香港スプリント2020-過去データと予想

日程 日本時間2020年12月13日(日曜)15時40分(発走予定)
開催 香港・シャティン競馬場
距離 芝1200m
格付け G1
条件 3歳以上
斤量 定量(57kg,牝馬-1.5kg)

香港スプリント2020

香港競馬の祭典。同日に4レースのG1(香港ヴァーズ、香港スプリント、香港マイル、香港カップ)が行われます。時差が殆ど無いため、JRA開催時刻と同じ時間帯に楽しむことが出来ます。

香港スプリント2020には、日本からダノンスマッシュとタワーオブロンドンが出走を予定しています。過去10年で3着以内に好走したのは、ロードカナロア(2012年~2013年優勝)、ストレイトガール(2014年3着)のみというレース。傾向から厳しいレースになるかもしれません。

配当

JRAで馬券が販売された過去4年の香港スプリントの配当を見ると、大きな波乱がありません。大穴の好走が少ないレースといえそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 950円 670円 4,540円
2018 2,210円 3,060円 13,970円
2017 1,830円 8,830円 27,770円
2016 950円 3,240円 21,770円

では以下、過去10年の香港スプリントで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:2020年香港スプリント 海外競馬発売 JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

香港スプリント2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。馬名背景色は、調教国を表します。薄いピンク色香港濃い青色フランス濃い緑色アイルランド灰色南アフリカ、紺色シンガポールです。
年度 着順 ゲート 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 3 1 セ6 ビートザクロック 2 ジョッキークラブスプリント(G2) 3着
2 1 4 セ5 ホットキングプローン 4 ジョッキークラブスプリント(G2) 2着
3 10 14 セ3 エセロ 1 ジョッキークラブスプリント(G2) 1着
2018 1 9 2 セ6 ミスタースタニング 2 ジョッキークラブスプリント(G2) 2着
2 2 3 セ6 ディービーピン 6 ジョッキークラブスプリント(G2) 9着
3 8 4 セ5 ビートザクロック 4 ジョッキークラブスプリント(G2) 3着
2017 1 4 1 セ5 ミスタースタニング 1 ジョッキークラブスプリント(G2) 1着
2 12 10 セ5 ディービーピン 7 ジョッキークラブスプリント(G2) 3着
3 3 9 セ6 ブリザード 8 スプリンターズステークス(G1) 5着(0.2) 12
2016 1 2 1 セ8 エアロヴェロシティ 4 ジョッキークラブスプリント(G2) 3着
2 5 2 セ5 ラッキーバブルズ 2 ジョッキークラブスプリント(G2) 2着
3 1 3 セ5 ペニアフォビア 7 ジョッキークラブスプリント(G2) 7着
2015 1 14 6 セ4 ペニアフォビア ジョッキークラブスプリント(G2) 2着
2 6 1 セ6 ゴールドファン ジョッキークラブスプリント(G2) 1着
3 2 11 セ5 ノットリスニントゥーミー ジョッキークラブスプリント(G2) 3着
2014 1 7 9 セ6 エアロヴェロシティ ジョッキークラブスプリント(G2) 14着
2 6 8 セ3 ペニアフォビア ジョッキークラブスプリント(G2) 1着
3 13 13 牝5 ストレイトガール スプリンターズステークス(G1) 2着 2
2013 1 12 1 牡5 ロードカナロア スプリンターズステークス(G1) 1着 1
2 9 7 セ6 ソールパワー アベイドロンシャン賞(G1) 6着
3 4 9 セ4 フレデリックエンジェルス ジョッキークラブスプリント(G2) 8着
2012 1 6 4 牡4 ロードカナロア スプリンターズステークス(G1) 1着 2
2 5 9 セ7 スリーズチェリー ジョッキークラブスプリント(G2) 4着
3 2 8 セ5 キャプテンスウィート ジョッキークラブスプリント(G2) 8着
2011 1 6 4 セ4 ラッキーナイン スプリンターズステークス(G1) 5着 8
2 5 7 セ5 エントラップメント ジョッキークラブスプリント(G2) 2着
2 7 13 セ8 ジョイアンドファン ジョッキークラブスプリント(G2) 5着
2010 1 8 2 セ6 J J ザジェットプレーン マーキュリースプリント(G1) 1着
2 6 3 セ5 ロケットマン ジョッキークラブスプリント(G2) 1着
3 2 1 セ7 セイクリッドキングダム ジョッキークラブスプリント(G2) 5着
香港調教馬

過去10年の香港スプリント3着以内30頭中24頭を占めます。直近4年連続で香港調教馬3頭で決着しています。

前走香港芝1200m

過去10年の香港スプリント3着以内30頭中22頭を占めます。特に前走香港芝1200mの前哨戦(ジョッキークラブスプリント)を叩いた香港調教馬の好走例が目立ちます。

前走スプリンターズステークス

過去10年の香港スプリント3着以内30頭中5頭を占めます。日本馬は、スプリンターズステークスで連対していました。

日本調教馬の成績(過去10年)

香港スプリントに出走した日本馬の成績
年度 着順 ゲート 馬番 性齢 馬名 前走
2019 8 6 7 牡4 ダノンスマッシュ スプリンターズステークス(G1) 3着
2018 8 12 6 牡5 ファインニードル スプリンターズステークス(G1) 1着
2017 6 7 12 牝5 レッツゴードンキ スワンステークス(G2) 3着
12 2 12 牝4 ワンスインナムーン スプリンターズステークス(G1) 3着
2016 10 12 6 牡5 ビッグアーサー スプリンターズステークス(G1) 12着
12 10 9 牡5 レッドファルクス スプリンターズステークス(G1) 1着
2015 7 10 5 牡4 ミッキーアイル スプリンターズステークス(G1) 4着
9 13 14 牝6 ストレイトガール スプリンターズステークス(G1) 1着
12 12 12 牡7 サクラゴスペル スプリンターズステークス(G1) 2着
2014 3 13 13 牝5 ストレイトガール スプリンターズステークス(G1) 2着
8 10 7 牡6 スノードラゴン スプリンターズステークス(G1) 1着
14 1 14 牝5 リトルゲルダ セントウルステークス(G2) 1着
2013 1 12 1 牡5 ロードカナロア スプリンターズステークス(G1) 1着
2012 1 6 4 牡4 ロードカナロア スプリンターズステークス(G1) 1着
7 8 12 牝5 カレンチャン スプリンターズステークス(G1) 2着
2011 5 11 14 牝4 カレンチャン スプリンターズステークス(G1) 1着
14 1 11 牡4 パドトロワ スプリンターズステークス(G1) 2着

過去10年で馬券圏内に来た日本調教馬は延べ3頭(2012年と2013年1着ロードカナロア、2014年3着ストレイトガール)のみです。前走スプリンターズステークスで勝ち負けしていた馬が多いものの、良い結果を残せていません。2連覇したロードカナロアが抜けて強かっただけで、日本馬にとっては厳しいレースと言って良いと思います。データ傾向からは苦戦を強いられそうです。

予想

以下、簡単な考察と予想です。日本馬ダノンスマッシュ、タワーオブロンドンが気になりつつ、過去好走例が多いジョッキークラブスプリント組を狙いました。

◎2ホットキングプローン

過去好走例が多いジョッキークラブスプリント組。好位抜け出しから、きっちり勝ち切ったというレースでした。昨年の香港スプリントは2着に好走していますし、この条件なら上位争いを期待しても良さそうです。

〇4ヴォイッジウォリアー

前走ジョッキークラブスプリント4着。前走は、直線狭いところを突いたこともあって、脚を余したような印象を受けました。それで上位混戦の4着なら、見せ場はあったと思います。成績だけ見れば、G1では買い難いところですが…。

▲8コンピューターパッチ

前走ジョッキークラブスプリントは、先行から直線抜け出しての2着でした。卒なく周ってきて、力を出し切っていたように見えたので、ホットキングプローンに逆転するのは厳しいかもしれません。ここは、近走の安定感に期待して押さえました。

△9ラタン

前走ジョッキークラブスプリント3着。好位で進めた馬が上位争いする中、後方から良い脚を使って突っ込んで来ていました。香港のG1戦線での好走歴もありますし、追い込みが来るレースになれば、上位争いに突っ込んで来ても良さそうです。紐荒れに期待して…。

3連複4頭ボックス◎〇▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、6着、7着、8着でした。本命◎ホットキングプローンは、3着でした。

香港スプリント2020結果
着順 ゲート 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
1 14 5 牡5 ダノンスマッシュ 3 スプリンターズステークス(G1) 2着(0.3) 3
2 3 11 セ9 ジョリーバナー 13 パナソニックカップ(クラス1) 9着
3 6 9 セ7 ラタン 7 ジョッキークラブスプリント(G2) 3着

3連単2,846,700円の大波乱でした。2着馬は、総流しで買わないと拾えない馬だったと思います。

優勝は、日本馬ダノンスマッシュ。日本馬が劣勢傾向のレースに加えて、デットーリ騎手が騎乗した昨年の結果から手が出せませんでした。2着以下の香港勢が大混戦という中、ゴール前で一頭抜け出ていましたし、これは強かったと思います。

深く考えない競馬