桜花賞2018-過去10年のデータと予想

日程 2018年4月8日(日曜日)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け GⅠ
条件 サラ系3歳牝馬
斤量 定量
出走数 18頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

桜花賞2018

3歳牝馬クラシック「桜花賞2018」です。桜花賞が来るたび、2008年の700万馬券を思い出します。この世代は、オークスも秋華賞も波乱決着となった特殊な世代でした。

今年はラッキーライラックやアーモンドアイなど、3歳牝馬のレベルが高いと思うので、上位人気馬の総崩れは無いのではないかと思います。

コース形態

阪神競馬場の芝1600mコース

過去10年の桜花賞の配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回あります。一方で馬連が数百円という決着も4回あり、大きく荒れるか、極端に硬く決まるかの二極化している傾向があります。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 17,000円 5,020円 94,890円
2016 960円 5,650円 20,330円
2015 7,860円 34,480円 233,390円
2014 370円 1,310円 2,540円
2013 3,300円 102,860円 679,300円
2012 1,850円 5,110円 24,020円
2011 620円 1,480円 5,880円
2010 1,440円 8,500円 38,520円
2009 640円 2,480円 5,680円
2008 196,630円 778,350円 7,002,920円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

桜花賞2018
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2017稍重 1 10 レーヌミノル 8 フィリーズレビュー(G2) 2着(0.1) 1
2 6 リスグラシュー 3 チューリップ賞(G3) 3着(0.4) 2
3 14 ソウルスターリング 1 チューリップ賞(G3) 1着(-0.3) 1
2016 1 13 ジュエラー 3 チューリップ賞(G3) 2着(0.0) 1
2 12 シンハライト 2 チューリップ賞(G3) 1着(-0.0) 2
3 10 アットザシーサイド 6 フィリーズレビュー(G2) 2着(0.2) 1
2015 1 6 レッツゴードンキ 5 チューリップ賞(G3) 3着(0.3) 2
2 7 クルミナル 7 チューリップ賞(G3) 11着(1.3) 1
3 1 コンテッサトゥーレ 8 チューリップ賞(G3) 6着(0.9) 4
2014 1 18 ハープスター 1 チューリップ賞(G3) 1着(-0.4) 1
2 12 レッドリヴェール 2 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 1着(-0.0) 5
3 10 ヌーヴォレコルト 5 チューリップ賞(G3) 2着(0.4) 4
2013 1 7 アユサン 7 チューリップ賞(G3) 3着(0.7) 5
2 14 レッドオーヴァル 2 チューリップ賞(G3) 7着(0.8) 1
3 9 プリンセスジャック 14 チューリップ賞(G3) 8着(1.0) 8
2012 1 10 ジェンティルドンナ 2 チューリップ賞(G3) 4着(0.6) 2
2 15 ヴィルシーナ 4 クイーンカップ(G3) 1着(-0.2) 2
3 11 アイムユアーズ 3 フィリーズレビュー(G2) 1着(-0.2) 1
2011 1 8 マルセリーナ 2 エルフィンステークス(OP) 1着(-0.2) 2
2 16 ホエールキャプチャ 1 クイーンカップ(G3) 1着(-0.1) 2
3 17 トレンドハンター 4 フラワーカップ(G3) 1着(-0.2) 5
2010 1 9 アパパネ 1 チューリップ賞(G3) 2着(0.1) 1
2 8 オウケンサクラ 3 フラワーカップ(G3) 1着(-0.2) 3
3 11 エーシンリターンズ 11 チューリップ賞(G3) 3着(0.1) 8
2009 1 9 ブエナビスタ 1 チューリップ賞(G3) 1着(-0.2) 1
2 18 レッドディザイア 2 エルフィンステークス(OP) 1着(-0.0) 1
3 15 ジェルミナル 5 チューリップ賞(G3) 5着(0.6) 3
2008 1 15 レジネッタ 12 フィリーズレビュー(G2) 3着(0.0) 4
2 18 エフティマイア 15 クイーンカップ(G3) 6着(0.5) 10
3 13 ソーマジック 5 アネモネステークス(OP) 1着(-0.1) 2
前走チューリップ賞

過去10年の桜花賞3着以内30頭中17頭を占めます。圧倒的な相性の良さを見せ、特に直近5年では、3着以内15頭中12頭がチューリップ賞組となっています。

前走1着馬

過去10年の桜花賞3着以内では、前走チューリップ賞と前走フィリーズレビュー以外だった馬が計9頭います。そのうち8頭前走の出走レースで優勝していました。残る1頭は、大波乱となった2008年2着エフティマイアです。

前走4着以下

過去10年の桜花賞では、計7頭が3着以内に好走しています。そのうち6頭前走チューリップ賞でした。前走がチューリップ賞以外だったのは、大波乱となった2008年2着エフティマイアのみです。

そのほか、前走4着以下だった7頭すべてに、オープンクラスのレースの優勝経験がありました。

  • 2015年2着クルミナル(エルフィンステークス1着)
  • 2015年3着コンテッサトゥーレ(紅梅ステークス1着)
  • 2013年2着レッドオーヴァル(紅梅ステークス1着)
  • 2013年3着プリンセスジャック(ききょうステークス1着)
  • 2012年1着ジェンティルドンナ(シンザン記念1着)
  • 2009年3着ジェルミナル(フェアリーステークス1着)
  • 2008年2着エフティマイア(新潟2歳ステークス1着、マリーゴールド賞1着)

過去10年の桜花賞では、内枠が劣勢傾向にあります。3着以内では、1枠が1頭2枠は1頭もいません。唯一、1枠の馬が来た2015年は、優勝馬レッツゴードンキが1000mを62.5秒というドスローで逃げ切った特殊な年でした。

シンザン記念好走馬

過去10年の桜花賞では、シンザン記念で好走した牝馬が3度優勝しています。

  • ジュエラー(2016年2着)→桜花賞優勝
  • ジェンティルドンナ(2014年1着)→桜花賞優勝のほかG1を7勝
  • マルセリーナ(2011年3着)→桜花賞優勝

予想

桜花賞2018は、ハイレベルなメンバーが揃いました。4戦4勝のラッキーライラックのほか、シンザン記念2018優勝馬アーモンドアイが中心になるでしょうか。とはいえ、上位争いに加わりそうな馬は多く、馬券は難解なものになりそうですね…。

以下、簡単な考察と予想です。

◎①ラッキーライラック

昨年のアルテミスステークス2017から4戦連続で本命馬。流石に1番人気になってしまうのは仕方ないところですね。2着以下とは、力の差を感じる勝ちっぷりが続いており、底を見せていないのは魅力です。データ傾向上の不安点は、やはり1枠でしょうか。ただ、データ無視するほどの強さを見せてほしいという期待を込めて、今回も本命にしました。

○⑰マウレア

直近7年で3着以内21頭中9頭を占めるディープインパクト産。昨年を除く2011年以降、毎年3着以内に1頭以上が好走しています。(昨年は、ディープインパクト産の有力馬の出走がありませんでした。10番人気カワキタエンカのみ。)ラッキーライラックとアーモンドアイの2頭を抑えて優勝というのは、やや厳しそうな印象ですが、高いレベルで安定した成績を残しているので、押さえておきたい1頭です。

▲⑬アーモンドアイ

シンザン記念好走馬。データ傾向からは勝ち負けを意識したい1頭でしょうか。直近2戦の勝ちっぷりも良く、かなり強い可能性がありそうです。印は、輸送のある関東馬ということで、栗東滞在のマウレアの下にしました。

△⑨リリーノーブル

折り合い面が課題とのことですが、それでも直近2戦は、安定した成績を残しています。直近2戦から、十分に上位争いが期待できそうですね。

3連複◎-○-▲△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、5着でした。本命◎ラッキーライラックは、2着でした。

桜花賞2018
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 13 アーモンドアイ 2 シンザン記念(G3) 1着(-0.3) 1
2 1 ラッキーライラック 1 チューリップ賞(G2) 1着(-0.3) 1
3 9 リリーノーブル 3 チューリップ賞(G2) 3着(0.4) 2

データ通りの3頭、硬い決着でした。馬券は1頭軸にしておけばよかったですね。下手に絞ってしまいました。安いので、どちらでも良いといえばそうなりますが…。(´・ω・`;)

桜花賞レコード。本命ラッキーライラックは、1枠の不利はなく、これで負けたら仕方ないと思える騎乗でした。アーモンドアイが強すぎただけですね。

しかしシンザン記念好走の牝馬は強いですね。この内容なら、アーモンドアイは後のG1も勝ちそうです。ロードカナロア産ということで、あとは距離対応だけでしょうか。

勝利ジョッキーインタビューで、ルメール騎手が「距離だけが心配でした。ゴールした後のスピードが無かった。」と言っていました。名手の感覚では、マイルまでということだと思います。と言いつつ、そのあと「オークスは勝てますね。」とも言っていました。こちらはリップサービスかな…とも思えます。ともあれ、次走(オークス2018?)の取捨に悩む1頭になりそうです。

深く考えない競馬