JBCレディスクラシック 2016 過去5年のデータと予想

日程 2016年11月3日(木曜日・祝日)
開催 川崎競馬場(地方)9R(15:10)
距離 ダート1600m
格付け J.GⅠ
条件 サラ系3歳以上牝馬
斤量 定量(3歳53kg,4歳以上55kg)
出走数 14頭
天気 晴れ参考 川崎競馬場 – Yahoo!天気・災害

地方競馬場で開催される牝馬限定のダートG1「JBCレディスクラシック2016」です。同日にJBCクラシック2016とJBCスプリント2016が行われます。

今年は川崎競馬場の1600mで行われますが、開催地によって異なり、過去1500~1800mの間で施行されています。JBCレディスクラシックが新設された2011年以降ですが、G1として格付されたのは2013年以降になります。

過去5年のJBCレディスクラシックの配当を見ると、硬い決着が多いです。2012年は3連単万馬券ですが、3連単数千円という決着に落ち着くことが多いです。

  • 2015年 6,040円
  • 2014年 5,760円
  • 2013年 1,630円
  • 2012年 16,280円
  • 2011年 2,960円

では過去5年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。(開催地によって施行距離が異なります。)なお、結果の追記予定はありません。

過去5年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
JBCレディスクラシック2016
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走
2015不良大井 1 3 牝3 ホワイトフーガ 4 レディスプレリュード(G2) 3着(0.6)
2 6 牝6 サンビスタ 1 レディスプレリュード(G2) 1着(-0.4)
3 16 牝5 トロワボヌール 3 レディスプレリュード(G2) 2着(0.4)
2014盛岡 1 10 牝5 サンビスタ 2 レディスプレリュード(G2) 2着(0.3)
2 6 牝4 トロワボヌール 3 柳都S(1600万) 1着(-0.3)
3 4 牝5 ワイルドフラッパー 1 レディスプレリュード(G2) 1着(-0.3)
2013不良金沢 1 2 牝5 メーデイア 1 レディスプレリュード(G2) 1着(-0.2)
2 11 牝6 アクティビューティ 5 レディスプレリュード(G2) 2着(0.2)
3 7 牝5 キモンレッド 3 室町S(OP) 3着(0.2)
2012川崎 1 12 牝5 ミラクルレジェンド 1 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 1着(-0.3)
2 2 牝4 クラーベセクレタ 2 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 6着(1.7)
3 1 牝6 サクラサクラサクラ 10 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 7着(2.0)
2011大井 1 4 牝4 ミラクルレジェンド 2 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 1着(-0.3)
2 8 牝5 ラヴェリータ 1 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 2着(0.3)
3 7 牝3 カラフルデイズ 6 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 7着(1.4)
前走レディスプレリュード

過去5年のJBCレディスクラシック3着以内15頭中13頭を占めます。特にレディスプレリュードがG2に格付されてからは、レディスプレリュード3着以内の馬の好走が目立っています。

人気

大穴は2012年3着サクラサクラサクラ(10番人気)のみです。馬券圏内は、1~6番人気馬が候補になりそうです。

1番人気の複勝率は100%2-2-1-0)で、馬券圏内で見ると「1番人気+2~3番人気+3~6番人気」の組み合わせが狙い目になりそうです。

馬券予想

JRA所属の上位人気を中心に「前走レディスプレリュード3着以内」「1~6番人気馬」に注目です。

最注目馬は、ホワイトフーガでしょうか。昨年のJBCレディスクラシック2015優勝馬で、昨年はサンビスタに5馬身差をつけて完勝しました。サンビスタは、JBCレディスクラシック2015 2着の後、JRAのダートG1チャンピオンズカップ2015に出走し、優勝しています。

以下、簡単な考察と予想です。

◎②ホワイトフーガ

前走レディスプレリュード2016 2着&1番人気ですから、データ的には押さえたい馬でしょう。

昨年のJBCレディスクラシック2015はサンビスタに圧勝しましたが、直近2走だけ見ても斤量57~58kgを背負って、能力の違いを感じさせる強い競馬をしています。牝馬限定のダート戦では崩れていませんし、ここは勝ち負けを期待したいですね。

○⑤トロワボヌール

2~3番人気(推定)の馬では、レッツゴードンキとトロワボヌールで悩むところですが、前走スプリンターズステークス2016から初ダートのレッツゴードンキよりは、ダート実績のあるトロワボヌールの方を選びたいです。

2年連続でJBCレディスクラシックで馬券圏内に来ている実績馬です。前走は牝馬ながら牡馬相手に58kg背負っての長期休養明けの叩きでした。地方ダート重賞では、大崩れのない成績を残している馬ですし、ここでも好走を期待したいです。

▲⑧アムールブリエ

G1では少し足りない印象の馬ですが、一線級のダーチ戦線の牡馬を相手に戦ってきました。昨年のJBCレディスクラシック2015は4着に敗れていますが、力をつけて来ていると思いますし、さらなる上昇を期待したいです。

重賞で好走した8レースは、ともに2000m~2500mという距離でした。今年のJBCレディスクラシック2016はマイル戦になるので、マイルの流れに対応できるかが鍵になりそうです。

△⑫タマノブリュネット

好相性の前走レディスプレリュード2016組です。重賞実績に乏しい印象ですが、2走前にJRAの1000万クラスを勝ち、前走レディスプレリュード2016で重賞初制覇となりました。

実績的には、他のJRAのメンバーより一枚下という印象ですが、「牝馬は勢い」と聞くので、前走で重賞を勝った勢いでの好走も期待できるかもしれません。

買い目

3連複 ◎ – ○ – ▲△ 合計2点

JBCレディスクラシック2016出走馬の次走情報