JBCレディスクラシック2020-過去データと予想

日程 2020年11月3日(火曜)
開催 大井競馬場8R
距離 ダート1800m
格付け Jpn1
条件 3歳以上牝馬
斤量 定量(3歳53kg,4歳以上55kg)
出走数 15頭
天気 曇時々晴(ヤフー天気)

JBCレディスクラシック2020

各地の地方競馬場の持ち回り開催で行われる地方交流G1、JBCレディスクラシック2020です。牝馬限定の一戦。2011年に新設(2013年からG1に格付け)されました。同日に、JBCクラシックとJBCスプリントも行われ、国内ダート馬の祭典となっています。開催地によって施行距離が異なりますが、今年は大井競馬場の1800mコースで開催されます。

大井競馬場のダート1800mコース

配当

過去9年のJBCレディスクラシックの配当を見ると、2017年の波乱決着を除くと、大きな波乱が少ないレースといえそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 1,010円 570円 5,080円
2018 2,090円 7,060円 53,720円
2017 4,290円 70,910円 1,340,540円
2016 1,100円 4,080円 17,100円
2015 570円 470円 6,040円
2014 1,840円 260円 5,760円
2013 330円 810円 1,630円
2012 150円 6,680円 16,280円
2011 130円 1,280円 2,960円

では過去9年のJBCレディスクラシックで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去9年の1~3着馬の前走データ

JBCレディスクラシック2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2019浦和 1 3 牝5 ヤマニンアンプリメ 3 テレ玉杯オーバルスプリント(G3) 3着(0.6) 1
2 5 牝4 ゴールドクイーンム 2 ながつきステークス(OP) 1着(-0.8) 4
3 11 牝5 ファッショニスタ 1 レディスプレリュード(G2) 2着(0.0) 1
2018京都 1 16 牝4 アンジュデジール 6 レディスプレリュード(G2) 4着(0.8) 3
2 4 牝4 ラビットラン 1 ブリーダーズゴールドカップ(G3) 1着(-0.8) 3
3 15 牝4 ファッショニスタ 5 平城京ステークス(1600万) 2着(0.0) 3
2017大井 1 8 牝5 ララベル 5 レディスプレリュード(G2) 4着(1.8) 6
2 3 牝4 プリンシアコメータ 4 赤富士ステークス(1600万) 4着(0.2) 1
3 11 牝6 ラインハート 8 BSN賞(OP) 落馬中止 11
2016川崎 1 2 牝4 ホワイトフーガ 1 レディスプレリュード(G2) 2着(0.3) 1
2 14 牝4 レッツゴードンキ 4 スプリンターズステークス(G1) 9着(0.2) 7
3 1 牝5 トーセンセラヴィ 6 清川村宮ヶ瀬クリスマス(川崎ダ1600m) 1着(-0.9) 1
2015不良大井 1 3 牝3 ホワイトフーガ 4 レディスプレリュード(G2) 3着(0.6) 4
2 6 牝6 サンビスタ 1 レディスプレリュード(G2) 1着(-0.4) 2
3 16 牝5 トロワボヌール 3 レディスプレリュード(G2) 2着(0.4) 3
2014盛岡 1 10 牝5 サンビスタ 2 レディスプレリュード(G2) 2着(0.3) 2
2 6 牝4 トロワボヌール 3 柳都ステークス(1600万) 1着(-0.3) 2
3 4 牝5 ワイルドフラッパー 1 レディスプレリュード(G2) 1着(-0.3) 1
2013不良金沢 1 2 牝5 メーデイア 1 レディスプレリュード(G2) 1着(-0.2) 1
2 11 牝6 アクティビューティ 5 レディスプレリュード(G2) 2着(0.2) 7
3 7 牝5 キモンレッド 3 室町ステークス(OP) 3着(0.2) 10
2012川崎 1 12 牝5 ミラクルレジェンド 1 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 1着(-0.3) 1
2 2 牝4 クラーベセクレタ 2 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 6着(1.7) 2
3 1 牝6 サクラサクラサクラ 10 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 7着(2.0) 7
2011大井 1 4 牝4 ミラクルレジェンド 2 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 1着(-0.3) 2
2 8 牝5 ラヴェリータ 1 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 2着(0.3) 1
3 7 牝3 カラフルデイズ 6 レディスプレリュード(大井ダ1800m) 7着(1.4) 7
前走レディスプレリュード

過去9年のJBCレディスクラシック3着以内27頭中17頭を占めます、昨年を除く過去8回でレディスプレリュード組が優勝しています。

1~6番人気

過去9年のJBCレディスクラシック3着以内27頭中25頭を占めます。大穴の好走例は少ない傾向にありそうです。

予想

今年のJBCレディスクラシック2020は、ほぼ例年並みのメンバーになるでしょうか。上位争いは、レディスプレリュード組が中心になると思います。今年は、レディスプレリュードと同舞台の大井1800mコースですし、レディスプレリュード上位馬がそのまま馬券候補になるかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。

◎13マルシュロレーヌ

過去好走例が多いレディスプレリュード組。前走は、好メンバーを相手に余力を感じさせるほどの完勝でした。今回も前を主張するだろう馬が何頭かいるので、前走同様、展開も向くかもしれません。

〇12ファッショニスタ

2年連続JBCレディスクラシック3着。牝馬ダート重賞戦線での安定した成績を考えれば、今回も上位争いを期待出来そうです。

▲1レーヌブランシュ

前走レディスプレリュードは、直線に入ってから伸びを欠いて4着でした。馬券圏内があっても良さそうな位置取りだっただけに、やや不可解な内容でした。不良馬場が合わなかったのかもしれません。とはいえ重賞でも戦える馬だと思うので、前走の凡走で人気を落とすようなら押さえておいても…。

馬連◎-〇▲3連複◎-〇-▲合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、5着でした。本命◎マルシュロレーヌは、3着でした。

JBCレディスクラシック2020結果
着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
1 12 牝6 ファッショニスタ 2 スパーキングレディーカップ(G3) 1着(-0.1) 1
2 2 牝4 マドラスチェック 3 レディスプレリュード(G2) 2着(0.6) 3
3 13 牝4 マルシュロレーヌ 1 レディスプレリュード(G2) 1着(-0.6) 1

マドラスチェックとの叩き合いを制して、ファッショニスタが優勝。川田騎手から乗り替わったここで勝ち切るとは…。差し追い込み決着を予想していたのですが、前に行った馬が勝ち負けとなりました。

本命マルシュロレーヌが最後詰めて来ているものの、後ろ過ぎて前2頭を捕らえきれず…というレースでした。押さえていたレーヌブランシュは、さらに後ろの位置から外に出しての追い込みで、流石に厳しかったかもしれません。