中山金杯 2016 過去10年のデータと予想

2016年最初の重賞です。

2006年は荒れましたが、近年はあまり荒れていないレースです。近年は、単勝20倍以上の穴馬は馬券圏内に来ていません。一方、2006年~2011年は、単勝20倍以上の穴馬が毎年1頭ずつ馬券に絡んでいるので、紐に1~2頭ほど穴馬を加えるのも面白いかもしれません。

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
中山金杯2016
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 前走
2015 1 2 牡5 57 ラブリーデイ 金鯱賞(G2) 4着(0.5)
2 4 牡5 58 ロゴタイプ マイルCS(G1) 7着(0.5)
3 5 セ7 55 デウスウルト チャレンジC(G3) 2着(0.0)
2014 1 3 牡6 57.5 オーシャンブルー 金鯱賞(G2) 10着(1.6)
2 4 牡6 54 カルドブレッサ チャレンジC(G3) 5着(0.3)
3 8 牡5 55 ディサイファ 福島記念(G3) 4着(0.1)
2013 1 6 牡7 57 タッチミーノット 毎日王冠(G2) 3着(0.1)
2 11 牡6 55 アドマイヤタイシ チャレンジC(G3) 2着(0.0)
3 9 牡4 56.5 ジャスタウェイ 天皇賞秋(G1) 6着(0.5)
2012 1 12 牡5 55 フェデラリスト 東京ウェルカムP(1600下) 1着(-0.5)
2 11 牡5 56 ダイワファルコン ディセンバーS(OP) 9着(0.7)
3 6 牡5 57.5 コスモファントム 中日新聞杯(G3) 1着(-0.0)
2011 1 4 牡4 56 コスモファントム 中日新聞杯(G3) 2着(0.3)
2 3 牡6 55 キョウエイストーム マイルCS(G1) 14着(0.7)
3 12 牡5 56 ナリタクリスタル 新潟記念(G3) 1着(-0.0)
2010 1 4 牡7 57 アクシオン 鳴尾記念(G3) 1着(-0.2)
2 12 牡7 56 トウショウシロッコ ディセンバーS(OP) 5着(0.2)
3 9 牡5 54 トウショウウェイヴ 中日新聞杯(G3) 11着(1.9)
2009 1 1 牡7 58 アドマイヤフジ ジャパンカップダート(G1) 14着(3.1)
2 10 牡4 56 ヤマニンキングリー 中日新聞杯(G3) 1着(-0.0)
3 12 牡6 55 ミヤビランベリ 新潟記念(G3) 9着(1.2)
2008 1 13 牡6 57.5 アドマイヤフジ 鳴尾記念(G3) 3着(0.1)
2 15 牡7 57 エアシェイディ キャピタルS(OP) 2着(0.1)
3 3 牡4 54 メイショウレガーロ セントライト記念(G2) 14着(1.7)
2007 1 9 牡5 53 シャドウゲイト 香取特別(1000下) 1着(-1.1)
2 8 セ9 57.5 アサカディフィート 鳴尾記念(G3) 6着(0.8)
3 12 牡6 55 ブラックタイド ディセンバーS(OP) 3着(0.2)
2006 1 4 牡6 57 ヴィータローザ 京阪杯(G3) 9着(1.0)
2 12 セ8 57 アサカディフィート 鳴尾記念(G3) 5着(0.4)
3 8 牡8 56 カナハラドラゴン 中日新聞杯(G3) 3着(0.3)
前走オープンクラス

過去10年30頭中28頭が前走オープンクラスです。例外は以下2頭です。

  • 2012年1着フェデラリスト(東京ウェルカムプレミアム(1600下) 1着)
  • 2007年1着シャドウゲイト(香取特別(1000下) 1着)

2頭とも、前走で圧勝している馬でした。前走が条件戦だった馬を選ぶ場合は、強い勝ち方だった馬に限定してもいいかもしれません。基本は、前走がオープンクラスのレースだった馬が候補だと思います。

前走が12月の重賞の馬

チャレンジカップ(鳴尾記念)、金鯱賞(中日新聞杯)など、前走が12月の重賞だった馬が多いです。この2レースを使った馬が馬券に絡まなかった年はありません。主要ローテと考えていいと思います。なので、1頭以上は押さえた方が良いかもしれません。

ただ夏のローカル重賞や秋の重賞など、それ以外のローテの馬も多いので注意が必要です。ちなみに、前走がオープン特別だった馬は、以下4頭です。

  • 2012年2着ダイワファルコン(ディセンバーS 9着)
  • 2010年2着トウショウシロッコ(ディセンバーS 5着)
  • 2008年2着エアシェイディ(キャピタルS 2着)
  • 2007年3着ブラックタイド(ディセンバーS 3着)
内枠

有馬記念と同様です。外枠の馬は割引が必要です。特に7~8枠の馬は、過去10年30頭中わずか3頭だけです。6枠から内の馬を候補として考えた方がベターです。2014~2015年は、4枠から内の馬だけで決まっています。

馬券予想

6枠から内に有力馬が揃いましたが、7枠から外の馬も完全に無視するわけにもいかないので、馬券的には予想&的中困難なレースになりました。

前走オープンクラス

過去10年3着以内の30頭中28頭を占めます。今年は、ネオリアリズムが前走1600万クラスなので、データ的には買い難い一頭です。(冬の)中山でネオユニヴァース産、堀厩舎、戸崎ジョッキー、内枠・・・と買い要素はたっぷりなので、取捨が難しいですね。

前走が12月の重賞の馬

前走チャレンジカップ2015、金鯱賞2015は注目です。今年は、マイネルフロスト、ベルーフ、フルーキーあたりが候補です。さらに広げるなら、夏のローカル重賞や秋の重賞の好走馬も候補でしょうか。ヤマカツエース、ブライトエンブレムが候補です。

その他、ライズトゥフェイムは面白そうです。5走前、1000万クラスの中山芝2000mを勝ち、2走前1600万クラスの中山芝2000mを勝っています。前走のアイルランドトロフィーは2着でしたが、勝ったヒストリカルはその後チャレンジカップ2着に好走しています。ライズトゥフェイムが重賞で好走しても、全く不思議ではありません。

内枠

7~8枠の馬は、過去10年3着以内の30頭中わずか3頭だけです。非常に買い難い枠なのは、間違いありません。点数を絞るなら、6枠から内の馬に絞ってもいいかもしれませんね。

買い方

◎10フルーキー

○5ヤマカツエース

▲7マイネルフロスト

△9ベルーフ

沢山買うのであれば、ネオリアリズムやブライトエンブレム、ライズトゥフェイムあたりを追加したいところですが・・・、ここはシンプルに、3連複4頭ボックスのみを検討します。

結果

完全的中でした!新年幸先の良いスタートが出来ました。

中山金杯2016
着順 馬番 性齢 馬名 前走
1 5 牡4 ヤマカツエース 福島記念(G3) 1着(-0.2)
2 7 牡5 マイネルフロスト 金鯱賞(G2) 4着(0.3)
3 10 牡6 フルーキー チャレンジC(G3) 1着(-0.2)

4頭ボックスのつもりが・・・、理由は分かりませんがベルーフ出走取り消しだったみたいで、3連複1点で的中です!1点300円だけですが、新年一発目ということで気持ちのいい競馬がスタートできました。6頭も7頭も8頭も印を付けて買うよりも、少数に絞って当たったときのほうが気持ちがいいです。

3着のフルーキーは、スローペースの中、57.5kg背負って後ろからというのが厳しそうでした。個人的には、Redoute’s Choice産はマイル前後がベストだと思っているので、次走でどこを使うか注目ですね。4着には予想でも取り上げたライズトゥフェイムが入ったので、予想としてはかなり良い線だったかもしれません。

1~3着馬の次走情報