関屋記念 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年8月14日(日曜日)
開催 新潟競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 18頭
天気 晴れ参考 新潟競馬場 – Yahoo!天気・災害

今週末は、サマーマイルシリーズ第2戦「関屋記念2016」があります。サマーマイルシリーズは、中京記念2016の他、このあとの京成杯オータムハンデキャップ2016を含めた合計3戦です。優勝には、3戦の内1勝以上が必須なので、サマーマイル王者になるには、ここを勝ちたいところでしょう。

過去10年の3連単の配当を見ると、10万馬券超えは3回です。硬い決着もありませんが、波乱決着も数年に一度という傾向です。

  • 2015年 109,570円
  • 2014年 39,800円
  • 2013年 17,110円
  • 2012年 24,190円
  • 2011年 35,740円
  • 2010年 130,640円
  • 2009年 56,290円
  • 2008年 14,170円
  • 2007年 84,710円
  • 2006年 491,010円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
関屋記念2016
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2015 1 12 牡5 57 レッドアリオン 2 中京記念(G3) 8着(0.3)
2 4 牡5 56 マジェスティハーツ 6 鳴尾記念(G3) 2着(0.3)
3 10 牡3 53 ヤングマンパワー 9 NHKマイルC(G1) 6着(0.4)
2014稍重 1 13 牡5 57 クラレント 4 中京記念(G3) 8着(0.6)
2 7 牡6 58 ダノンシャーク 1 安田記念(G1) 4着(0.6)
3 1 牡5 56 サトノギャラント 6 中京記念(G3) 7着(0.5)
2013 1 1 牡7 57 レッドスパーダ 4 パラダイスS(OP) 1着(-0.2)
2 16 牡4 56 ジャスタウェイ 1 エプソムC(G3) 2着(0.0)
3 3 牡4 56 レオアクティブ 3 バーデンバーデンC(OP) 3着(0.4)
2012 1 14 牝4 54 ドナウブルー 1 安田記念(G1) 10着(0.8)
2 3 牝5 54 エーシンリターンズ 5 中京記念(G3) 14着(1.5)
3 9 セ7 56 スピリタス 8 NST賞(OP) 2着(0.2)
2011 1 9 牡6 56 レインボーペガサス 4 飛鳥S(1600万) 1着(-0.0)
2 12 牡4 56 エアラフォン 2 ストークS(1600万) 1着(-0.0)
3 6 牝3 51 サトノフローラ 3 カルミア賞(500万) 1着(-0.4)
2010 1 16 牡5 56 レッツゴーキリシマ 6 福島記念(G3) 7着(0.5)
2 9 牡4 56 セイクリッドバレー 2 エプソムC(G3) 4着(0.1)
3 17 牡7 56 リザーブカード 10 ダービー卿CT(G3) 7着(0.7)
2009稍重 1 13 牡4 56 スマイルジャック 2 安田記念(G1) 9着(1.2)
2 12 牡5 56 ヒカルオオゾラ 1 エプソムC(G3) 2着(0.2)
3 14 牡6 56 マイネルスケルツィ 13 谷川岳S(OP) 4着(0.5)
2008 1 12 牡5 56 マルカシェンク 1 ダービー卿CT(G3) 8着(0.5)
2 11 牡5 56 リザーブカード 5 都大路S(OP) 14着(0.9)
3 5 牡5 56 タマモサポート 8 福島民報杯(OP) 13着(1.5)
2007 1 6 牡6 56 カンパニー 1 天皇賞秋(G1) 16着(2.6)
2 15 牡5 56 シンボリグラン 3 阪急杯(G3) 5着(0.3)
3 10 牡6 56 マイケルバローズ 12 米子S(OP) 9着(0.6)
2006 1 13 牡7 56 カンファーベスト 14 新潟大賞典(G3) 13着(1.3)
2 11 牡5 56 ダイワバンディット 8 七夕賞(G3) 13着(1.9)
3 3 牡7 58 テレグノシス 1 安田記念(G1) 9着(1.0)
勝ち馬の枠

過去10年の関屋記念では、計8回で7~8枠の馬が勝っています。7~8枠以外の馬が勝った2007年と2013年も2着には7~8枠の馬が来ています。外枠の馬をプラスに評価したい傾向といえそうです。

前走重賞

過去10年の関屋記念3着以内30頭中20頭を占めます。中京競馬場が改修された2012年以降、前走中京記念の馬の好走が目立ちます。2012年以降の過去4年では、4頭が関屋記念で馬券圏内に来てますが、4頭とも中京記念で馬券圏外の馬でした。

その他、前走安田記念やエプソムカップの馬の好走も多いように見えます。

馬券予想

抜けた馬が不在の18頭立てということもあり、予想&的中ともに困難なレースになりそうです。マジックタイムが人気を集めそうですが、上位数頭は人気が割れる混戦模様という感じがします。

以下、簡単な考察と予想です。

①サトノギャラント

人気薄になりそうですが、軽視できないと思います。直近3走は、1800m~2000mを使っての負けです。マイルに良績が多い馬なので、マイルに戻るのはプラスに働きそうです。新潟マイルは大崩も少ない舞台です。

  • 2015年関屋記念 8着(0.4)
  • 2015年谷川岳S 1着(-0.1)
  • 2014年京成杯AH(新潟開催) 5着(0.3)
  • 2014年関屋記念 3着(0.2)
  • 2014年谷川岳S 2着(0.0)

しかし例年、外目の枠が好走しているレースだけに、嫌な枠に入ってしまいました。2年前の関屋記念2014は、同じ1枠1番から馬券圏内に入っているので、買えなくはありませんが…。

④ピークトラム、⑥ケントオー、⑫ダノンリバティ

前走中京記念2016の3頭です。3頭ともありえそうなだけに取捨に困ってしまいます。週初めに取り上げたケントオーは、今が勢いのある1頭なので、ここは狙い目かもしれません。ただ過去データ的には、中京記念で3着以内だった馬の相性が良いレースではありません。データを重視するなら、ダノンリバティの方でしょうか。

⑥ケントオー

前走中京記念2016は、とても強かったです。今、力を付けてきている1頭だと思います。成績から時計のかかるタフな馬場でこその馬だと考えて軽視しましたが、結果時計が1:33.6という決着の中、上がり最速で3着に入りました。

サマーマイル王者を狙っているとすれば、ここは勝ちに来ているのではないでしょうか。ただ関屋記念での前走中京記念組は、馬券圏外からの巻き返しを狙うのが良さそうな傾向があるので、馬券的な取捨が難しいですね…。

⑦マジックタイム

前走ヴィクトリアマイル2016は、ルージュバックとハナ差です。ミッキークイーンやショウナンパンドラとも僅か0.2秒差ですし、ここで人気するのは仕方ないところでしょうか。難点としては、休み明け&内目の枠ぐらいだと思います。

⑨ラングレー

何故か重賞では来ないという馬です。ワンパンチ足りない印象だけに、抜けた馬が不在の今回は、チャンスがあるかもしれません。全弟リアルスティールという血統なので、いつか激走を期待したいところですが…。

⑪ロサギガンティア

フジキセキ産という血統を見ると、マイルもしくはもっと短いほうが良いでしょうか。前走安田記念2016の前は、4走連続で1400mを使っていることから、マイルは少し長いと考えているのかもしれません。

ミルコと相性が良さそうなので、ミルコならマイルまでもたせてくれるのでは…なんて期待してしまいます。ただ候補が多すぎるレースなので点数も絞るなら、今回は様子見もありでしょうか。

⑰ヤングマンパワー

不思議とリピーターの活躍が殆ど無いレースなので、人気しそうな今回は、積極的には買い難いですね。昨年の夏以降、調子を落としていたようですが、近走を見ると復調してそうです。速い上がりを使って強いわけでもないですし、先行して強いというわけでもないので、買い時が難しいですが、コース相性も良さそうなので、押さえても良いかもしれません。

⑱タガノエトワール

前走中京記念2016では、大穴狙いで3頭に印を付け、○評価にしました。結果6着(10番人気)でした。

外差し追い込みが決まった馬場の中、内目を通って差して来ていました。負けて強しという印象がしました。今回も下位人気になりそうですし、今回スルーして来られるのも嫌なので、押さえておこうと思います。

買い方

◎⑨ラングレー

○⑰ヤングマンパワー

▲⑦マジックタイム

△⑱タガノエトワール

だいぶ適当です。全くと言っていいほど当たる気がしないレースです。本命はラングレーにしました。重賞では不発続きですが、全弟リアルスティールという血統に期待したいです。

その他、過去10年連続で外枠(7~8枠)の馬が連対しているレースなので、ヤングマンパワーを押さえました。あとは強そうなマジックタイム、大穴でタガノエトワールを押さえました。

3連複4頭ボックス ◎○▲△

合計4点

結果

馬券的には、1着、3着、6着、17着でした。

本命◎ラングレーは6着でした。

関屋記念2016
着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走
1 17 牡4 ヤングマンパワー 3 多摩川S(1600万) 1着(-0.0)
2 12 牡4 ダノンリバティ 7 中京記念(G3) 5着(0.3)
3 7 牝5 マジックタイム 1 ヴィクトリアマイル(G1) 6着(0.6)

惜しかったですね…。ヤングマンパワーも来てる!マジックタイムも来てる!ラングレーも伸びてきてる!と、残り50~100mあたりまで、来たー!!とワクワク出来ました。しかし急にラングレーが失速…馬場の内が伸びなかったからかもしれません。

結果的には、データ的には優勢だった8枠のヤングマンパワーが勝ちました。2着のダノンリバティも、中京記念2016で馬券圏外だった馬だったので、データ通りの決着になりました。

1~3着馬の次走情報