セントライト記念 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年9月18日(日曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝2200m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳
斤量 馬齢(牡セ56kg,牝馬54kg)
出走数 12頭
天気 弱雨時々雨参考 中山競馬場 – Yahoo!天気・災害

菊花賞2016のトライアル競走として行われる「セントライト記念2016」です。3着以内までの馬に優先出走権が与えられることになっています。今年は皐月賞2016馬ディーマジェスティなどが出走を予定しています。

過去10年のセントライト記念の3連単配当を見ると、10万馬券超えは3回です。硬い決着が新潟開催だった2014年のみです。傾向から、穴馬の好走を考えておいた方が良さそうなレースです。昨年のセントライト記念は、1~5番人気の馬が揃って馬券圏外になる波乱決着となりました。

  • 2015年 618,050円
  • 2014年 4,490円
  • 2013年 40,970円
  • 2012年 137,500円
  • 2011年 56,160円
  • 2010年 19,020円
  • 2009年 78,230円
  • 2008年 65,060円
  • 2007年 45,120円
  • 2006年 516,010円

では過去10年のセントライト記念のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。(2014年は、新潟競馬場で行われました。)

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
セントライト記念2016
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2015 1 13 キタサンブラック 6 日本ダービー(G1) 14着(2.3)
2 4 ミュゼエイリアン 9 日本ダービー(G1) 10着(1.4)
3 2 ジュンツバサ 10 500万(東京芝1800m) 1着(-0.2)
2014新潟 1 5 イスラボニータ 1 日本ダービー(G1) 2着(0.1)
2 16 トゥザワールド 2 日本ダービー(G1) 5着(0.4)
3 14 タガノグランパ 10 日本ダービー(G1) 4着(0.3)
2013 1 3 ユールシンギング 3 500万(新潟芝1800m) 1着(-0.4)
2 8 ダービーフィズ 5 信濃川特別(1000万) 4着(0.5)
3 9 アドマイヤスピカ 6 青葉賞(G2) 7着(0.6)
2012 1 12 フェノーメノ 1 日本ダービー(G1) 2着(0.0)
2 2 スカイディグニティ 14 阿賀野川特別(1000万) 6着(0.8)
3 15 ダノンジェラート 4 500万(札幌芝1800m) 1着(-0.3)
2011 1 11 フェイトフルウォー 6 日本ダービー(G1) 13着(2.7)
2 2 トーセンラー 3 日本ダービー(G1) 11着(2.5)
3 14 サダムパテック 1 日本ダービー(G1) 7着(2.3)
2010 1 13 クォークスター 4 ラジオNIKKEI賞(G3) 2着(0.0)
2 15 ヤマニンエルブ 3 阿賀野川特別(1000万) 1着(-1.1)
3 2 アロマカフェ 2 ラジオNIKKEI賞(G3) 1着(-0.0)
2009 1 17 ナカヤマフェスタ 2 日本ダービー(G1) 4着(0.8)
2 11 セイクリッドバレー 4 信濃川特別(1000万) 1着(-0.0)
3 14 フォゲッタブル 7 阿賀野川特別(1000万) 2着(0.8)
2008稍重 1 6 ダイワワイルドボア 9 阿賀野川特別(1000万) 3着(0.6)
2 16 マイネルチャールズ 1 札幌記念(G2) 6着(0.9)
3 15 ノットアローン 5 ラジオNIKKEI賞(G3) 2着(0.0)
2007 1 7 ロックドゥカンブ 1 ラジオNIKKEI賞(G3) 1着(-0.2)
2 1 ゴールデンダリア 2 日本ダービー(G1) 6着(1.0)
3 11 スクリーンヒーロー 14 新潟記念(G3) 16着(1.8)
2006 1 9 トーセンシャナオー 12 500万(新潟芝2200m) 2着(0.2)
2 5 トウショウシロッコ 4 天の川S(1600万) 2着(0.0)
3 4 ミストラルクルーズ 7 500万(東京芝2400m) 1着(-0.3)
前走日本ダービー

過去10年のセントライト記念3着以内30頭中11頭を占めます。特に近年は、その傾向が顕著です。過去10年で5勝を挙げています。

前走新潟芝

過去10年のセントライト記念3着以内30頭中10頭を占めます。人気薄の好走も多いローテなので注意が必要です。特に前走が新潟芝1000万クラスだった馬がオッズ的に面白そうです。以下、過去のセントライト記念で、5番人気以下から好走した前走新潟芝の馬です。

  • 2013年2着ダービーフィズ(5番人気)
  • 2012年2着スカイディグニティ(14番人気)
  • 2009年3着フォゲッタブル(7番人気)
  • 2008年1着ダイワワイルドボア(8番人気)
  • 2007年3着スクリーンヒーロー(14番人気)
  • 2006年1着トーセンシャナオー(12番人気)
前走芝1800m勝ち(500万)

新潟開催だった2014年のセントライト記念を除く2012~2015年の3回で馬券に絡んでいます。近年の傾向からは押さえておいても良いかもしれません。

  • 2015年3着ジュンツバサ(前走東京芝1800m)
  • 2013年1着ユールシンギング(前走新潟芝1800m)
  • 2012年3着ダノンジェラート(前走札幌芝1800m)

馬券予想

セントライト記念2016の出走馬と枠順が決まりました。注目の日本ダービー2016 3着馬ディーマジェスティの他、マウントロブソンやゼーヴィントなど上位争いに食い込みそうな有力馬が揃いました。

2~3着争いまで考えると、かなり多くの馬に可能性がありそうな印象がします。過去のセントライト記念の傾向から、穴馬の好走も多いレースなので注意が必要です。

以下、簡単な考察と予想です。

①メートルダーム

結構骨っぽい印象の馬です。前走白百合S2016からの休み明けというのは、過去データ的に狙い難い要素ですが、大崩をしていない安定感は魅力なので、沢山買う場合は押さえておきたいです。

③プロフェット

京成杯2016で中山重賞の優勝経験があります。毎回のことですが、ハービンジャー産の取捨が難しいです。今回は様子見したいですが、先行できそうな脚質は魅力ですね。今年のセントライト記念2016有力馬は後ろから脚を溜めるタイプが多いので、上手くハマればというところでしょうか。

④ディーマジェスティ

セントライト記念2016で馬券圏外というのは、少し考えにくいほどの実績馬です。皐月賞2016では人気馬が前でやり合ったということもあると思いますが、大外から差し切っての優勝でした。日本ダービー2016ではマカヒキと僅か0.1秒差の3着ですし、流石にここではスルー出来ない馬だと思います。

⑤マウントロブソン

皐月賞2016 6着&日本ダービー2016 7着という実績ですから、実績では二番手という感じでしょうか。スプリングステークス2016を優勝したときの3着馬は、先週京成杯オータムハンデキャップ2016を完勝したロードクエストです。順調なら勝ち負けという感じがしますが、相手にディーマジェスティがいるのは高いハードルという感じです。

(普段、調教は殆ど気にしないですが)追い切りがあまり良くないような話もあるので、軸というよりは押さえで狙いたいです。

⑥キークラッカー

今年のセントライト記念2016は硬そうな気がしますが、過去データの傾向から敢えて穴馬を考えるとすれば、前走新潟芝の馬でしょうか。その中では、2走連続逃げ切り勝ちのキークラッカーが少し面白そうです。

前走は、最後の直線で2着以下に詰められてきてはいましたが、大きく垂れること無く逃げ粘っていました。今回は、一気にクラスの上の馬たちと走ることになりますが、気分良く逃げることが出来れば…という感じです。父ジャングルポケット、母父ステイゴールドという血統を見ると、中山走りそう…な感じがしますね。

⑨プロディガルサン

リアルスティール、ラングレーの全弟という良血馬です。ポテンシャルは高いはずですが、重賞になるとワンパンチ足りないラングレーのような可能性も…と思ってしまいます。

中山なので距離はもつと思いますが、全兄の傾向から1600~1800mあたりがベストでしょうか。

⑩ゼーヴィント

前走ラジオNIKKEI賞2016は、例年内枠が有利なレースだけに評価が難しいところですが、勢いのある戸崎ジョッキー&重賞&人気馬となると、押さえておいた方が良さそうですね。

同じく、前走内枠から2着に来たダイワドレッサー、4着アップクォーク、6着ジョルジュサンクというメンバーを見ると、セントライト記念2016は一気に強い相手になるので、少し気がかりではあります。

買い目

◎④ディーマジェスティ

○⑩ゼーヴィント

▲⑥キークラッカー

増やしても当たる気がしないので、3頭まで絞りました。本命馬は、流石に馬券圏外は無いのでは…という期待を込めて日本ダービー2016 3着馬ディーマジェスティにしました。

その他、勢いのある戸崎ジョッキーのゼーヴィント、週初めに取り上げた人気薄キークラッカーを押さえました。

過去10年のセントライト記念を振り返ると、3着以内に1~2番人気の2頭が来た2007年と2014年で二桁人気の大穴馬が馬券圏内に来ています。今年は少頭数のため二桁人気馬は狙い難いですが、人気薄になりそうなキークラッカーの波乱演出を期待したいです。

馬連 ◎ – ○ 計1点

3連複 ◎ – ○ – ▲ 計1点

合計2点

結果

馬券的には、1着、2着、12着でした。

本命◎ディーマジェスティは1着でした。

セントライト記念2016
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 4 ディーマジェスティ 1 日本ダービー(G1) 3着(0.1)
2 10 ゼーヴィント 2 ラジオNIKKEI賞(G3) 1着(-0.2)
3 9 プロディガルサン 3 日本ダービー(G1) 10着(0.9)

晩に録画を見ました。的中ました!

ディーマジェスティの貫禄勝ちという感じですね。余力を十分に残した状態で勝ったように見えました。2着ゼーヴィントも強そうです。休み明けではなくラジオNIKKEI賞2016を使っての2走目ですが、ディーマジェスティに食らいついていました。3着プロディガルサンとの差は僅かですが、着差以上にこの2頭は強そうです。

穴で狙ったキークラッカーは最下位でした。上手く逃げて自分の形に持ってきた上での敗戦なので仕方ないです。狙い目の二桁人気馬は、4着ネイチャーレット(11番人気)の方だったみたいですね。ノーブルマーズ、メートルダール、マウントロブソン、プロフェットなど、結構骨っぽい馬に先着しているので、これは次走以降が楽しみな1頭になりそうです。

1~3着馬の次走情報
  • 1着ディーマジェスティ、3着プロディガルサンは、菊花賞2016に向かいました。
  • 2着ゼーヴィントは、福島記念2016に向かいました。