JBCクラシック 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年11月3日(金曜日・祝日)
開催 大井競馬場 9R(17:10)
距離 ダート2000m
格付け J・GⅠ
条件 サラ系3歳以上
斤量 定量
出走数 13頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

JBCクラシック 2017

各地の地方競馬場の持ち回り開催で行われるダートG1「JBCクラシック2017」です。開催地によって施行距離が異なり、今年は大井競馬場の2000mコースで行われます。同日に、JBCスプリント2017とJBCレディスクラシック2017も行われ、国内ダート馬の祭典となっています。例年、国内トップクラスのダート馬が集い、ハイレベルなレースが繰り広げられる注目のレースです。

コース形態

大井競馬場のダート2000mコース
大井競馬場のダート2000mコース

過去10年のJBCクラシックの配当を見ると、3連単1万円を切る決着が6回、1万円台が2回と硬い傾向のレースです。少点数で当てないと、馬連や3連複はトリガミも十分にありそうなほどの低配当となっています。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 700円 1,330円 4,230円
2015 2,630円 650円 10,860円
2014 760円 430円 3,950円
2013 240円 550円 1,230円
2012 2,110円 1,980円 22,970円
2011 100円 160円 250円
2010 1,040円 5,830円 44,360円
2009 270円 190円 560円
2008 190円 1,440円 3,670円
2007 1,330円 3,160円 11,390円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
JBCクラシック 2017
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2016川崎 1 9 牡6 アウォーディー 2 日本テレビ盃(G2) 1着(-0.0) 1
2 8 牡7 ホッコータルマエ 3 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 3着(0.8) 4
3 6 セ6 サウンドトゥルー 5 日本テレビ盃(G2) 3着(1.0) 2
2015不良大井 1 15 牡5 コパノリッキー 3 日本テレビ盃(G2) 3着(2.0) 1
2 5 セ5 サウンドトゥルー 4 東京大賞典(G1) 1着(-0.3) 3
3 10 牡6 ホッコータルマエ 1 帝王賞(G1) 1着(-0.2) 1
2014盛岡 1 15 牡4 コパノリッキー 3 帝王賞(G1) 2着(0.4) 1
2 6 牡4 クリソライト 1 かしわ記念(G1) 4着(1.4) 1
3 4 牡8 ワンダーアキュート 2 帝王賞(G1) 1着(-0.4) 3
2013不良金沢 1 1 牡4 ホッコータルマエ 1 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 2着(0.2) 1
2 12 牡7 ワンダーアキュート 2 日本テレビ盃(G2) 1着(-0.0) 1
3 2 牡6 ソリタリーキング 5 日本テレビ盃(G2) 2着(0.0) 2
2012川崎 1 9 牡6 ワンダーアキュート 5 東海ステークス(G2) 10着(0.9) 1
2 1 牡7 シビルウォー 3 ブリーダーズゴールドカップ(G2) 1着(-1.2) 2
3 13 牡6 トランセンド 1 Dubai World Cup(G1) 13着
2011大井 1 10 牡6 スマートファルコン 1 日本テレビ盃(G2) 1着(-0.7) 1
2 9 牡5 トランセンド 2 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 1着(-0.0) 1
3 1 牡6 シビルウォー 3 白山大賞典(G3) 1着(-0.5) 3
2010船橋 1 13 牡5 スマートファルコン 4 日本テレビ盃(G2) 3着(0.5) 3
2 3 牡6 フリオーソ 1 日本テレビ盃(G2) 1着(-0.5) 1
3 4 牡7 アドマイヤスバル 7 エルムステークス(G3) 5着(0.7) 3
2009名古屋 1 5 牡7 ヴァーミリアン 1 帝王賞(G1) 1着(-0.5) 1
2 10 牡5 マコトスパルビエロ 2 日本テレビ盃(G2) 1着(-0.2) 2
3 12 牡7 ワンダースピード 3 シリウスステークス(G3) 5着(0.6) 1
2008園田 1 2 牡6 ヴァーミリアン 1 Dubai World Cup(G1) 12着
2 1 牡3 サクセスブロッケン 2 ジャパンダートダービー(G1) 1着(-0.6) 1
3 8 牡6 メイショウトウコン 6 エルムステークス(G3) 4着(0.5) 1
2007大井 1 6 牡5 ヴァーミリアン 2 Dubai World Cup(G1) 4着
2 12 牡3 フリオーソ 3 ジャパンダートダービー(G1) 1着(-0.4) 3
3 2 牡5 サンライズバッカス 4 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 5着(0.9) 3

人気

過去10年のJBCクラシック3着以内30頭中28頭1~5番人気馬でした。上位人気馬による決着が目立ちます。特に1~3番人気馬の好走例が高い傾向にあります。

  • 1番人気(4-2-2-2)複勝率80%
  • 2番人気(2-4-1-3)複勝率70%
  • 3番人気(2-3-2-3)複勝率70%

前走日本テレビ盃(3着以内)

過去10年のJBCクラシック3着以内30頭中9頭を占めます。特に近年、好走例が多いです。

地方馬

過去10年のJBCクラシック3着以内では、フリオーソのみです。JRA所属の人気実積馬が上位争いの候補になりそうな傾向です。

  • 2010年2着フリオーソ
  • 2007年2着フリオーソ

馬券予想

過去10年の傾向から「人気馬(1~5番人気馬)」「前走日本テレビ盃(3着以内)」「地方馬軽視傾向」に注目です。

JBCクラシック2017は、JRA所属の人気馬が上位争いの候補でしょうか。ただ、恐らく人気を集めると思うので、トリガミ必死という感じがします。

以下、簡単な考察と予想です。

◎⑩アポロケンタッキー、○⑫ケイティブレイブ、△⑧サウンドトゥルー

前走日本テレビ盃2017の3頭。力通りに決まったという印象のレースでしたが、4着モーニンを含め、4頭の叩き合いは見応えたっぷりでした。好相性の前走日本テレビ盃組ということで、上位争いを期待したいですね。特にアポロケンタッキーは昨年末の東京大賞典2016優勝、ケイティブレイブは帝王賞2017優勝と、大井2000mコースのG1を優勝しており、ここは好舞台といえるかもしれません。

▲①アウォーディー

前走帝王賞2017は、ドバイ帰りのアポロケンタッキーとゴールドドリームが崩れる中、同じくドバイ帰りだったアウォーディーだけが3着に好走。勝負強さを感じる一戦でした。東京大賞典2016ではアポロケンタッキー、チャンピオンズカップ2016ではサウンドトゥルーに負けてはいますが、ここでリベンジがあっても不思議では無さそうです。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、4着、8着でした。

本命◎アポロケンタッキーは8着でした。

JBCクラシック 2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 8 セ7 サウンドトゥルー 4 日本テレビ盃(G2) 2着(0.0)
2 12 牡4 ケイティブレイブ 3 日本テレビ盃(G2) 3着(0.1)
3 5 牡5 ミツバ 7 シリウスステークス(G3) 8着(0.8)

本命アポロケンタッキーは、向こう正面で内田ジョッキーの手が動き始めていて、どうやら手応えが悪そうでした。不可解な敗戦ですが、仕方ないですね。

馬券的には、3着ミツバが余計でした…。(;´・ω・`A “` ミツバは、前走シリウスステークスで人気を裏切る8着。前走の敗因は、苦手な芝スタートとズブい面が出たということでしたが、今回この相手で3着に粘るとは…。

優勝したサウンドトゥルーは、鮮やかな差し切り勝ちでした。テレビの解説で、「大野ジョッキーは腹をくくって乗るんじゃないか」ということを言っていましたが、たしかに道中は後方4番手で、いつもの交流重賞よりも少し後ろという印象でした。大野ジョッキーの好騎乗だったと思います。