海外G1の過去データと予想

ドバイターフ-過去データ

日程 日本時間2020年3月29日(日曜日)0時20分開催中止
開催 ドバイ・メイダン競馬場7R
距離 芝1800m
格付け G1
条件 北半球産4歳以上南半球産3歳以上
斤量 定量(牡57kg,牝2kg減)

ドバイターフ2020

日本時間3月28日~3月29日にアラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場でドバイワールドカップデーがあります。今年も日本馬の出走が予定されており、G1レース4競走の馬券(ドバイゴールデンシャヒーン、ドバイターフ、ドバイシーマクラシック、ドバイワールドカップ)が発売予定です。※開催中止になりました。

ドバイターフ2020には、日本馬アーモンドアイ、アドマイヤマーズ、ウインブライト、ペルシアンナイトの4頭が出走を予定しています。メンバー構成的に今年も日本馬が上位争いの中心になりそうな印象を受けます。

配当

JRAで馬券が販売された2017~2019年のドバイターフの配当を見ると、3連複万馬券が2回あります。穴馬の好走が多いレースですし、やや波乱含みのレースでしょうか。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 670円 25,190円 56,020円
2018 2,350円 1,260円6,580円 7,280円27,700円
2017 11,640円 20,220円 162,710円

では以下、過去10年のドバイターフで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2014年以前はドバイはデューティフリーの名称、2015年以降にドバイターフの名称に変更となっています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

ドバイターフ2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。馬名背景色は、調教国を表します。赤色はイギリス、灰色はUAE、青色はフランス、ピンク色はアメリカ、薄い灰色は南アフリカです。斤量は、kg表記に直し四捨五入したものです。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 7 牝4 55 アーモンドアイ 1 ジャパンカップ(G1) 1着(-0.3) 1
2 4 牝6 55 ヴィブロス 4 香港マイル(G1) 2着 4
3 6 セ6 57 ロードグリッターズ 9 クイーンエリザベス2世ステークス(G1) 6着
2018 1 5 牡4 57 ベンバトル 2 ジェベルハッタ(G1) 2着
2 7 牝5 57 ヴィブロス 4 中山記念(G2) 8着 3
3 8 牡6 57 リアルスティール 1 天皇賞(秋)(G1) 4着 3
3 13 牝4 55 ディアドラ 7 京都記念(G2) 6着 6
2017稍重 1 9 牝4 55 ヴィブロス 5 中山記念(G2) 5着 4
2 3 牡4 57 エシェム 7 ダルシャーン賞(OP) 2着
3 1 牡4 57 リブチェスター 2 クイーンエリザベス2世ステークス(G1) 2着
2016 1 14 牡4 57 リアルスティール 中山記念(G2) 3着 2
2 10 牝5 55 ユーロシャーリン バランシーンステークス(G2) 2着
3 2 セ5 57 トライスター ジェベルハッタ(G1) 1着
2015 1 10 セ5 57 ソロウ モンジュー賞 1着
2 6 牡4 57 ザグレイギャッツビー アイリッシュチャンピオンステークス(G1) 1着
3 3 牡5 57 ムシャウィッシュ ガルフストリームパークターフH(G1) 1着
2014 1 2 牡5 57 ジャスタウェイ 中山記念(G2) 1着 2
2 11 牡4 57 ウェルキンゲトリクス ジェベルハッタ(G1) 1着
3 10 牝5 55 ダンク ブリーダーズCフィリー&メアターフ(G1) 1着
2013 1 5 牝6 55 サッジャー ジェベルハッタ(G1) 1着
2 10 牡6 57 ザアパッチ ジェベルハッタ(G1) 2着
3 9 牝5 55 ジオフラ 香港カップ(G1) 2着
2012 1 11 牡6 57 シティスケープ 香港マイル(G1) 2着
2 10 牡4 57 ムタハディー ジェベルハッタ(G1) 3着
3 13 セ6 57 シティスタイル ジェベルハッタ(G1) 2着
2011 1 6 セ7 57 プレスヴィス ジェベルハッタ(G2) 3着
2 3 牝8 55 リヴァーイェツェツ バランシーン(G2) 1着
3 5 セ4 57 ウィグモアホール ジェベルハッタ(G2) 1着
2010 1 7 牡6 57 アルシェマーリ マクトゥームチャレンジラウンド3(G2) 6着
2 8 牡6 57 バンカブル アルファヒディフォート(G2) 1着
3 1 セ5 57 インボンギ ザビールマイル(G2) 1着
前走3着以内

過去10年のドバイターフ3着以内31頭中24頭を占めます。前走4着以下の6頭中4頭が日本馬でした。

前走UAEのレース

過去10年のドバイターフ3着以内31頭中15頭を占めます。近年は好走例が減少傾向にありますが、以前はジェベルハッタ組の好走例が目立っていました。

日本調教馬の成績(過去10年)

年度 着順 性齢 斤量 馬名 前走
2019 1 牝4 55 アーモンドアイ ジャパンカップ(G1) 1着
2 牝6 55 ヴィブロス 中山記念(G2) 8着
4 牝5 55 ディアドラ 中山記念(G2) 6着
2018 2 牝5 55 ヴィブロス 中山記念(G2) 8着
3 牡6 57 リアルスティール 天皇賞(秋)(G1) 4着
3 牝4 55 ディアドラ 京都記念(G2) 6着
7 牝5 55 クロコスミア 京都記念(G2) 8着
8 牡7 57 ネオリアリズム 香港カップ(G1) 3着
2017 1 牝4 55 ヴィブロス 中山記念(G2) 5着
2016 1 牡4 57 リアルスティール 中山記念(G2) 3着
2014 1 牡5 57 ジャスタウェイ 中山記念(G2) 1着
6 牡4 57 ロゴタイプ 中山記念(G2) 3着
7 牡5 57 トウケイヘイロー 中山記念(G2) 6着
2012 9 牡5 57 ダークシャドウ 京都記念(G2) 2着

優勝馬4頭。3着以内の好走も多く、近年は日本馬の相性が良いレースとなっています。前走G1レース出走馬を除けば、京都記念や中山記念をひと叩きしていた馬が占めています。今年の日本馬もチャンスがあるように見えますが、どうなるでしょうか。

深く考えない競馬