JBCレディスクラシック 2017 過去6年のデータと予想

日程 2017年11月3日(金曜日・祝日)
開催 大井競馬場 7R(15:45)
距離 ダート1800m
格付け J・GⅠ
条件 サラ系3歳以上牝馬
斤量 定量
出走数 15頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

JBCレディスクラシック 2017

各地の地方競馬場の持ち回り開催で行われるダートG1「JBCレディスクラシック2017」です。2011年に新設されました。(G1に格付けされたのは、2013年です。)同日に、JBCクラシック2017とJBCスプリント2017も行われ、国内ダート馬の祭典となっています。

過去、開催地によって施行距離が異なり、1500~1800m戦で施行されます。今年は大井競馬場の1800mコースで行われます。

コース形態

大井競馬場のダート1800mコース
大井競馬場のダート1800mコース

過去6年のJBCレディスクラシックの配当を見ると、硬い決着が続いています。3連単では、穴馬が馬券圏内に来た年でも1万円台の決着となっています。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 1,100円 4,080円 17,100円
2015 570円 470円 6,040円
2014 1,840円 260円 5,760円
2013 330円 810円 1,630円
2012 150円 6,680円 16,280円
2011 130円 1,280円 2,960円

では過去6年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
JBCレディスクラシック 2017
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2016川崎 1 2 牝4 ホワイトフーガ 1 レディスプレリュード(G2) 2着(0.3) 1
2 14 牝4 レッツゴードンキ 4 スプリンターズステークス(G1) 9着(0.2) 7
3 1 牝5 トーセンセラヴィ 6 清川村宮ヶ瀬クリスマス(川崎ダ1600m) 1着(-0.9) 1
2015不良大井 1 3 牝3 ホワイトフーガ 4 レディスプレリュード(G2) 3着(0.6) 4
2 6 牝6 サンビスタ 1 レディスプレリュード(G2) 1着(-0.4) 2
3 16 牝5 トロワボヌール 3 レディスプレリュード(G2) 2着(0.4) 3
2014盛岡 1 10 牝5 サンビスタ 2 レディスプレリュード(G2) 2着(0.3) 2
2 6 牝4 トロワボヌール 3 柳都ステークス(1600万) 1着(-0.3) 2
3 4 牝5 ワイルドフラッパー 1 レディスプレリュード(G2) 1着(-0.3) 1
2013不良金沢 1 2 牝5 メーデイア 1 レディスプレリュード(G2) 1着(-0.2) 1
2 11 牝6 アクティビューティ 5 レディスプレリュード(G2) 2着(0.2) 7
3 7 牝5 キモンレッド 3 室町ステークス(OP) 3着(0.2) 10
2012川崎 1 12 牝5 ミラクルレジェンド 1 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 1着(-0.3) 1
2 2 牝4 クラーベセクレタ 2 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 6着(1.7) 2
3 1 牝6 サクラサクラサクラ 10 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 7着(2.0) 7
2011大井 1 4 牝4 ミラクルレジェンド 2 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 1着(-0.3) 2
2 8 牝5 ラヴェリータ 1 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 2着(0.3) 1
3 7 牝3 カラフルデイズ 6 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 7着(1.4) 7

前走レディスプレリュード

過去6年のJBCレディスクラシック3着以内18頭中14頭を占めます。現在6年連続で、前走レディスプレリュードで3着以内だった馬が優勝しています。その他、レディスプレリュードがG2となった2013年以降、レディスプレリュードで4着以下だった馬は来ていません。

人気

過去6年のJBCレディスクラシックでは、1番人気(3-2-1-0)が複勝率100%という安定した成績を残しています。3着以内では、大穴が2012年3着サクラサクラサクラ(10番人気)のみとなっており、1~6番人気馬での決着が続いています。

馬券予想

過去6年の傾向から「前走レディスプレリュード(3着以内)」「人気馬(1~6番人気)」に注目です。

JBCレディスクラシック2017は、当初注目していたクイーンマンボが出走取消となりました。となると、実績面ではホワイトフーガが勝ち負け候補になるでしょうか。メンバー的には、急に魅力が半減という感じがします…。(;´・ω・`A “`

以下、簡単な考察と予想です。

◎⑤ホワイトフーガ、○⑦アンジュデジール

好ローテの前走レディスプレリュード2017で3着以内だった2頭。クイーンマンボがいないなら、ここは上位争い濃厚ではないでしょうか。深く考えずに本命対抗。

▲①ワンミリオンス

牝馬限定のダート交流重賞は、エンプレス杯2017とTCK女王盃2017の2勝。TCK女王盃2017(大井)では、斤量差3kgあったものの、ホワイトフーガを抑えての優勝でした。このメンバーなら上位争いの候補になると思います。過去6年の傾向から、内枠は好成績を残しているので、一発に期待したいですね。

△③プリンシアコメータ

内で前に行けそうなタイプの馬。前残りに期待で押さえ。開催地が異なるので、あくまで参考程度ですが、5年連続で馬券圏内に来ている2枠というのもデータ的には狙い目になりそうですね。

3連複◎-○-▲△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、4着、5着、11着でした。

本命◎ホワイトフーガは11着でした。

JBCレディスクラシック 2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 8 牝5 ララベル 5 レディスプレリュード(G2) 4着(1.8)
2 3 牝4 プリンシアコメータ 4 赤富士ステークス(1600万) 4着(0.2)
3 11 牝6 ラインハート 8 BSN賞(OP) 落馬中止

3連単134万馬券の大波乱。こんなもん当たるかー!?というレースでした。仕方ないですね。

直線ワンミリオンスが差し切るのかと思いきや、残り100mから伸びず…。ホワイトフーガは謎の失速。アンジュデジールも伸びず…という決着でした。スローで流れたみたいで、前目で積極的な競馬をした馬が結果を残した印象でした。

かなり低調なメンバーではありましたが、地方馬初のJBCレディスクラシック優勝。ララベルは、好走例の多い前走レディスプレリュード2017組ではありましたが、データ傾向的には、どうしても2~3着に好走していたホワイトフーガとアンジュデジールが中心の予想になってしまいます。本当、難しいですね。