JBCスプリント 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年11月3日(金曜日・祝日)
開催 大井競馬場 8R(16:25)
距離 ダート1200m
格付け J・GⅠ
条件 サラ系3歳以上
斤量 定量
出走数 16頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

JBCスプリント 2017

各地の地方競馬場の持ち回り開催で行われるダートG1「JBCスプリント2017」です。同日に、JBCクラシック2017とJBCレディスクラシック2017も行われ、国内ダート馬の祭典となっています。

過去、開催地によって施行距離が異なり、1000~1400m戦で施行されます。今年は大井競馬場の1200mコースで行われます。ダートの短距離G1というJRAには無い条件なので、JRA所属馬にとっても未知の部分が大きいレースだと思います。

コース形態

大井競馬場のダート1200mコース
大井競馬場のダート1200mコース

過去10年のJBCスプリントの配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回ありますが、基本的には1万円を切る硬い決着が続いています。少点数で当てないと、馬連や3連複はトリガミも十分にありそうな配当となっています。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 480円 1,050円 5,010円
2015 660円 560円 6,920円
2014 7,190円 15,000円 103,000円
2013 1,600円 2,050円 9,480円
2012 260円 870円 4,900円
2011 460円 1,200円 4,750円
2010 1,330円 1,440円 4,860円
2009 250円 1.570円 3,290円
2008 880円 5,650円 18,720円
2007 10,300円 18,140円 273,500円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
JBCスプリント 2017
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2016川崎 1 1 牡6 ダノンレジェンド 3 東京盃(G2) 5着(0.8) 1
2 2 牡6 ベストウォーリア 1 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 2着(0.8) 2
3 12 牝5 コーリンベリー 4 東京盃(G2) 2着(0.4) 3
2015不良大井 1 2 牝4 コーリンベリー 3 東京盃(G2) 3着(0.7) 2
2 6 牡5 ダノンレジェンド 1 東京盃(G2) 1着(-0.3) 1
3 10 牡5 ベストウォーリア 2 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 1着(-0.3) 1
2014盛岡 1 12 牡7 ドリームバレンチノ 2 東京盃(G2) 2着(0.1) 2
2 3 牡6 サトノタイガー 6 東京盃(G2) 6着(0.9) 5
3 6 牡7 タイセイレジェンド 5 東京盃(G2) 8着(1.7) 3
2013不良金沢 1 12 牡8 エスポワールシチー 1 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 1着(-0.2) 2
2 7 牡6 ドリームバレンチノ 5 スプリンターズステークス(G1) 6着(0.3) 5
3 6 牡7 セイクリムズン 3 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 3着(0.7) 5
2012川崎 1 4 牡5 タイセイレジェンド 2 東京盃(G2) 2着(0.3) 2
2 3 牡6 セイクリムズン 1 東京盃(G2) 3着(0.3) 1
3 6 牡6 スーニ 4 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 5着(2.7) 4
2011大井 1 11 牡5 スーニ 1 東京盃(G2) 1着(-0.2) 3
2 12 牡5 セイクリムズン 2 東京盃(G2) 4着(0.3) 1
3 15 牡4 ダッシャーゴーゴー 4 スプリンターズステークス(G1) 11着(0.9) 2
2010船橋 1 6 牡5 サマーウインド 1 東京盃(G2) 1着(-0.0) 1
2 13 牡4 ナイキマドリード 6 東京盃(G2) 4着(0.5) 7
3 4 牡6 ミリオンディスク 3 東京盃(G2) 3着(0.4) 3
2009名古屋 1 3 牡3 スーニ 1 東京盃(G2) 2着(0.3) 2
2 5 牡6 アドマイヤスバル 3 白山大賞典(G3) 1着(-0.4) 2
3 2 牡10 リミットレスビッド 6 東京盃(G2) 10着(2.9) 7
2008園田 1 4 牡5 バンブーエール 2 ペルセウスステークス(OP) 1着(-0.4) 2
2 6 牡3 スマートファルコン 3 白山大賞典(G3) 1着(-0.5) 1
3 6 牡7 アルドラゴン 7 おいしいネ兵庫の牛乳(園田ダ1400m) 1着(-1.1) 2
2007大井 1 6 牡5 フジノウェーブ 7 帝王賞(G1) 11着(2.2) 6
2 9 牡8 プリサイスマシーン 3 スプリンターズステークス(G1) 7着(0.4) 7
3 2 牡5 アグネスジェダイ 4 東京盃(G2) 4着(0.2) 4

人気

過去10年のJBCスプリント3着以内30頭中28頭1~6番人気でした。近年は伏兵・穴馬が来たとしても、4~6番人気馬となっており、殆ど上位人気馬中心の決着となっています。

前走東京盃

過去10年のJBCスプリント3着以内30頭中17頭を占めます。東京盃で馬券圏外だった馬の好走も多く、穴を開けるケースも目立ちます。

  • 2007年3着アグネスジェダイ(前走東京盃4着)
  • 2009年3着リミットレスビッド(前走東京盃10着)
  • 2010年2着ナイキマドリード(前走東京盃4着)
  • 2011年2着セイクリムズン(前走東京盃4着)
  • 2014年2着サトノタイガー(前走東京盃6着)
  • 2014年3着タイセイレジェンド(前走東京盃8着)
  • 2016年1着ダノンレジェンド(前走東京盃5着)

前走G1

過去10年のJBCスプリント3着以内30頭中9頭を占めます。

  • 前走マイルチャンピオンシップ南部杯5頭
  • 前走スプリンターズステークス3頭
  • 前走帝王賞1頭

馬券予想

過去10年の傾向から「人気馬(1~6番人気馬)」「前走東京盃」「前走G1」に注目です。

JBCスプリント2017は、混戦だと思います。傾向から1~6番人気馬を中心に狙いたいレースですが、何が来てもおかしくない感じはします。とにかく全く当たる気がしないですね…。

以下、簡単な考察と予想です。

◎⑩コパノリッキー

傾向から、マイルチャンピオンシップ南部杯組は悪くないローテなんですが、コパノリッキーの不安点は、やはり初のスプリント戦になることでしょうか。2000m戦のG1も勝つような馬なので…。負けるとすればここだと思いますが、メンバー的にはG1馬の格の違いを見せてほしいところです。

○①ニシケンモノノフ

前走は好相性の東京盃2017で3着。人気を裏切るかたちになってしまいましたが、北海道スプリントカップから久々のレースで、前走叩いた2戦目の今回は見直したいですね。内枠の東京盃組に期待。

▲⑤ノボバカラ

マイルチャンピオンシップ南部杯2017は、離された2着。有力馬(ゴールドドリーム、カフジテイク、キングズガード、ベストウォーリア)に差し追い込み馬が多い中、どうにか逃げ残ったという感じでした。評価が難しいところですが、前走のようにマイペースで逃げることが出来れば…。

△③キタサンミカヅキ

前走は好相性の東京盃2017優勝。キレッキレの脚が炸裂しました。流れが向いた分もあると思いますが、JRAの人気馬をまとめて差し切るのは、弱い馬には出来なかったと思います。地方所属馬ですが、チャンスはありそうです。

3連複◎-○▲△-○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、5着、12着でした。

本命◎コパノリッキーは2着でした。

JBCスプリント 2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 1 牡6 ニシケンモノノフ 2 東京盃(G2) 3着(0.2)
2 10 牡7 コパノリッキー 1 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 1着(-0.6)
3 11 牡5 ブルドッグボス 3 東京盃(G2) 2着(0.1)

前走東京盃好走馬と前走G1(マイルチャンピオンシップ南部杯組)の決着。データ傾向通りの順当な決着ではありましたが、馬券的には惜しいレースでした。上位5頭の大接戦。見応えたっぷりでした。

コパノリッキーは出負けして、前に行けず。外からまくっていくかたちで前につけました。初のスプリント戦&出負けで2着に来るぐらいですから、やはり実力的には勝てていた馬だったかもしれません。負けて強しという印象でした。5着のキタサンミカヅキも3着はあったかも…という追い込み。この条件は強いですね。