッツ 6 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 4着(0.7) 4
2 8 牡9 57 エアシェイディ 4 有馬記念(G1) 3着(0.8) 11
3 13 牡6 58 トーセンクラウン 7 中山記念(G2) 1着(-0.8) 13
2009 1 1 牡5 57 アルナスライン 4 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 6着(0.6) 3
2 7 牡6 57 マイネルキッツ 7 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 4着(0.5) 9
3 12 牡4 56 モンテクリスエス 3 ダイヤモンドステークス(G3) 1着(-0.2) 2
2008 1 9 牡5 59 マツリダゴッホ 1 有馬記念(G1) 1着(-0.2) 9
2 1 牡7 57 トウショウナイト 3 京都記念(G2) 5着(0.2) 6
3 5 牡7 58 アドマイヤモナーク 2 ダイヤモンドステークス(G3) 1着(-0.4) 1
前走年明け後の重賞

過去10年の日経賞3着以内30頭中19頭を占めます。そのうち2012年の優勝馬ネコパンチを除く18頭前走の重賞で6着以内に好走していました。

前走G1

過去10年の日経賞3着以内30頭中11頭を占めます。

二桁人気馬

過去10年の日経賞では、2頭(2014年2着ホッコーブレーヴ、2012年優勝ネコパンチ)が3着以内に好走しています。大穴の好走が少ない傾向にあります。

予想

日経賞2018は、前哨戦としては好メンバーが揃ったと思います。ざっと見た感じでは、5~6頭が上位争いの候補になりそう…。波乱がなければ、人気馬を中心に馬券を考えたいレースになりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。海外帰り初戦の人気馬(トーセンバジルとキセキ)のどちらかが飛ぶ予想です。(´・ω・`;)

◎⑪サクラアンプルール

有馬記念2017から狙っている馬ですが…、前走に続いて本命です。昨年の有馬記念2017は。直線で絶好の手応えに見えたところで、大きな不利を受けての急ブレーキ。そのまま流していたので、16着は完全に度外視しても良いと思います。実績から中山巧者という印象で、年明け後の中山重賞で一度ぐらい馬券圏内があっても…。

○⑫ガンコ

過去10年では、前走1600万クラスの馬が1頭も3着以内に来ていません。データ傾向からは狙いにくい1頭でしょうか。前走松籟ステークス2018は、直線で2着アドマイヤロブソンを楽に交わしての優勝。2着以下を突き放した勝ちっぷりの良さと今の勢いなら。

▲⑭キセキ

神戸新聞杯2017(レイデオロ)~菊花賞2017(クリンチャー)と戦ってきた相手を見れば、ここでは勝ち負け候補の1頭でしょうか。ただ今回は、海外帰り初戦。さらに外枠に加え、追い込み一辺倒というタイプのため、前残り決着になると、取りこぼしも…。

△⑦トーセンバジル

2走前の京都大賞典2017が先行して粘る競馬。従来、後ろで脚を貯めるタイプでしたが、違う競馬を見せての好走でした。その後の香港ヴァーズ2017も中団から差して3着に好走しており、かなり力を付けてきている印象ですね。キセキ同様、海外帰り初戦ということで、やや評価は下げましたが、如何にも上位争いしそうな1頭です。

3連複◎-○-▲△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、5着、9着でした。本命◎サクラアンプルールは、3着でした。

日経賞2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 12 牡5 56 ガンコ 3 松籟ステークス(1600万) 1着(-0.6) 2
2 3 牡4 55 チェスナットコート 7 早春ステークス(1600万) 1着(-0.1) 3
3 11 牡7 57 サクラアンプルール 6 中山記念(G2) 4着(0.2) 4

まさかトーセンバジルとキセキの両方が飛ぶとは…。(´・ω・`;)

トーセンバジルは最後伸びてきていたものの、伸びきれず。外からサクラアンプルールも良い脚で伸びてきていたので、僅かの間だけ当たったかも!?と思ってしまいました。

キセキに騎乗のルメール騎手は、何がしたかったのかよく分からなかったですね。勝利ジョッキーインタビューで藤岡ジョッキーが「(キセキは)オーバーペース気味で行ったので、深追いせず」ということを言っていました。最後は垂れると確信できるものがあったのかもしれません。

ともあれ、トーセンバジルとキセキともに飛んでしまうと、馬券的にはお手上げでしょうか。