ドバイゴールデンシャヒーン-過去データ

日程 日本時間2020年3月28日(土曜日)23時40分開催中止
開催 ドバイ・メイダン競馬場6R
距離 ダート1200m
格付け G1
条件 3歳以上
斤量 定量(牡57kg,牝2kg減)

ドバイゴールデンシャヒーン2020

日本時間3月28日~3月29日にアラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場でドバイワールドカップデーがあります。今年も日本馬の出走が予定されており、G1レース4競走の馬券(ドバイゴールデンシャヒーン、ドバイターフ、ドバイシーマクラシック、ドバイワールドカップ)が発売予定です。※開催中止になりました。

ドバイゴールデンシャヒーン2020には、日本馬マテラスカイとゴールドクイーンが出走を予定しています。マテラスカイは、昨年のドバイゴールデンシャヒーンで2着に好走。今年も上位争いの候補になると思います。

配当

JRAで馬券が販売された過去2年のドバイゴールデンシャヒーンの配当を見ると、順当な決着が続いています。JRAで販売されていない2016年以前も大きな波乱が無く、人気馬が結果を残しやすい舞台と言えるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 2,920円 2,240円 17,740円
2018 1,530円 240円 5,130円

では以下、過去10年のドバイゴールデンシャヒーンで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2014年までがオールウェザー戦、2015年以降はダート戦で行われています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

ドバイゴールデンシャヒーン2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。馬名背景色は、調教国を表します。ピンク色はアメリカ、灰色はUAE、薄いピンク色は香港、濃い緑色はアイルランド、濃い赤色はバーレーン、紺色はシンガポールです。斤量は、kg表記に直し四捨五入したものです。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 3 セ7 57 エックスワイジェット 1 条件戦(ダ1200m) 1着
2 9 牡5 57 マテラスカイ 5 根岸ステークス(G3) 13着(1.7) 4
3 2 牡6 57 インペリアルヒント 2 条件戦(ダ1200m) 3着
2018 1 1 牡5 57 マインドユアビスケッツ 3 条件戦(ダ1400m) 2着
2 2 セ6 57 エックスワイジェット 2 ペリカンステークス(OP) 1着
3 6 セ6 57 ロイエイチ 1 パロスヴェルデスステークス(G2) 1着
2017 1 14 牡4 60 マインドユアビスケッツ ガルフストリームパークスプリントS(G3) 2着
2 13 セ4 60 コミカス マハブアルシマール(G3) 4着
3 2 セ7 60 モラウィジ ジェベルアリスプリント(LR) 1着
2016 1 7 セ7 57 ムアラブ マハブアルシマール(G3) 1着
2 3 セ4 57 エクスワイジェット ガルフストリームパークスプリントS(G3) 1着
3 9 セ6 57 モラウィジ ジェベルアリスプリント(LR) 1着
2015 1 7 牡6 57 シークレットサークル パロスヴェルデスステークス(G2) 2着
2 12 セ7 57 スーパージョッキー シティバンクグローバルバンキングH 1着
3 4 セ7 57 リッチタペストリー ブリーダーズカップスプリント(G1) 14着
2014 1 4 セ6 60 スターリングシティ チェアマンズスプリント賞 3着
2 12 セ6 60 リッチタペストリー マハブアルシマール(G3) 1着
3 7 牡5 60 ユナイテッドカラー マハブアルシマール(G3) 10着
2013 1 5 セ7 57 レイナルドジウィザード マハブアルシマール(G3) 1着
2 6 セ5 57 バルモントマスト マハブアルシマール(G3) 3着
3 13 セ5 57 クリプトンファクター マハブアルシマール(G3) 2着
2012 1 5 セ4 57 クリプトンファクター マハブアルシマール(G3) 1着
2 1 セ7 57 ロケットマン クランジステークス 1着
3 12 セ5 57 ラッキーナイン クイーンズシルヴァージュビリーカップ 1着
2011 1 8 セ6 57 ロケットマン クランジステークス 1着
2 6 牡7 57 ユーロイヤーズ パロスベルデスステークス(G2) 1着
3 5 セ8 57 サニーキング クイーンズシルヴァージュビリーカップ 2着
2010 1 7 セ5 57 キンセールキング パロスベルデスステークス(G2) 1着
2 6 セ5 57 ロケットマン クランジステークス 1着
3 1 牡5 57 ワンワールド チェアマンズスプリント賞 7着
前走マハブアルシマール

過去10年のドバイゴールデンシャヒーン3着以内30頭中8頭を占めます。そのうち6頭が前走3着以内に好走していました。

前走3着以内

過去10年のドバイゴールデンシャヒーン3着以内30頭中25頭を占めます。前走大きく負けていた馬の好走例が少ない傾向にありそうです。

調教国

近年のドバイゴールデンシャヒーンでは、アメリカ、香港、UAEの調教馬が3着以内の中心となっています。

日本調教馬の成績(過去10年)

年度 着順 性齢 斤量 馬名 前走
2019 2 牡5 57 マテラスカイ 根岸ステークス(G3) 13着
2018 5 牡4 57 マテラスカイ 橿原ステークス(1600万) 1着
2017 11 牡3 56 ディオスコリダー マハブアルシマール(G3) 7着
2013 12 牡6 57 タイセイレジェンド フェブラリーステークス(G1) 14着
2010 4 牡6 57 ローレルゲレイロ フェブラリーステークス(G1) 7着

過去10年では、延べ5頭の日本馬が出走しています。長く日本馬には縁がないレースでしたが、昨年マテラスカイが2着に粘る健闘を見せています。今年は、前走サウジカップで2着に好走しており、昨年以上に調子が良い印象を受けます。