中山牝馬ステークス 2016 過去10年のデータと予想

牝馬限定戦&ハンデ戦というだけで荒れそうな香りがしますね。実際、過去10年のでは、波乱決着が多いです。

  • 2012年は3連単62万馬券
  • 2011年は3連単244万馬券
  • 2010年は3連単12万馬券
  • 2009年は3連単139万馬券
  • 2008年は3連単26万馬券
  • 2007年は3連単60万馬券

結構な頻度で10万以上の馬券が炸裂しています。当然ですが、二桁人気馬の好走も多いです。

  • 2014年2着ケイアイエレガント(10番人気)
  • 2012年3着エオリアンハープ(11番人気)
  • 2011年1着レディアルバローザ(10番人気)
  • 2011年2着フミノイマージン(14番人気)
  • 2011年3着コスモネモシン(13番人気)
  • 2009年2着ピンクカメオ(15番人気)
  • 2009年3着ダンスオールナイト(11番人気)
  • 2008年2着マイネカンナ(13番人気)
  • 2007年3着ヤマニンメルベイユ(12番人気)

さらに上位人気の信頼性も低いです。

  • 1番人気(2-0-1-7)複勝率30%
  • 2番人気(0-2-0-8)複勝率20%
  • 3番人気(1-1-1-7)複勝率30%

1~3番人気の馬が揃って馬券圏外という年もあります。今年もこの傾向が続くとすれば、予想&的中ともに極めて難しいレースになると思います。

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
中山牝馬ステークス2016
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2015 1 3 牝4 54 バウンスシャッセ 3 愛知杯(G3) 8着(0.6)
2 8 牝6 54 アイスフォーリス 4 中山金杯(G3) 5着(0.6)
3 15 牝7 53 パワースポット 5 京都牝馬S(G3) 3着(0.1)
2014 1 6 牝5 53 フーラブライド 1 日経新春杯(G2) 3着(0.2)
2 13 牝5 53 ケイアイエレガント 10 節分S(1600万) 1着(-0.5)
2 14 牝5 52 キャトルフィーユ 4 愛知杯(G3) 2着(0.1)
2013 1 11 牝5 56 マイネイサベル 6 エリザベス女王杯(G1) 7着(0.6)
2 8 牝6 54 スマートシルエット 2 東京新聞杯(G3) 6着(0.7)
3 16 牝5 56 オールザットジャズ 1 日経新春杯(G2) 12着(1.0)
2012 1 12 牝5 54 レディアルバローザ 8 京都牝馬S(G3) 6着(0.7)
2 7 牝4 53 オールザットジャズ 7 飛鳥S(1600万) 1着(-0.2)
3 4 牝6 53 エオリアンハープ 11 白富士S(OP) 6着(0.3)
2011(阪神) 1 14 牝4 53 レディアルバローザ 10 初音S(1600万) 5着(0.0)
2 12 牝5 51 フミノイマージン 14 但馬S(1600万) 6着(0.3)
3 4 牝4 55 コスモネモシン 13 京都牝馬S(G3) 9着(0.7)
2010 1 3 牝6 53 ニシノブルームーン 4 愛知杯(G3) 5着(0.4)
2 10 牝6 54 ウェディングフジコ 8 エンプレス杯(G2) 5着(0.7)
3 1 牝5 54 チェレブリタ 9 京都牝馬S(G3) 5着(0.3)
2009稍重 1 8 牝6 56.5 キストゥヘヴン 4 東京新聞杯(G3) 10着(1.3)
2 7 牝5 54 ピンクカメオ 15 阪急杯(G3) 15着(2.3)
3 12 牝6 53 ダンスオールナイト 11 初音S(1600万) 1着(-0.0)
2008 1 9 牝6 53 ヤマニンメルベイユ 6 白富士S(OP) 3着(0.0)
2 5 牝4 51 マイネカンナ 13 初音S(1600万) 4着(0.3)
3 3 牝5 56.5 キストゥヘヴン 3 京都牝馬S(G3) 3着(0.3)
2007 1 1 牝7 56 マイネサマンサ 8 京都牝馬S(G3) 14着(1.6)
2 5 牝6 55 ウイングレット 3 京都牝馬S(G3) 2着(0.7)
3 8 牝5 53 ヤマニンメルベイユ 12 エリザベス女王杯(G1) 取消
2006 1 10 牝5 56 ヤマニンシュクル 1 京都牝馬S(G3) 4着(0.1)
2 4 牝4 55 ディアデラノビア 2 京都牝馬S(G3) 5着(0.4)
3 13 牝5 56 ヤマニンアラバスタ 8 ターコイズS(OP) 13着(0.8) 取消
斤量

過去10年の中山牝馬ステークス3着以内を斤量別に分けると、以下のようになります。

  • 51kg 2頭
  • 52kg 1頭
  • 53kg 10頭
  • 54kg 7頭
  • 55kg 3頭
  • 56kg 5頭
  • 56.5kg 2頭

53kg~54kgの馬が狙いでしょうか。馬券候補として考えると、53kg~56kgあたりになりそうです。

前走京都牝馬ステークス

過去10年の中山牝馬ステークス3着以内30頭中9頭に及びます。3着以内に来なかったのは、3回(2009年、2013年、2014年)です。

前走重賞

過去10年の中山牝馬ステークス3着以内30頭中21頭に及びます。ただ一方で、前走1600万クラスのレースで馬券圏外だった馬もいるので注意が必要です。

馬券予想

過去10年の傾向としては、波乱傾向のレースです。二桁人気の馬もよく馬券に絡むので、そろそろ今年あたり来るのでは…という感じです。

1クインズミラーグロ

前走愛知杯2016では◎評価にした馬です。3歳時ですが中山は2勝2着1回と、連対率100%の舞台です。展開が向けば・・・という感じは否めませんが、斤量53kgは狙いやすいですし、例年差し追い込み馬が活躍するここで見直したいです。

7アースライズ

前走愛知杯2016では4頭に印を付け▲評価にした馬です。例年、中山牝馬Sは差し追い込み馬が結構来ます。アースライズは、後ろから競馬をしたときの好走(オークス2015 4着、秋華賞2015 5着、1600万勝ち、愛知杯2016 3着)が目立ちますし、3歳時のフラワーC2015でも好走している舞台なので、無視できない1頭だと思います。

8ノボリディアーナ

引退レースらしいです。1800mの好走が目立つ馬ですし、3走前の府中牝馬S2015を勝ってるわりに人気薄になりそうですね。

引退レースなので無理せずという可能性もありますが、人気もしていないので面白そうです。

9ハピネスダンサー

前走小倉大賞典2016は、牡馬相手の重賞でした。そこで0.2秒差の5着なら、ここは上位争いの1頭ではないでしょうか。1800mの成績は(2-1-2-1)で、唯一の4着以下が前走小倉大賞典2016です。1800m戦の相性も良いので、牝馬限定のここで狙いたい一頭です。

11リメインサイレント

この馬も引退レースらしいです。前走京都牝馬ステークス2016というのは良いですが、ここでは厳しいでしょうか。

ただ4走前の府中牝馬S2015では、0.2秒差の5着に好走していますし、下位人気確実なので波乱想定なら…。

12シングウィズジョイ

ハンデ戦の前走ターコイズステークス2015は、上手く嵌ったように見えました。斤量は、前走からプラス2kgになります。ここでもう一度好走と考えると、買い難いところです。

15ルージュバック

上位人気が不振の中山牝馬Sですが、ここでは負けられないでしょう。きさらぎ賞のときからだったと思いますが、テレビ番組を見ていると、大絶賛している関係者&記者ばかりでした。素人なので分かりませんが、その道のプロが高い評価をしている馬なので、素質はトップレベルだと思っています。

その盛り上がりから勝手に想像していましたが、将来はジェンティルドンナ、ブエナビスタ、ダイワスカーレット、ウオッカ等の名牝馬のようになる馬だと思っていました。その馬が、牝馬限定のG3に出るぐらいなので、ここは路線を変更してでも勝ちに来ていると思ってしまいます。

荒れるレースと言いながら、この馬を本命◎にしたいと思います。ここでは負けられない馬ではないでしょう。エリザベス女王杯2015→有馬記念2015を使ってきた馬が牝馬限定のハンデG3に出走です。勝算があっての出走と予想しています。

16シュンドルボン

前走愛知杯2016では○評価にした馬です。1600万勝ち後の前々走エリザベス女王杯2015が僅か0.2秒差で、前走は1番人気の支持を集めた馬です。調教も良いらしいので、ここで伏兵の扱いを受けるなら、面白い馬ではないでしょうか。

買い方

◎16ルージュバック

○1クインズミラーグロ

▲11リメインサイレント

△9ハピネスダンサー

3連複◎-○▲△-○▲△

合計3点です。

名前を挙げていない馬の中にも重賞実績のある馬が何頭かいます。

16シュンドルボンも1番人気の支持を集めた前走ではなくて、人気落とした次走(ここ)というのもセオリーに思えてきます。その他、4アースライズを消した理由も特に無く、沢山買う場合は押さえたい馬です。

結果

馬券的には、2着、5着、7着、16着でした。

本命◎ルージュバックは2着でした。

中山牝馬ステークス2016
着順 馬番 性齢 馬名 前走
1 16 牝5 シュンドルボン 愛知杯(G3) 8着(0.6)
2 15 牝4 ルージュバック 有馬記念(G1) 10着(0.5)
3 6 牝7 メイショウスザンナ 愛知杯(G3) 12着(1.1)

ルージュバックにとっては厳しい結果になってしまいました。ハンデ戦に加えて、ヴィクトリアマイルが目標と言っていましたが、ここは勝ちきって欲しかったです。

シュンドルボンは、まさかの結果ですね。やはり1番人気の前走飛んで、人気を落とした次走(ここ)で来るのがセオリーでした。ルージュバックに勝ったのは、今後が楽しみになると思います。

3着以下は大混戦でした。3着~9着で見ても、僅か0.2秒差の僅差なので、もう一度走れば着順がガラッと変わりそうです。3着メイショウスザンナは、完全にスルーしていました。昨年のクイーンカップ2015 1着、福島牝馬S2015 3着、3歳時フラワーC2012 2着・・・と、牝馬限定の芝1800m重賞では3着以内100%です。今回も、牝馬限定1800mの中山牝馬Sで、穴を開けました。

クインズミラーグロは、僅差とはいえ最下位に終わりました。+18kgで過去最高の馬体重というのは厳しそうでした。

1~3着馬の次走情報