ドバイターフ2023過去データと予想

日程 日本時間2023年3月26日(日曜)午前0時10分(発走予定)
開催 ドバイ・メイダン競馬場7R
距離 芝1800m
格付け G1
条件 北半球産4歳以上南半球産3歳以上
斤量 定量(牡57kg,牝2kg減)

ドバイターフ2023

日本時間3月25日~3月26日にアラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場でドバイワールドカップデーがあります。今年も日本馬の出走が予定されており、G1レース4競走の馬券(ドバイゴールデンシャヒーン、ドバイターフ、ドバイシーマクラシックドバイワールドカップ)も発売されます。

ドバイターフ2023には、日本馬ヴァンドギャルド、セリフォスとダノンベルーガの3頭が出走を予定しています。日本馬の活躍が目立つレースですし、実績面だけ見れば、4頭ともにチャンスがありそうです。

配当

JRAで馬券が販売された過去6年(過去5回)のドバイターフの配当を見ると、好配当の馬連や3連複が続いています。大きな波乱は少ないものの、やや波乱含みの印象を受けます。

年度 馬連 3連複 3連単
2022 1,820円 7,430円 16,130円11,850円
2021 1,230円 5,890円 20,560円
2020 中止
2019 670円 25,190円 56,020円
2018 2,350円 1,260円6,580円 7,280円27,700円
2017 11,640円 20,220円 162,710円

では以下、過去10年のドバイターフで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2014年以前はドバイデューティフリーの名称で行われています。2020年は新型コロナウイルスの影響で開催が中止されました。

過去10年の1~3着馬の前走データ

ドバイターフ2023過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。馬名背景色は、調教国を表します。赤色はイギリス、灰色はUAE、青色はフランス、ピンク色はアメリカ、薄い灰色は南アフリカです。2019年まで馬番とゲート番号が同一だったため、ゲート番号のみ掲載しています。
年度 着順 ゲート 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2022 1 9 8 セ6 ロードノース 3 ウィンターダービー(G3) 2着
1 12 11 牡5 パンサラッサ 2 中山記念(G2) 1着(-0.4) 2
3 10 15 牡6 ヴァンドギャルド 7 香港マイル(G1) 6着 9
2021 1 9 10 セ5 ロードノース 1 ブリーダーズカップターフ(G1) 4着
2 5 12 牡5 ヴァンドギャルド 4 東京新聞杯(G3) 4着(0.3) 1
3 12 5 セ5 フェリックス 6 ウィンターダービー(G3) 2着
2020 中止
2019 1 7 牝4 アーモンドアイ 1 ジャパンカップ(G1) 1着(-0.3) 1
2 4 牝6 ヴィブロス 4 香港マイル(G1) 2着 4
3 6 セ6 ロードグリッターズ 9 クイーンエリザベス2世ステークス(G1) 6着
2018 1 5 牡4 ベンバトル 2 ジェベルハッタ(G1) 2着
2 7 牝5 ヴィブロス 4 中山記念(G2) 8着 3
3 8 牡6 リアルスティール 1 天皇賞(秋)(G1) 4着 3
3 13 牝4 ディアドラ 7 京都記念(G2) 6着 6
2017稍重 1 9 牝4 ヴィブロス 5 中山記念(G2) 5着 4
2 3 牡4 エシェム 7 ダルシャーン賞(OP) 2着
3 1 牡4 リブチェスター 2 クイーンエリザベス2世ステークス(G1) 2着
2016 1 14 牡4 リアルスティール 中山記念(G2) 3着 2
2 10 牝5 ユーロシャーリン バランシーンステークス(G2) 2着
3 2 セ5 トライスター ジェベルハッタ(G1) 1着
2015 1 10 セ5 ソロウ モンジュー賞 1着
2 6 牡4 ザグレイギャッツビー アイリッシュチャンピオンステークス(G1) 1着
3 3 牡5 ムシャウィッシュ ガルフストリームパークターフH(G1) 1着
2014 1 2 牡5 ジャスタウェイ 中山記念(G2) 1着 2
2 11 牡4 ウェルキンゲトリクス ジェベルハッタ(G1) 1着
3 10 牝5 ダンク ブリーダーズCフィリー&メアターフ(G1) 1着
2013 1 5 牝6 サッジャー ジェベルハッタ(G1) 1着
2 10 牡6 ザアパッチ ジェベルハッタ(G1) 2着
3 9 牝5 ジオフラ 香港カップ(G1) 2着
前走3着以内

過去10年のドバイターフ3着以内28頭中20を占めます。前走4着以下の8頭中6頭が日本馬、残る2頭がイギリス調教馬でした。

前走UAEのレース

過去10年のドバイターフ3着以内28頭中7頭を占めます。近年は好走が減少傾向にありますが、以前は前走ジェベルハッタ出走馬の活躍していました。

イギリス調教馬

過去10年のドバイターフ3着以内28頭中8頭を占めます。日本調教馬やUAE調教馬を除くと、前走G1レースに出走していたイギリス調教馬の好走が目立ちます。

過去10年の日本調教馬成績

日本調教馬のドバイターフ成績(過去10年)
年度 着順 性齢 馬名 前走
2022 1 牡5 パンサラッサ 中山記念(G2) 1着
3 牡6 ヴァンドギャルド 香港マイル(G1) 6着
8 牡4 シュネルマイスター マイルチャンピオンシップ(G1) 2着
2021 2 牡5 ヴァンドギャルド 東京新聞杯(G3) 4着
2019 1 牝4 アーモンドアイ ジャパンカップ(G1) 1着
2 牝6 ヴィブロス 中山記念(G2) 8着
4 牝5 ディアドラ 中山記念(G2) 6着
2018 2 牝5 ヴィブロス 中山記念(G2) 8着
3 牡6 リアルスティール 天皇賞(秋)(G1) 4着
3 牝4 ディアドラ 京都記念(G2) 6着
7 牝5 クロコスミア 京都記念(G2) 8着
8 牡7 ネオリアリズム 香港カップ(G1) 3着
2017 1 牝4 ヴィブロス 中山記念(G2) 5着
2016 1 牡4 リアルスティール 中山記念(G2) 3着
2014 1 牡5 ジャスタウェイ 中山記念(G2) 1着
6 牡4 ロゴタイプ 中山記念(G2) 3着
7 牡5 トウケイヘイロー 中山記念(G2) 6着

前走G1レース出走馬を除くと、前走京都記念や中山記念を叩いた馬の好走が目立ちます。優勝馬は5頭、3着以内好走馬も多いため、日本馬の相性が良いレースだと思います。

予想

以下、簡単な考察と予想です。

◎2ダノンベルーガ

過去好走例が多い日本調教馬。前走から距離短縮になるのは良いと思います。2走前天皇賞秋の上位馬を見る限り、力はあるはずなので、あとは海外遠征と馬場コースに対応さえ出来れば…。

○12セリフォス

過去好走例が多い日本調教馬。実績面からも上位争いの候補になりそうです。ただダイワメジャー産は、1600m戦よりも長い重賞になるとパフォーマンスを落とす傾向にあるため、少し評価を下げています。

△1アルファリーク

過去好走例が多い前走ジェベルハッタ連対馬。紐荒れ期待で押さえました。

馬連◎-○3連複◎-○-△合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、5着、7着でした。本命◎ダノンベルーガは、2着でした。

ドバイターフ2023結果
着順 ゲート 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
1 3 7 セ7 ロードノース 2 ウィンターダービー(G3) 1着
2 4 2 牡4 ダノンベルーガ 1 ジャパンカップ(G1) 5着(0.6) 2
3 16 9 牡4 ネーションズプライド 4 ドバイミレニアムステークス(G3) 1着

上位人気決着でした。

スルーしたロードノースの優勝。過去10年では、7歳以上の好走が見られないレースだったので軽視したのですが、年齢など関係のない強さでした。2着には本命ダノンベルーガ。後方二番手から進め、最後は大外一気でした。届くのだろうかと思うような位置取りでしたし、この2着は負けて強しだと思います。

タイトルとURLをコピーしました