東京新聞杯 2016 過去10年のデータと予想

過去の結果を振り返ると、波乱含みという印象のレースです。

  • 2006年3連単約30万馬券(11人気→2人気→1人気)
  • 2008年3連単約254万馬券(6人気→13人気→12人気)
  • 2009年3連単約88万馬券(5人気→15人気→9人気)

2010年以降、あまり荒れていませんが、中穴の馬が馬券に絡み3連単数万円~10万円台ほどの決着が続いています。例年、結構骨っぽいメンバーが集まるレースなので、馬券の予想は難しいレースといえます。

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
東京新聞杯2016
年度 着順 馬番 性齢 馬名 前走
2015 1 6 牡6 ヴァンセンヌ 元町S(1600下) 1着(-0.0)
2 13 牡6 アルフレード ニューイヤーS(OP) 9着(0.6)
3 10 牡5 フルーキー 京都金杯(G3) 4着(0.2)
2014 1 7 牝6 ホエールキャプチャ エリザベス女王杯(G1) 6着(0.5)
2 11 牡5 エキストラエンド 京都金杯(G3) 1着(-0.2)
3 12 牡5 クラレント 阪神C(G2) 3着(0.1)
2013 1 5 牡4 クラレント 阪神C(G2) 5着(0.3)
2 1 牡4 ダイワマッジョーレ 中山金杯(G3) 5着(0.4)
3 8 牡7 トライアンフマーチ 京都金杯(G3) 2着(0.4)
2012 1 5 牡5 ガルボ ニューイヤーS(OP) 2着(0.5)
2 6 牡5 コスモセンサー ニューイヤーS(OP) 1着(-0.5)
3 7 牡5 ヒットジャポット ニューイヤーS(OP) 3着(0.8)
2011 1 15 牡6 スマイルジャック マイルCS(G1) 6着(0.3)
2 3 牡5 キングストリート ニューイヤーS(OP) 5着(0.2)
3 1 牡4 ゴールスキー 阪神C(G2) 5着(0.4)
2010 1 2 牡4 レッドスパーダ ニューイヤーS(OP) 1着(0.0)
2 4 牡4 トライアンフマーチ キャピタルS(OP) 1着(-0.1)
3 1 牡5 エーシンフォワード ニューイヤーS(OP) 2着(0.0)
2009 1 6 牡5 アブソリュート クリスマスC(1600下) 1着(-0.3)
2 14 牡6 キャプテンベガ 2008ファイナルS(OP) 6着(0.3)
3 2 牡4 スマイルジャック マイルCS(G1) 11着(0.6)
2008 1 7 牡4 ローレルゲレイロ 阪神C(G2) 4着(0.2)
2 9 牡7 リキッドノーツ 京都金杯(G3) 12着(1.0)
3 1 牡5 タマモサポート 中日新聞杯(G3) 8着(0.4)
2007 1 12 牡5 スズカフェニックス 京都金杯(G3) 5着(0.3)
2 4 牡6 エアシェイディ キャピタルS(OP) 1着(-0.1)
3 2 牡4 イースター 中山金杯(G3) 14着(3.5)
2006 1 10 牡6 フジサイレンス ニューイヤーS(OP) 3着(0.2)
2 16 牡6 オレハマッテルゼ 京都金杯(G3) 9着(0.2)
3 3 牡5 インセンティブガイ 初富士S(1600下) 1着(-0.4)
前走ニューイヤーS

過去10年の東京新聞杯3着以内30頭中8頭に及び、前走の着順問わず好走馬が多いです。

前走京都金杯、中山金杯

京都金杯&中山金杯を合わせると、過去10年の東京新聞杯3着以内30頭中8頭に及びます。年明けに1戦してここ(東京新聞杯)という間隔が良いのかもしれません。

前走阪神カップ

過去10年の東京新聞杯3着以内30頭中4頭に及びます。4頭中2頭がクラレントですが、4頭とも阪神Cで5着以内の好走馬でした。

前走オープンクラス

過去10年の東京新聞杯3着以内30頭中27頭に及びます。なお前走条件戦だった馬は以下3頭です

  • 2006年3着インセンティブガイ(前走初富士S 1着)
  • 2009年1着アブソリュート(前走クリスマスC 1着)
  • 2015年1着ヴァンセンヌ(前走元町S 1着)

馬券予想

混戦ムードです。約半数が馬券候補だと思っています。

1グランシルク

ニュージーランドT2015→NHKマイルC2015→京成杯オータムH2015→富士S2015と、勝ちきれていないものの重賞で好走し続けています。このクラスでの安定感を考えると、前走ニューイヤーS2016の馬では、ダイワリベラルよりもこちらを買いたいです。

2ダノンプラチナ

前々走は東京新聞杯と同コースの富士S2015を勝っています。前走は香港マイル2015 7着ですし、このメンバーでは実績ナンバー1でしょう。

3エキストラエンド、12トーセンスターダム

前走から見直したい2頭です。人気も少し落ちると思うので、ここは狙い目かもしれません。前走京都金杯2016は、年明けの京都の馬場(内枠、先行優勢)を後方から進めて届きませんでした。上手く先行して粘ったテイエムタイホーよりは、こちらの2頭の方が気になります。

エキストラエンドは、直近13戦で馬券圏内に入ったのが僅か2回です。大敗しない安定感はありますが、軸と考えると難しいですね。

4ダイワリベラル

2連勝中と勢いがあります。前走は好ローテのニューイヤーS2016ですし、中山での好走が目立つ馬です。ただ重賞実績が乏しいので、買い時が難しいです。

11ダッシングブレイズ

3連勝中かつ3走連続で上がり最速です。キャリア10戦中、大敗したのは2000mのプリンシパルS2015のみで、マイルはすべて掲示板内に好走しています。血統も日本馬っぽくないところは、面白そうです。

13サトノギャラント

休み明けの藤沢厩舎、ここは穴っぽいですが、候補が多すぎてここまで手が回らないです。

昨年の東京新聞杯2015は全く駄目でしたが、一昨年は重馬場の中、5着に好走しています。やはり良馬場の方が良いと思うので、人気と馬場次第でしょうか。

14テイエムタイホー

人気薄&前走重賞好走馬&戸崎ジョッキーと穴っぽい香りがします。前走の京都金杯2016は、展開が向いたのは否めないので買い難いですが、人気薄みたいなので押さえて良いかもしれません。

買い方

◎11ダッシングブレイズ

○1グランシルク

▲2ダノンプラチナ

△12トーセンスターダム

だいぶ適当です。3連複4頭ボックスのみを考えています。合計4点。

過去データから前走ニューイヤーS2016の1グランシルクと前走京都金杯2016の12トーセンスターダムを押さえました。その他、3連勝&マイル戦での安定感がある11ダッシングブレイズ、実績から2ダノンプラチナを選びました。

結果

3連単35万円と波乱の決着になりました。馬券的には、4着、9着、10着、中止でした。

本命◎ダッシングブレイズは中止でした。

東京新聞杯2016
着順 馬番 性齢 馬名 前走
1 6 牝6 スマートレイアー エリザベス女王杯(G1) 5着(0.1)
2 3 牡7 エキストラエンド 京都金杯(G3) 7着(0.5)
3 10 牡5 マイネルアウラート 阪神カップ(G2) 9着(0.6)

かなり久しぶりに、印を突けた馬が1頭も馬券圏内に来ませんでした。浜中ジョッキー落馬の方に意識が向いてしまって、ゴールを見てませんでした。

スマートレイアーは、完全に軽視してました。牝馬限定の重賞を中心に使っていた6歳牝馬は手が出せないです。本来、追い込み馬ですが、上手く逃げたと思います。エキストラエンドとマイネルアウラートはデータ的には候補でしたが、ここまで手が回らなかったです。トーセンスターダムは出遅れが響きました。ただ最後は、3着と差の無い9着まで来ているので、力があるのは間違さそうです。

1~3着馬の次走情報