香港マイル 過去10年のデータと予想

日程 2018年12月9日(日曜)日本時間:16時50分発走予定
開催 香港 シャティン競馬場 7R
距離 芝1600m
格付け G1
条件 サラ系3歳以上
斤量 定量(57kg 牝馬-1.5kg)

香港マイル2018

香港競馬の祭典。同日に4レースのG1(香港ヴァーズ2018、香港スプリント2018、香港マイル2018、香港カップ2018)が行われます。日本と時差が殆ど無く、JRA開催時刻と同じ時間帯に楽しめます。JRAのレースも買うと天手古舞になりそうですが…。なお、馬券の購入(インターネット投票とUMACA投票)は、発走予定時刻の4分前までとなっていますので、ご注意ください。

香港マイル2018には、日本からヴィブロス、ペルシアンナイト、モズアスコットの3頭が出走を予定しています。3頭ともにG1馬ですが、マイルの香港勢は強い為、やや厳しそうな感じがします。

配当

JRAで馬券が販売された過去2年の香港香港マイルの配当を見ると、ともに3連単波乱決着が続いています。昨年は1番人気が飛び、2着に二桁人気馬が好走。波乱含みのレースだと思います。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 82,490円 122,040円 1,013,330円
2016 4,910円 26,430円 138,840円

では以下、過去10年の香港マイルで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

過去のレース映像は、香港マイル 過去のレース映像にまとめています。

香港マイル2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。馬名背景色は、調教国を表します。薄いピンク色は香港、濃いピンク色はアメリカ、濃い青色はフランス、黄色はオーストラリアです。斤量は、kg表記に直し四捨五入したものです。
年度 着順 ゲート 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2017 1 9 10 セ5 57 ビュ-ティージェネレーション 6 ジョッキークラブマイル(G2) 3着
2 7 12 セ5 57 ウエスタンエクスプレス 13 ジョッキークラブマイル(G2) 8着
3 2 2 牡5 57 ヘレンパラゴン 2 ジョッキークラブマイル(G2) 2着
2016 1 13 5 セ5 57 ビューティーオンリー 4 ジョッキークラブマイル(G2) 1着
2 5 6 牡4 57 ヘレンパラゴン 8 ジョッキークラブマイル(G2) 7着
3 11 14 セ4 57 ジョイフルトリニティ 9 ジョッキークラブマイル(G2) 5着
2015 1 11 2 牡4 57 モーリス マイルチャンピオンシップ(G1) 1着
2 1 10 セ4 57 ジャイアントトレジャー ジョッキークラブマイル(G2) 4着
3 10 1 セ6 57 エイブルフレンド ジョッキークラブマイル(G2) 3着
2014 1 11 1 セ5 57 エイブルフレンド ジョッキークラブマイル(G2) 1着
2 6 2 セ5 57 ゴールドファン ジュッキークラブスプリント(G2) 1着
3 10 4 牡6 57 グランプリボス マイルチャンピオンシップ(G1) 6着
2013 1 13 1 セ6 57 グロリアスデイズ 安田記念(G1) 11着
2 10 5 セ4 57 ゴールドファン ジョッキークラブマイル(G2) 1着
3 9 3 セ5 57 パッキングウィズ ジョッキークラブマイル(G2) 6着
2012 1 11 1 セ6 57 アンビシャスドラゴン ジョッキークラブマイル(G2) 2着
2 3 3 セ5 57 グロリアスデイズ ジョッキークラブマイル(G2) 1着
3 9 11 セ6 57 パッキングオーケー ジョッキークラブマイル(G2) 6着
2011 1 7 6 セ9 57 エイブルワン ジョッキークラブマイル(G2) 8着
2 12 1 牡5 57 シティスケープ パース賞(G3) 1着
3 5 5 牡4 57 エクステンション ジョッキークラブマイル(G2) 5着
2010 1 14 4 セ5 57 ビューティーフラッシュ ジョッキークラブマイル(G2) 4着
2 12 12 牡3 56.5 ロイヤルベンチ D・ウィルデンシュタイン賞(G2) 1着
3 9 14 牝5 55.5 サプレザ マイルチャンピオンシップ(G1) 4着
2009 1 9 1 セ7 57 グッドババ 国際マイルトライアル(G2) 3着
2 11 6 セ5 57 ハッピーゼロ 国際スプリントトライアル(G2) 1着
3 1 12 セ7 57 フェローシップ 国際マイルトライアル(G2) 1着
2008 1 7 1 セ6 57 グッドババ 国際マイルトライアル(G2) 3着
2 5 8 セ6 57 エイブルワン 国際スプリントトライアル(G2) 4着
3 13 7 セ7 57 エジプシャンラー 国際マイルトライアル(G2) 1着
前走香港芝レース

過去10年の香港マイル3着以内30頭中24頭を占めます。特に近年は、前哨戦のジョッキークラブマイルを叩いた香港調教馬の好走が多いです。

日本調教馬の成績(過去10年)

年度 着順 ゲート 馬番 性齢 斤量 馬名 前走
2017 11 4 1 牡6 57 サトノアラジン マイルチャンピオンシップ(G1) 12着
2016 5 2 3 牡6 57 ロゴタイプ 天皇賞秋(G1) 5着
7 8 12 牡5 57 サトノアラジン マイルチャンピオンシップ(G1) 5着
9 9 7 牡5 57 ネオリアリズム マイルチャンピオンシップ(G1) 3着
2015 1 11 2 牡4 57 モーリス マイルチャンピオンシップ(G1) 1着
7 7 13 牡3 56.5 ダノンプラチナ 富士ステークス(G3) 1着
9 4 6 牡6 57 フィエロ マイルチャンピオンシップ(G1) 2着
2014 3 10 4 牡6 57 グランプリボス マイルチャンピオンシップ(G1) 6着
4 4 9 牡5 57 ワールドエース マイルチャンピオンシップ(G1) 8着
6 1 6 牡5 57 フィエロ マイルチャンピオンシップ(G1) 2着
8 3 11 牝5 55.5 ハナズゴール ジョッキークラブマイル(G2) 9着
2012 6 2 5 牡4 57 サダムパテック マイルチャンピオンシップ(G1) 1着
12 1 6 牡4 57 グランプリボス マイルチャンピオンシップ(G1) 2着
2011 13 9 14 牝4 55.5 アパパネ エリザベス女王杯(G1) 3着
2010 4 8 6 牡5 57 エーシンフォワード マイルチャンピオンシップ(G1) 1着
2008 5 2 4 牡5 57 スーパーホーネット マイルチャンピオンシップ(G1) 2着

過去10年の3着以内に来た日本調教馬は、モーリス(2015年1着)グランプリボス(2014年3着)の2頭のみです。かなり苦戦傾向のレースだと思います。前走マイルチャンピオンシップ好走馬も尽く敗れているので、香港マイルG1の壁は厚い印象です。

今年は、ヴィブロス、ペルシアンナイト、モズアスコットの3頭が日本から出走を予定しています。ただ香港のマイル戦線はレベルが高く、過去の日本馬の苦戦傾向を考えれば、厳しいレースになるかもしれません。

予想

以下、簡単な考察と予想です。なお投票は、ゲート番号ではなく馬番ですので、ご注意ください。

レベルの高い香港マイル戦線。近年の傾向通り、波乱に期待して前哨戦ジョッキークラブマイル組を狙いました。今年の日本馬は、上位争いに加わる力はあると思いますが…。

◎1ビューティージェネレーション

昨年の香港マイルは穴をあけての優勝。その後G1を2勝し、現在は重賞4連勝中と勢いに乗っています。勢い&実績ともに買い目に入れておいた方が無難という一頭でしょうか。

○9サザンレジェンド

好ローテのジョッキークラブマイル2着馬。今年のG1香港チャンピオンズマイルでも3着に好走しています。抜けて強かったビューティージェネレーションを除くと2着以下は大接戦でしたが、最後の最後までジリジリと脚を伸ばしていたので、見せ場はあったといえそうです。今回、人気もしないと思うので、ここは波乱期待で…。

△5ビューティーオンリー

2016年の香港マイル優勝馬。昨年は3番人気の支持を集めるも、7着に敗れています。全盛期と比べると物足りない印象ですが、波乱傾向のレースと考えれば、上位争いに食い込んで来てもおかしくはなさそうです。

△8シンガポールスリング

好ローテのジョッキークラブマイル4着馬。実績的には格下になると思いますが、波乱傾向ということで、ジョッキークラブマイル組を適当に押さえました。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。予想した馬は、1着、3着、4着、9着でした。本命◎ビューティージェネレーションは、1着でした。

香港マイル2018 結果
着順 ゲート 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
1 12 1 セ6 57 ビューティージェネレーション 1 ジョッキークラブマイル(G2) 1着
2 7 14 牝5 55.5 ヴィブロス 4 天皇賞秋(G1) 8着
3 10 9 セ6 57 サザンレジェンド 8 ジョッキークラブマイル(G2) 2着

香港スプリントに続いて2着抜け…。(´・ω・`) 前哨戦ジョッキークラブマイル組がやはり強いですね。

ビューティージェネレーションの楽勝。しかも直線ノーステッキですから、一頭だけモノが違う馬でした。流石、この路線の世界トップの馬という感じです。

2着には日本馬ヴィブロス。外からビューティーオンリーが突っ込んで来ていたので、馬券当たるかも??と思っていたところで、ヴィブロスが最後の最後でもうひと伸びしての2着。2着以下は小差ながら、ヴィブロスの勝負根性が上回ったという印象でした。

スポンサーリンク
深く考えない競馬