海外G1の過去データと予想

ドバイワールドカップ-過去データ

日程 日本時間2020年3月29日(日曜日)1時40分開催中止
開催 ドバイ・メイダン競馬場9R
距離 ダート2000m
格付け G1
条件 北半球産4歳以上南半球産3歳以上
斤量 定量(牡57kg,牝2kg減)

ドバイワールドカップ2020

日本時間3月28日~3月29日にアラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場でドバイワールドカップデーがあります。今年も日本馬の出走が予定されており、G1レース4競走の馬券(ドバイゴールデンシャヒーン、ドバイターフ、ドバイシーマクラシック、ドバイワールドカップ)が発売予定です。※開催中止になりました。

ドバイワールドカップ2020には、日本馬クリソベリル、ゴールドドリーム、チュウワウィザード、マスターフェンサーの4頭が出走を予定しています。ダート戦では世界トップのレースのひとつ。毎年、強いアメリカのダート馬が出走することもあり、日本馬は苦戦傾向にあります。

配当

JRAで馬券が販売された2017~2019年のドバイワールドカップの配当を見ると、傾向が読めないレースと言えそうです。順当な決着が続いていましたが、昨年3連単10万馬券超えが出ています。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 10,850円 20,960円 129,430円
2018 1,350円 4,340円 38,640円
2017 450円 3,430円 5,170円

では以下、過去10年のドバイワールドカップで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2010~2014年はオールウェザー戦で行われています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

ドバイワールドカップ2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。馬名背景色は、調教国を表します。灰色はUAE、ピンク色はアメリカ、薄い灰色は南アフリカ、赤色はイギリス、明るい緑色はイタリア、青色はフランスです。斤量は、kg表記に直し四捨五入したものです。
年度 着順 ゲート 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 12 牡5 57 サンダースノー 1 アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 2着
2 7 牡4 57 グロンコウスキー 8 アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 5着
3 1 牡6 57 ガンナヴェラ 7 ペガサスワールドカップ(G1) 6着
2018 1 10 牡4 57 サンダースノー 5 アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 2着
2 9 牡4 57 ウエストコースト 1 ペガサスワールドカップ(G1) 2着
3 5 牡6 57 ムブタヒージ 7 サンタアニタハンデキャップ(G1) 2着
2017 1 9 牡4 57 アロゲート 1 ペガサスワールドカップ(G1) 1着
2 5 牡4 57 ガンランナー 3 レイザーバックハンデキャップ(G3) 1着
3 11 牡4 57 ネオリシック 12 ペガサスワールドカップ(G1) 3着
2016 1 11 牡5 57 カリフォルニアクローム トランスガルフエレクトロメカニカルT 1着
2 4 牡4 57 ムブタヒージ アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 4着
3 10 牡5 57 ホッパチュニティ サンアントニオステークス(G2) 1着
2015 1 1 セ8 57 プリンスビショップ アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 2着
2 9 牡4 57 カリフォルニアクローム サンアントニオ招待ステークス(G2) 2着
3 5 牡6 57 リー ドンハンデキャップ(G1) 2着
2014 1 6 セ7 57 アフリカンストーリー アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 8着
2 13 牡5 57 ムカドラム チャンピオンステークス(G1) 5着
3 15 セ4 57 キャットオマウンテン アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 4着
2013 1 12 牡5 57 アニマルキングダム ガルフストリームパークターフH(G1) 2着
2 2 セ7 57 レッドカドー 香港ヴァーズ(G1) 1着
3 7 牡6 57 プラントゥール ウィンターダービートライアルS(LR) 1着
2012 1 8 牡5 57 モンテロッソ アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 4着
2 11 牡5 57 カッポーニ アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 1着
3 6 牡5 57 プラントゥール ムーランドロンシャン賞(G1) 8着
2011 1 6 牡4 57 ヴィクトワールピサ 中山記念(G2) 1着 1
2 9 牡5 57 トランセンド フェブラリーステークス(G1) 1着 1
3 2 牡4 57 モンテロッソ ドバイシティーオブゴールド(G2) 1着
2010 1 5 牡6 57 グロリアデカンペオン アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 2着
2 7 セ4 57 リザーズデザイア アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 5着
3 1 牡4 57 アリバー アルマクトゥームチャレンジR3(G1) 4着
前走アルマクトゥームチャレンジラウンド3

過去10年のドバイワールドカップ3着以内30頭中13頭を占めます。前走の着順に関係なく好走例が目立ちます。

アメリカ調教馬、UAE調教馬

ダート戦で行われるようになった2015年以降のドバイワールドカップ3着以内15頭中14頭を占めます。前走G1レースや前走アルマクトゥームチャレンジR3に出走していたアメリカ調教馬とUAE調教馬が上位争いの候補になりそうです。

前走3着以内

過去10年のドバイワールドカップ3着以内30頭中20頭を占めます。前走4着以下10頭中7頭が前走アルマクトゥームチャレンジラウンド3に出走していました。

日本調教馬の成績(過去10年)

年度 着順 性齢 斤量 馬名 前走
2018 6 牡8 57 アウォーディー フェブラリーステークス(G1) 9着
2017 5 牡7 57 アウォーディー 東京大賞典(G1) 2着
8 牡4 57 ラニ マクトゥームチャレンジR3(G1) 6着
9 牡5 57 アポロケンタッキー 東京大賞典(G1) 1着
14 牡4 57 ゴールドドリーム フェブラリーステークス(G1) 1着
2016 9 牡7 57 ホッコータルマエ 川崎記念(G1) 1着
2015 5 牡6 57 ホッコータルマエ 川崎記念(G1) 1着
9 牡5 57 エピファネイア 有馬記念(G1) 5着
2014 11 牡6 57 ベルシャザール フェブラリーステークス(G1) 3着
16 牡5 57 ホッコータルマエ フェブラリーステークス(G1) 2着
2012 6 牡5 57 エイシンフラッシュ 有馬記念(G1) 2着
10 牡7 57 スマートファルコン 川崎記念(G1) 1着
13 牡6 57 トランセンド フェブラリーステークス(G1) 7着
2011 1 牡4 57 ヴィクトワールピサ 中山記念(G2) 1着
2 牡5 57 トランセンド フェブラリーステークス(G1) 1着
8 牝5 55 ブエナビスタ 有馬記念(G1) 2着
2010 11 牝4 55 レッドディザイア アルマクトゥームチャレンジR3(G2) 1着

過去10年の3着以内は、東日本大震災直後の2011年にワンツーフィニシュとなったヴィクトワールピサとトランセンドの2頭のみです。2011年はオールウェザー戦で行われており、イレギュラーな結果と言えるかもしれません。ダート戦の近年は、ダートの強いアメリカ馬や地元UAEの馬が結果を残す傾向にあり、日本馬にとっては、かなり厳しいレースと言えそうです。

深く考えない競馬