根岸ステークス2018-過去10年のデータと予想

日程 2018年1月28日(日曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 ダート1400m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 14頭
天気 曇り(ヤフー天気)

根岸ステークス2018

G1フェブラリーステークス2018の前哨戦「根岸ステークス2018」です。過去10年では、根岸ステークスからテスタマッタ(2012年)、モーニン(2016年)がフェブラリーステークス優勝。昨年のフェブラリーステークス2017は、2~3着に根岸ステークス2017連対馬2頭が来るなど、近年は本番に直結する一戦となっています。

コース形態

東京競馬場のダート1400mコース

過去10年の根岸ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは4回あります。昨年は上位人気馬で決着しましたが、過去、穴馬の好走が多く、やや波乱傾向のレースという印象です。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 860円 2,390円 9,330円
2016 1,330円 11,480円 34,400円
2015 710円 13,290円 48,330円
2014 6,380円 29,140円 158,760円
2013 1,380円 15,560円 103,090円
2012 15,660円 58,390円 379,550円
2011 640円 12,110円 45,080円
2010 5,960円 16,330円 156,290円
2009 4,150円 15,980円 88,500円
2008 2,400円 4,930円 26,150円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

根岸ステークス2018
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 3 牡5 56 カフジテイク 1 チャンピオンズカップ(G1) 4着(0.2) 11
2 5 牡7 58 ベストウォーリア 3 JBCスプリント(G1) 2着(0.6) 1
3 13 牡5 56 エイシンバッケン 4 2016ファイナルステークス(OP) 2着(0.0) 1
2016稍重 1 15 牡4 55 モーニン 1 武蔵野ステークス(G3) 3着(0.3) 1
2 8 牡8 56 タールタン 6 2015ファイナルステークス(OP) 1着(-0.0) 7
3 2 牡8 58 グレープブランデー 10 チャンピオンズカップ(G1) 8着(0.9) 10
2015 1 6 牡6 56 エアハリファ 1 武蔵野ステークス(G3) 2着(0.1) 1
2 13 牡6 57 ワイドバッハ 2 チャンピオンズカップ(G1) 6着(0.5) 10
3 14 牡8 56 アドマイヤロイヤル 15 武蔵野ステークス(G3) 14着(2.1) 9
2014 1 6 牡7 56 ゴールスキー 4 武蔵野ステークス(G3) 4着(0.3) 2
2 9 牡6 57 ノーザンリバー 8 カペラステークス(G3) 1着(-0.0) 6
3 14 牡8 56 シルクフォーチュン 5 カペラステークス(G3) 3着(0.1) 2
2013 1 7 牡5 56 メイショウマシュウ 5 ギャラクシーステークス(OP) 3着(0.1) 2
2 5 牡4 55 ガンジス 1 ギャラクシーステークス(OP) 1着(-0.0) 1
3 2 牡7 58 セイクリムズン 10 兵庫ゴールドトロフィー(G3) 5着(1.1) 1
2012 1 9 牡6 57 シルクフォーチュン 4 ギャラクシーステークス(OP) 3着(0.4) 2
2 4 牡5 56 トウショウカズン 9 大和ステークス(OP) 1着(-0.1) 7
3 11 牡6 58 テスタマッタ 5 東京大賞典(G1) 3着(0.4) 4
2011 1 1 牡5 57 セイクリムズン 2 カペラステークス(G3) 1着(-0.0) 3
2 5 牡5 56 ダノンカモン 3 大和ステークス(OP) 1着(-0.1) 1
3 11 牡8 56 ダイショウジェット 10 師走ステークス(OP) 9着(1.6) 8
2010 1 8 牡4 55 グロリアスノア 11 エニフステークス(OP) 1着(-0.3) 3
2 9 牡5 56 サマーウインド 1 初日の出ステークス(1600万) 1着(-0.8) 1
3 13 牡5 56 オーロマイスター 4 大和ステークス(OP) 1着(-0.0) 2
2009 1 11 牡5 57 フェラーリピサ 4 エルムステークス(G3) 1着(-0.2) 3
2 4 牡5 56 ヒシカツリーダー 5 ジャニュアリーステークス(OP) 1着(-0.5) 5
3 3 牡4 55 セントラルコースト 7 サンタクロースステークス(1600万) 1着(-0.2) 5
2008不良 1 4 牡6 57 ワイルドワンダー 1 ジャパンカップダート(G1) 5着(1.0) 8
2 16 牡5 57 タイセイアトム 5 ガーネットステークス(G3) 1着(-0.3) 3
3 14 牡5 56 アドマイヤスバル 3 霜月ステークス(OP) 1着(-0.0) 2
関西馬

過去10年の根岸ステークス3着以内30頭中27頭を占めます。直近7年連続で、関西馬のみの決着となっています。

前走ダート1400m

過去10年の根岸ステークス3着以内30頭中12頭を占めます。大敗からの巻き返しは無く、12頭中11頭前走3着以内に好走していました。

二桁人気馬

過去10年の根岸ステークスでは、計5頭が馬券圏内に好走しています。そのうち4頭が3着でした。下位人気馬の激走、紐荒れが起こりやすいといえそうです。

  • 2016年3着グレープブランデー(10番人気)
  • 2015年3着アドマイヤロイヤル(15番人気)
  • 2013年3着セイクリムズン(10番人気)
  • 2011年3着ダイショウジェット(10番人気)
  • 2010年1着グロリアスノア(11番人気)
前走チャンピオンズカップ

直近3年の根岸ステークスでは、計3頭が馬券圏内に好走しています。3頭ともに、ダート1800m戦(チャンピオンズカップ)の実積馬ではなく、ダート1400~1600m戦の実績馬でした。

予想

根岸ステークス2018は、昨年の優勝馬カフジテイクを中心に結構骨っぽいメンバーが集いました。馬券圏内の候補と考えると、かなり多くの馬にチャンスがありそうです。流石、波乱傾向のレースという感じです…。(´・ω・`;)

過去、カフジテイク(2017年)、メイショウマシュウ(2013年)、シルクフォーチュン(2012年)など、東京ダート1400m戦は、後方からの追い込みが決まりやすい印象があるので、後ろから行く馬には注目したいですね。

以下、簡単な考察と予想です。前走1400m戦を使った人気薄の馬が気になりつつ、チャンピオンズカップ2017組狙いで…。

◎⑥カフジテイク

昨年の根岸ステークス2017優勝馬。追い込み一辺倒というタイプで、2走前の武蔵野ステークス2017のように、ドスローの前残りになってしまうと厳しいと思いますが…、深く考えず本命で。

○⑭ノンコノユメ

2走前の武蔵野ステークス2017は、約8ヶ月ぶりの一戦。最初の1000mが例年より2秒近くの緩い流れとなり、3着までが前に行った馬が残る決着となりました。その中でノンコノユメは、3着アキトクレッセントとクビ差の4着。5着カフジテイクに1馬身先着。長期の休養明けだったことを考えると、能力は示した格好だと思います。今回、データ傾向では劣勢な関東馬に加え、初の1400m戦となりますが、人気も落ち着くと思うので、押さえておいても面白いかもしれませんね。

▲⑦キングズガード

昨年の根岸ステークス2017は離された4着に破れたものの、その後プロキオンステークス2017でカフジテイクに完勝。近走の安定感は魅力ですね。ただカフジテイク同様、前残りになってしまうと、全くカスリもしない結果となりそうです…。

馬連◎-○▲ 3連複◎-○-▲合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、6着でした。本命◎カフジテイクは、3着でした。

根岸ステークス2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 14 セ6 58 ノンコノユメ 6 チャンピオンズカップ(G1) 9着(0.6) 6
2 8 牡4 56 サンライズノヴァ 1 師走ステークス(OP) 2着(0.7) 2
3 6 牡6 57 カフジテイク 2 チャンピオンズカップ(G1) 7着(0.5) 5

歯痒い結果でした…。一瞬当たったー!と思えば、キングズガードと同じ5枠のサンライズノヴァの方でした。(´・ω・`;) サンライズノヴァは、個人的に4番手評価だっただけに点数を減らすべきではなかったですね。

週中に注目馬として取り上げたノンコノユメが優勝。最後の叩き合いは、興奮しました。斤量を考慮すると、復活を感じさせる差し切りだったと思います。

やはり東京ダート1400m戦は、追い込みが決まりやすいですね。ただ本番フェブラリーステークスの東京ダート1600mは、追い込みが優勢ということはなく、意外と前が残ったり、後ろ過ぎると届かなかったりするので、今回の上位陣の評価が難しいところだと思います。

深く考えない競馬